コラム

ポストコロナにやって来る中国覇権の時代

2020年04月02日(木)15時00分
ポストコロナにやって来る中国覇権の時代

中国共産党はプロパガンダが大得意 FINE ART IMAGES-HERITAGE IMAGES/GETTY IMAGES

<第2次大戦以降、長年アメリカが果たしてきた世界のリーダーの役割──トランプ米政権がコロナ感染に無策でいる間、中国は手厚い支援で世界にアピールし、戦略的にその座を狙っている>

リーダーは「決して危機を無駄にしてはならない」と述べたのは、オバマ前米大統領の下で首席補佐官を務めたラーム・エマニュエルだ。いま、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席と彼の全体主義体制がこの精神を実践して、世界の勢力図を塗り替えようとしている。

中国政府は、強硬な措置により新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を抑え込む一方(それに成功しつつあるらしい)、世界のリーダーの座をアメリカから奪うために手を打っている。それをよそにトランプ米政権は、200万人を超すアメリカ人の命を奪うとも予測される感染症に対して有効な対策を打てずにいる。中国を口汚く罵り、国際機関や国際協力をないがしろにし、同盟国を批判するだけだ。

中国の国営メディアと当局は、新型コロナウイルス危機に対して2つのアプローチを取ってきた。1つ目は最初の2カ月間、感染症の流行を隠蔽していた事実をごまかしていたこと(中国の隠蔽によりウイルスは世界に広がり、多くの人命を奪い、社会に混乱をもたらした。おそらく、世界規模の景気後退も引き起こすだろう)。

2つ目は、この人類共通の脅威と戦う上で中国が強力で信頼できるパートナーであると印象付けること。中国の政治体制の偉大さをアピールする宣伝ポスターを見せられているかのようだ。

中国はそうした印象を形づくるために、コロナ禍に苦しむ国々に手厚い支援を提供している。これは、アメリカが長年果たしてきた役割だ。欧米諸国で患者たちが病院の廊下に寝かされて十分な治療も受けられずにいるとき、中国はアメリカを含む多くの国に、大量のマスクや人工呼吸器を送り、大勢の医師や専門家を派遣している。

トランプは州知事たちに、自力で人工呼吸器を調達しろと言い放った。この発言は、今回の危機に対する米政府の無策を浮き彫りにしている。米政府はいまだに明確な感染封じ込め策を持っていないのが現実だ。トランプは相変わらず同盟国や国際機関を軽視し、「中国ウイルス」という言葉を使って責任逃れに終始している。

対照的に、明確な戦略上の目標を追求しているのが中国だ。その目標とは、新しい国際秩序をつくり、影響力でアメリカに肩を並べ、さらにはアメリカの地位を奪うことである。中国はこの数十年、国際的なメディア戦略と外交、対外援助、そして情報機関によるプロパガンダと情報工作を通じて、ソフトパワーの強化に励んできた。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

韓国セルトリオン、新型コロナ治療薬の臨床試験を欧州

ビジネス

仏経済、2020年は11%縮小へ=ルメール経財相

ビジネス

5月のユニクロ国内既存店売上高は前年比18.1%減

ワールド

香港長官、国家安全法巡る海外の反応批判 3日に北京

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!