ニュース速報

ビジネス

金融・財政支援継続を、回復「K字型」=ブレイナードFRB理事

2020年10月22日(木)00時17分

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は21日、新型コロナウイルス禍からの初期段階の景気回復は「心強い」が一様でないとした上で、広範で持続可能な回復を確実にするためにもFRBや政府による支援の継続が必要になると強調した。マサチューセッツ州ケンブリッジで2017年3月撮影(2020年 ロイター/Brian Snyder)

[21日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は21日、新型コロナウイルス禍からの初期段階の景気回復は「心強い」が一様でないとした上で、広範で持続可能な回復を確実にするためにもFRBや政府による支援の継続が必要になると強調した。

プロフェッショナル・エコノミスト協会のオンライン会議で、表向きには全般的な経済成長が見られるものの、その背後で部門や国民間の格差が広がっており、こうした格差が景気回復を損ねる恐れがあると警告した。

FRBが経済に「持続的な緩和」を必要な限り提供すると約束しても、政府からの財政支援が滞れば経済見通しに最大限のリスクが及ぶとし、「金融政策からの強力な支援と目標を絞った追加的な財政支援を組み合わせることで、K字型(二極化)の回復を広範かつ包括的な回復に変えることができる」と述べた。

また「財政支援を早期に撤回すれば、景気後退の力学が定着し、雇用と支出を抑制するほか、失業の長期化に伴う傷跡が広がり、より多くの企業が閉鎖に追い込まれ、最終的には生産能力に悪影響を及ぼす恐れがある」とした。

FRBは数年かけて金利を現在のゼロ近辺に維持するだけでなく、解除後も緩やかにしか利上げせず、経済成長を刺激するような水準にとどめると強調。資産購入プログラムが金利に関するフォワードガイダンスとの組み合わせでどのように機能するのが最善なのか、今後数カ月の間に明確にする機会が訪れると述べた。

11月の米大統領選結果を巡り混乱が起きた場合のリスクに関する質問には直接の回答を避け、FRBが広範な監視や既存の対策を通じて金融の安定を確保できるとした。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、超党派案がたたき台に=下院

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

ワールド

イラン、地下施設に新型ウラン濃縮機設置へ 核合意違

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!