ニュース速報

ビジネス

雇用不足かインフレか、FRB当局者のリスク巡る見解に相違

2021年06月25日(金)09時31分

6月24日、米連邦準備理事会(FRB)の政策当局者らは、経済支援策の縮小開始時期やその方法を巡り議論を始めているものの、より大きなリスクとなるのは大幅な雇用不足なのか、それともインフレショックなのかについて見解が分かれていることが分かった。写真は2020年5月、ワシントンのFRB (2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

[24日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の政策当局者らは、経済支援策の縮小開始時期やその方法を巡り議論を始めているものの、より大きなリスクとなるのは大幅な雇用不足なのか、それともインフレショックなのかについて見解が分かれている。

ダラス地区連銀のカプラン総裁とセントルイス地区連銀のブラード総裁は24日、他の当局者の想定よりもインフレ高進が長期化する可能性があると警告。ブラード総裁は、秋に学校の対面授業が再開され、他国でも経済活動の再開が進むにつれ、インフレ率が予想を超えて上昇する「具体的なリスク」が存在しているとし、「政策担当者は今後、こうした新たなリスクを考慮する必要がある」と述べた。

両氏は米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバー18人のうち、FRBが来年にも利上げを開始すべきと考える7人に含まれている。

一方、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁とフィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁、リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は24日、労働市場の回復にはまだ時間がかかると強調した。

バーキン総裁は講演で、真の完全雇用はまだ「先だ」と述べ、秋に復職する国民が多くなる可能性が高いとの見方を示した。インフレについては、企業が供給を増やすことなどにより、第4・四半期に和らぐ公算が大きいと予想した。

ウィリアムズ総裁は、オンラインイベントで「経済がより完全に回復すれば、低金利政策を解除し、政策金利を正常な水準に戻すことができる。ただ、経済は完全雇用に程遠いため、まだその時期に達していない」と述べた。

パウエルFRB議長もこれまでに、インフレ高進は一過性との見方を繰り返し示し、大規模な雇用不足にも頻繁に言及している。

ハーカー総裁は24日、米国の雇用は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の傾向を維持していた場合と比較して約1060万人分少ないと指摘した。

インフレのほうが大きなリスクだとすれば、FRBの大規模緩和の縮小が遅れた場合、物価上昇のスパイラルが根付く恐れがあり、家計の購買力低下や経済成長の抑制につながりかねない。

一方、労働市場のほうが大きな問題であれば、性急な緩和縮小によって数百万人の国民が二度と復職できないリスクが生じる。

昨年のパンデミック初期の時点では、完全雇用と物価安定というFRBの2つの責務の間にほとんど葛藤はなかった。だが、現在は経済再開が加速し、企業が需要への対応に苦慮する中、5月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比5%と、2008年以来の高水準に達した。

物価高長期化の可能性を巡る一部当局者の懸念に加え、利上げが必要になる前に雇用の穴を埋めることができるかどうかを巡っても懐疑的な見方が出ている。

ダラス地区連銀のカプラン総裁は、パンデミック発生以降に退職した55歳以上の米国人は250万人超に上るとし、復職する人がどれだけいるかは不明と指摘。育児や介護などで仕事を辞めた人も150万人に達する中、雇用に「大きな穴」が生じているにもかかわらず、労働市場は5.8%の失業率が示すよりも逼迫している可能性があるとした。

同総裁はまた、需給の不均衡が予想以上に長期化する可能性があるため、来年2.4%か2.5%という自身のインフレ率予想には「上振れリスク」があると指摘。

その上で、後に急ブレーキを踏まなくても済むよう、緩和縮小のプロセスを緩やかに始めるため、FRBは月額1200億ドルの資産買い入れの減額に「割合早め」に着手すべきとした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米、ロシアに外交官24人の国外退去要請=アントノフ

ワールド

EU、ベラルーシ非難 五輪代表強制帰国は「容赦ない

ビジネス

ペロシ米下院議長、立ち退き猶予措置復活をホワイトハ

ワールド

英旅行業界の再活性化望む=ジョンソン首相

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中