ニュース速報

ビジネス

アングル:スイス中銀、5年目のマイナス金利政策に強まる風当たり

2020年01月19日(日)08時06分

1月14日、マイナス金利導入から5年が経過したスイス国立銀行(SNB、中央銀行)に対して、政策路線の修正を求める声が日増しに高まりつつある。写真はベルンのSNBで2019年9月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 14日 ロイター] - マイナス金利導入から5年が経過したスイス国立銀行(SNB、中央銀行)に対して、政策路線の修正を求める声が日増しに高まりつつある。年金受給者の痛みを政治家が指摘しているほか、収益が圧迫されている金融業界も悲鳴を上げている。

SNBは2015年1月15日、スイスフランの対ユーロ上限を撤廃した。その後フランが高騰したため、輸出や経済全般への悪影響を抑えるために為替介入を実施するとともに、世界で最も大幅なマイナス金利を採用している。

ただこうした政策を巡り、政界では左右両派が異例の共同戦線を張って反対運動を展開。マイナス金利で生じたSNBの剰余金の活用方法について国民投票実施を呼び掛けようとの動きまで出てきた。

金融界も批判的な態度を強めるばかりだ。スイス銀行協会(SBA)のチーフエコノミスト、マルティン・ヘス氏は「(マイナス金利は)コストがメリットをはるかに上回っている。だから即刻解除するのが最適だとは言わないが、早めに出口に達する方法を考えなければならない」と指摘する。

実際、SNBが設定するマイナス0.75%の政策金利が国債のリターンをマイナスに押し下げ、国債を主な運用先としているスイスの年金基金や保険会社は資産が目減りし続けている。

連立政権の一角を担う右派の国民党のアルフレッド・へール議員は「マイナス金利は預金者ばかりか、間接的に年金基金からもお金を強制的に徴収している。まさにあべこべの仕組みだ」と語気を荒げる。

<懲罰金利>

SNBに預けるお金にマイナス0.75%の手数料(国内メディアの表現では『懲罰金利』)を課されている民間銀行も黙っていない。

クレディ・スイスは、15年以来手数料として支払った額が86億フランに達し、今年も10億フランが出て行く公算が大きいと見積もっている。同行の非上場企業部門責任者アンドレアス・ゲルバー氏は「銀行はバランスシートの両面で重圧が強まっている。競争は激しく、利ざやは縮小の一途だ。われわれは超過流動性に関してSNBに金利を払う必要があり、もはや現金に価値はない」と話した。

UBSのトーマス・シュルツ最高財務責任者(CFO)も「マイナス金利がもたらす経済的な弊害を銀行が別の手段で埋め合わせるのはどんどん不可能になってきている」と語る。

スイス保険協会(SVV)はSNBに政策の軌道修正を要請し、SBAはこのままマイナス金利が続けば、人々が貯蓄を拡大して消費や経済成長、投資が抑え込まれると警告している。SVVの広報担当者は「SNBの政策は、年金システムと退職者に悪影響を及ぼしている。それだけでなく、スイス経済を不安定化させる要因となりかねない」と懸念を示した。

<応分の負担>

他の欧州諸国でも見られる年金の目減りを受け、SNBは剰余金で年金不足を補てんすべきだとの意見が浮上している。SNBが昨年、超緩和政策の結果として計上した剰余金は490億フランで、年金は2030年に赤字額が46億フランになると予想される。

スイス労働総同盟(SGB)幹部で中道左派の社会民主党議員を務めるピエール・イブ・メヤール氏は「剰余金の性質が年金に打撃を与えているマイナス金利に関係している以上、その一部を公的年金システムに再分配するのが理にかなう」と主張した。

国民党のへール議員は社会民主党の議員と協力し、剰余金の納付制度を変更する動議を提出した。もしこれが否決されれば、SGBとへール氏は国民に是非を問う構えだ。

へール氏は「SNBの剰余金をある程度活用すれば、年金不足を増税で穴埋めする必要があるわれわれにとって救いとなるだろう。単純に、SNBは自ら生み出した事態について責任の一端を負ってもらいたい」と提言した。

SNBは将来の政策に関するコメントは拒否したが、すぐに路線変更するとは見込まれていない。ジョルダン総裁は、フランを押し下げ、経済を守ってデフレを避ける上でマイナス金利は必要不可欠だと説明している。

製造業界も、SNBの政策がなければもっと苦境に陥っていたとして現行の政策を支持する。それでもコンサルティング会社ウェラーショフ・アンド・パートナーズのエコノミスト、アドリエル・ジョスト氏は「SNBへのプレッシャーは増大し続けている。中央銀行は独立的なはずだが、一般大衆の懸念を無視することはできない」と述べた。

(John Revill記者)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国軍機18機が台湾識別圏に入る、海峡付近で演習 

ワールド

英国でコロナ感染拡大 保健相は全土ロックダウン明言

ビジネス

スペインのカイシャバンクとバンキアが合併発表、国内

ビジネス

フランス政府、閉鎖検討のブリヂストン工場に閣僚を派

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 3

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 7

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 10

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!