ニュース速報

ビジネス

アングル:スイス中銀、5年目のマイナス金利政策に強まる風当たり

2020年01月19日(日)08時06分

1月14日、マイナス金利導入から5年が経過したスイス国立銀行(SNB、中央銀行)に対して、政策路線の修正を求める声が日増しに高まりつつある。写真はベルンのSNBで2019年9月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 14日 ロイター] - マイナス金利導入から5年が経過したスイス国立銀行(SNB、中央銀行)に対して、政策路線の修正を求める声が日増しに高まりつつある。年金受給者の痛みを政治家が指摘しているほか、収益が圧迫されている金融業界も悲鳴を上げている。

SNBは2015年1月15日、スイスフランの対ユーロ上限を撤廃した。その後フランが高騰したため、輸出や経済全般への悪影響を抑えるために為替介入を実施するとともに、世界で最も大幅なマイナス金利を採用している。

ただこうした政策を巡り、政界では左右両派が異例の共同戦線を張って反対運動を展開。マイナス金利で生じたSNBの剰余金の活用方法について国民投票実施を呼び掛けようとの動きまで出てきた。

金融界も批判的な態度を強めるばかりだ。スイス銀行協会(SBA)のチーフエコノミスト、マルティン・ヘス氏は「(マイナス金利は)コストがメリットをはるかに上回っている。だから即刻解除するのが最適だとは言わないが、早めに出口に達する方法を考えなければならない」と指摘する。

実際、SNBが設定するマイナス0.75%の政策金利が国債のリターンをマイナスに押し下げ、国債を主な運用先としているスイスの年金基金や保険会社は資産が目減りし続けている。

連立政権の一角を担う右派の国民党のアルフレッド・へール議員は「マイナス金利は預金者ばかりか、間接的に年金基金からもお金を強制的に徴収している。まさにあべこべの仕組みだ」と語気を荒げる。

<懲罰金利>

SNBに預けるお金にマイナス0.75%の手数料(国内メディアの表現では『懲罰金利』)を課されている民間銀行も黙っていない。

クレディ・スイスは、15年以来手数料として支払った額が86億フランに達し、今年も10億フランが出て行く公算が大きいと見積もっている。同行の非上場企業部門責任者アンドレアス・ゲルバー氏は「銀行はバランスシートの両面で重圧が強まっている。競争は激しく、利ざやは縮小の一途だ。われわれは超過流動性に関してSNBに金利を払う必要があり、もはや現金に価値はない」と話した。

UBSのトーマス・シュルツ最高財務責任者(CFO)も「マイナス金利がもたらす経済的な弊害を銀行が別の手段で埋め合わせるのはどんどん不可能になってきている」と語る。

スイス保険協会(SVV)はSNBに政策の軌道修正を要請し、SBAはこのままマイナス金利が続けば、人々が貯蓄を拡大して消費や経済成長、投資が抑え込まれると警告している。SVVの広報担当者は「SNBの政策は、年金システムと退職者に悪影響を及ぼしている。それだけでなく、スイス経済を不安定化させる要因となりかねない」と懸念を示した。

<応分の負担>

他の欧州諸国でも見られる年金の目減りを受け、SNBは剰余金で年金不足を補てんすべきだとの意見が浮上している。SNBが昨年、超緩和政策の結果として計上した剰余金は490億フランで、年金は2030年に赤字額が46億フランになると予想される。

スイス労働総同盟(SGB)幹部で中道左派の社会民主党議員を務めるピエール・イブ・メヤール氏は「剰余金の性質が年金に打撃を与えているマイナス金利に関係している以上、その一部を公的年金システムに再分配するのが理にかなう」と主張した。

国民党のへール議員は社会民主党の議員と協力し、剰余金の納付制度を変更する動議を提出した。もしこれが否決されれば、SGBとへール氏は国民に是非を問う構えだ。

へール氏は「SNBの剰余金をある程度活用すれば、年金不足を増税で穴埋めする必要があるわれわれにとって救いとなるだろう。単純に、SNBは自ら生み出した事態について責任の一端を負ってもらいたい」と提言した。

SNBは将来の政策に関するコメントは拒否したが、すぐに路線変更するとは見込まれていない。ジョルダン総裁は、フランを押し下げ、経済を守ってデフレを避ける上でマイナス金利は必要不可欠だと説明している。

製造業界も、SNBの政策がなければもっと苦境に陥っていたとして現行の政策を支持する。それでもコンサルティング会社ウェラーショフ・アンド・パートナーズのエコノミスト、アドリエル・ジョスト氏は「SNBへのプレッシャーは増大し続けている。中央銀行は独立的なはずだが、一般大衆の懸念を無視することはできない」と述べた。

(John Revill記者)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジ

ビジネス

ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが

ビジネス

米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラ

ビジネス

英就業者数、10─12月も力強い伸び 賃金は減速

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!