ニュース速報

ビジネス

アングル:数百万の失業者をどう救う、次期米大統領を待つ難問

2020年10月31日(土)08時08分

写真はドナルド・ハーパーさん。本人提供(2020年 ロイター)

[28日 ロイター] - 米大統領選で共和党のトランプ大統領、民主党のバイデン前副大統領のどちらが勝つにせよ、勝者はコロナ禍で職を失ったままの中低所得者層への対応という、数十年かかるかもしれない長期的な課題に直面することになる。

現実は厳しい。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の最中に失業した米国民2200万人のうち、約半分が未だに仕事に復帰できていない。

新規採用の動きは鈍く、最も打撃の大きかった低賃金労働者の前途は暗い。これまでに米国民22万5000人以上の命を奪った新型コロナの感染者数は再び拡大に向かい、過去最多に達している。ホテル、運輸、食品供給などの企業は、従業員の解雇をさらに進める必要が生じると警告。多くの失業者が食いつなげるよう政府が差し伸べた支援制度はとっくに終了している。

クリントン政権で通貨監督庁長官を務めたジーン・ラドウィグ氏は、拡大する多数の低生活水準の層の将来を約束することが「米国が今後数年、10年、20年に直面する最も重要な課題だ」と言う。同氏は著書「消えゆくアメリカンドリーム」で中低所得者の経済的苦境を描いた。

「これほど多くの中低所得者がアメリカンドリームの希望を持てず、まともな暮らしも送れないようでは、民主的な社会は維持できない」とラドウィグ氏は話した。

議会民主党とトランプ政権は、コロナ禍に対応した2兆ドル規模の追加経済対策法案を巡り協議してきたが、共和党上院議員の多くが規模に異議を唱え、追加対策の必要性も疑問視している。このため成立は来年初めにずれ込む可能性もある。

<底を突く貯金>

それでは手遅れになる人々もいる。

コロンビア大貧困・社会政策センターの調査によると、「コロナウイルス支援・救済・経済保障法」(CARES法)により、現金の直接給付と併せて失業保険給付が週600ドル(約6万3000円)上乗せされていたおかげで、4月は失業率が急上昇したにもかかわらず、多くの米国民が貧困状態を回避できていた。

JPモルガン・チェース・インスティテュートの分析によると、上乗せの失業保険給付を受けた人々は支出を増やしたり、貯金に回したり、借金を返済したりすることができた。

しかし、7月末で給付拡充が失効すると、貧困率は再び上昇。コロンビア大調査では、2月には15%だったが、9月には再び上昇し16.7%になった。ここ10年減少していた飢餓に苦しむ人の数も全米規模で増えている。

リサンドラ・ボニラさん(46)は3月末頃にフロリダ州の雇用機関を一時解雇された後、拡充された失業保険の約3分の1を貯金に回してきた。「この先どうなるか分からなかったから、たくさん貯金した」

これは賢い計画だった。週800ドルを超えていた彼女の失業受給額は、8月に税引き前でフロリダ州では上限の275ドルに減額された。

ボニラさんは9月末頃にパートタイムで職に復帰できたが、生活費の支払いに苦労。12月までに貯金が底を突くことを怖れている。すぐにもフルタイム勤務に戻れなければ、もう一つ仕事を探さなければならない。

ブルッキングス研究所のシニアフェロー、ウェンディー・エデルバーグ氏は「われわれは穴から抜け出そうともがいているが、これと同時進行する形で穴がますます大きくなっている状況だ」と語る。

同氏は2つの要因を特に心配している。1つは、3月から真夏にかけて通常のペースの3倍を超える推計42万以上の零細事業がつぶれたこと。もう1つは、恒久的な解雇が増えており、2月に130万人だったのが9月には380万人に達したこと。これはリーマン・ショックだった2008年の大統領選前の水準に近い。

<長期失業の罠>

ベテランのシェフだったドナルド・ハーパーさん(55)は、3月に一時解雇されてから50を超える就職面接を受けた。

直近はオーランドのリゾートで5つのレストランを掛け持ちで担当していたが、客の戻りが鈍いため、いつ復帰できるか分からない。

スーパーマーケットから介護まで、さまざまな職に応募したが実りはなかった。

「なんだってやるつもりだ」。教会の司教の仕事もするハーパーさんは言う。週275ドルの失業保険では食費と光熱代を支払うのもやっとで、月1900ドルの家賃は3カ月滞納している。

10歳と13歳の子供と暮らすハーパーさん。「ホームレスにはなりたくない」と20以上の団体に家賃支援を求めたが、成果はない。

27週間以上失業している「長期」失業者は米国に240万人おり、その数はさらに増えている。全員を仕事に復帰させることが重要だが、エコノミストによると、こうした失業者は労働市場から脱落するか、より賃金の低い職に就かざるを得なくなるリスクが高くなる。

労働エコノミストによると、失業者と低賃金労働者は現在、連邦政府の雇用・職業再訓練プログラムと併せ、家賃支援や現金の直接給付、食料支援を必要としている。

バイデン前副大統領は、当選すれば連邦最低賃金を引き上げ、インフラおよびグリーンエネルギー(環境に優しいエネルギー)事業のプログラムに数兆ドルを投じると約束している。しかし、そのためには議会の承認が必要だ。

トランプ氏は追加経済対策への支持は示唆しているが、雇用に関してはバイデン氏ほど具体策を示していない。

助けが到着するまで、労働者は苦難を強いられる。

フロリダ州でシングルマザーとして3人の子供を育てるレイチェル・アルバレズさん(44)は今週、レストランの給仕という新たな職に就いた。3月に失業して以来、初めての勤務だ。

コロナ禍で景気が悪いため、チップ頼みのレストラン従業員は稼ぎが良くないとアルバレズさんは言う。6月から家賃も払っておらず、郡政府に助成を申請したが返事はまだない。

「私は前を向き続ける。もしも子供たちがこんなひどい目に遭うことがあったとしても、やっぱり前を向いてほしいから」

(Jonnelle Marte記者)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、10月は増加 コロナでネット販

ワールド

米政府、中国共産党党員のビザ規制厳格化=NYT

ビジネス

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 速報

ビジネス

11月独サービス部門PMI改定値は46.0に低下、

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!