コラム

トランプ「誰もいなくなった」人事の後で

2018年04月05日(木)11時15分
トランプ「誰もいなくなった」人事の後で

めちゃくちゃな人事劇の意図はどこに DODDIS77/SHUTTERSTOCK

<政権メンバーの相次ぐ交代と一貫しない政策――トランプ大統領の迷走で現実味を増す「アメリカ抜きの世界」>

有能な諜報員は誰でも、外国の指導者や政府の「計画と意図」を探る。彼らは明日、何をするか。翌月に何が起きるか。それと同時に、いま起きていることとその理由、その行動が持つ政策的含意を理解することも役に立つ。

トランプ米政権の人事は発足当初から迷走続きだが、この状況を諜報員的に分析したら、どんな国際関係の未来が見えてくるだろう? 無能ぶりには思わず笑いたくなるが、笑いはやがて引っ込む。トランプ大統領の下で繰り広げられる混乱劇の産物は恐ろしいものだ。

アガサ・クリスティーの代表作の1つに、登場人物が1人、また1人と殺されていく推理小説がある。何も分からないまま、なすすべもなく。『そして誰もいなくなった』――この題名どおりになりつつあるトランプ政権は、人事をめぐるメロドラマによってアメリカの地位と力をむしばんでいる。

各国の情報機関はほぼ例外なく、米政権の前代未聞の混乱は自国にとって絶好の機会と判断しているはずだ。それが意味するのは、米政治の予測不可能性の大幅な増大。その結果、国際情勢のさまざまな局面で、各国がより大きな危険にさらされることになる。

トランプ自身と政権人事の混乱によって、国際社会でのアメリカの影響力は急激に低下している。トランプ政権は、今後40年間に起こるはずだった現象をわずか1年で実現してみせた。

世界は既に「パックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)」から、複数の勢力圏で成る国際体制へ向かっている。中国がアジアとユーラシア大陸、さらに世界で台頭を続ける一方、西半球ではアメリカが依然として優位。ユーラシア大陸の西端ではヨーロッパが影響力を行使し、中央アジアではインドが地域の覇権を握りつつある。イスラム世界は機能不全に陥り、文明の変革の渦中で宗派対立にのみ込まれている。

トランプ政権の迷走人事は、こうした世界規模の大転換を後押しする形になっている。現政権の閣僚やトップ級高官のうち、1年目に退任した者の割合は34%超。オバマ政権は9%、ブッシュ(子)政権は6%、クリントン政権は11%、ブッシュ(父)政権は7%、レーガン政権は17%だったのに比べると、異常に高い数字だ。

国家安全保障担当の大統領補佐官は2回も代わった。1人目のマイケル・フリンは就任からわずか24日目で辞任し、ロシア政府高官との接触について虚偽の供述をした罪を後に認めた。トランプに「退屈」呼ばわりされた2人目のH・R・マクマスターは3月22日に解任決定。あの「戦争好き」のジョン・ボルトン元国連大使が後任の補佐官に指名された。

3月中旬には、レックス・ティラーソン国務長官の更迭も発表されている。トランプに足を引っ張られ、無視され、けなされ続けた揚げ句の出来事だった。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!