ニュース速報

ビジネス

海外酒類・国内飲料で積極投資、4000億円規模は可能=アサヒ社長

2016年11月24日(木)17時53分

 11月24日、アサヒグループホールディングスの小路明善社長は会見で、海外酒類・国内飲料で積極的な投資を仕掛けていくと述べた。写真は茨城県で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>の小路明善社長は24日の会見で、海外酒類・国内飲料で積極的な投資を仕掛けていく方針を示した。欧州4事業を約3000億円で買収したが、今後も4000億円程度の投資は可能だと指摘。海外事業は同グループの成長エンジンと位置付けており、海外売上高比率を現行の16%から、早期に20―30%に引き上げる。

海外事業への投資については、高い収益性を持っていること、しっかりとしたプレミアムブランドを持っていること、アサヒの事業とのシナジー創出が可能なこと―――の3点を条件として挙げた。

SABミラーを買収したアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が入札を実施している東欧5カ国のビール事業の買収も取り沙汰されているが、投資の具体的な地域や投資先については、言及を避けた。

同社は、大型の資金需要が発生する際には、DEレシオ1倍程度を許容することを明らかにしている。小路社長は「アセットの入れ替えや一部株式の売却を行っている。これを除いても、4000億円程度の投資が可能だ」と述べた。

アサヒはすでに、ABインベブのSABミラー買収に際して、SABミラーが保有していたビールブランド「ペローニ」や「グロールシュ」、「ミーンタイム」など4事業を2945億円で買収している。小路社長は、2018年からイタリアやオランダで「スーパードライ」の現地生産を開始する考えを明らかにした。

現在、ロシアを除く欧州で「スーパードライ」は102万ケース規模。小路社長は「まだまだ確固たる評価があるというポジションではない」としたうえで「現地で自社生産開始以降の早い時期に倍の規模にできる」と述べ、200万ケース規模に拡大させる方針を示した。

「スーパードライ」は世界約70カ国で販売しており、2015年は864万ケース(前年比15%増)と伸長している。17年には、スーパードライを中心とするアサヒブランドの販売数量は1000万ケースを超える見通し。

16年の海外売上高比率は、欧州4事業を単純合算して16%程度となる。小路社長は「成長エンジンとするならば、海外売上高比率を20―30%に引き上げたい」と述べた。欧州4事業の買収によって、連結売上高は2兆円が近付いている。売上高2兆円に対して海外売上高比率を20―30%とすれば、海外売上高は4000―6000億円規模となり、現状の3100億円から1000―3000億円積み上げが必要となる。

*内容とカテゴリーを追加し、写真を差し替えました。

(清水律子)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!