ニュース速報

第1四半期マレーシアGDP、前年比+4.5%に鈍化 景気下振れリスク

2019年05月16日(木)18時11分

[クアラルンプール 16日 ロイター] - マレーシア中央銀行が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比4.5%増となり、ロイターがまとめた市場予想の4.3%増を上回った。

農業部門が回復した。ただ、昨年第4・四半期の4.7%増から伸びが減速し、外需の減退や米中貿易戦争がマレーシア経済のリスクを高めるとみられている。

第1・四半期は農業部門が5.6%増。前四半期は0.1%増だった。

中銀は先週、景気支援のため2016年以来初の利下げに踏み切った。マレーシアは中間財の対中輸出が多く、米中貿易戦争の影響を特に受けやすい。

中銀は「見通しに対するリスクは引き続き下向きだ。外部要因が主因だ」と表明。通年の経済成長目標は4.3─4.8%で据え置いた。

一部エコノミストは、国内外の要因の悪化で成長がさらに減速する可能性があるとみる。

キャピタル・エコノミクスのアジア地域エコノミスト、アレックス・ホルムズ氏は「今後数四半期、成長が鈍化し続ける公算だ」と述べた。

輸出は2月、3月と減少したが、米中の貿易戦争再燃でさらに下押しされる可能性が大きい。

UOBのエコノミスト、ジュリア・ゴー氏は、第1・四半期に公共投資と民間投資の不振が鈍化したことで成長見通しが悪化したと指摘した。

公共投資は13.2%減少。昨年第4・四半期の5.9%減から減少幅が拡大した。民間投資は5.8%増から0.4%増に鈍化した。

成長の柱である民間消費も7.6%増加したものの、前四半期の8%増からは鈍化した。

マハティール政権は、債務問題を理由に公共投資を縮小している。

中銀はレポ・為替市場の流動性向上に向けた措置や為替ヘッジの柔軟性強化に向けた措置も導入した。

金融市場の指数サービス会社FTSEラッセルは前月、世界政府債券指数におけるマレーシアの市場アクセスレベルを流動性への懸念から見直すと発表した。モルガン・スタンレーは、評価が下がれば約80億ドルの資金が流出する可能性があると指摘する。

ノル・シャムシア・ユヌス中銀総裁は、16日に導入した措置が「(FTSEが)除外する可能性の理由の一部に対処し、オンショアのヘッジプログラムへの投資家アクセスが向上する」との見方を示した。

新たな措置で、登録した機関投資家がリンギを購入するフォワード取引や通貨ヘッジ取引の規制が緩和される。

第1・四半期の同国の経常黒字は164億リンギ(39億3000万ドル)。昨年第4・四半期は108億リンギだった。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日産、バルセロナ工場を閉鎖へ=スペイン紙

ビジネス

訂正-豪経済、当初の想定ほど深刻な落ち込みにならず

ワールド

米下院、ウイグル族弾圧巡る対中制裁法案を可決 大統

ワールド

ブラジル国民の過半数、新型コロナ対策の規制強化望む

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!