コラム

米国籍アフガン大統領候補の勘違い

2009年07月09日(木)16時19分

 8月20日に行われるアフガニスタンの大統領選で、現職のハミド・カルザイ大統領の追い落としをねらうアシュラフ・ガニ元財務相はどうやら、ビル・クリントン米元大統領の選挙参謀として知られる民主党のストラテジスト、ジェームズ・カービルを雇い入れたようだ。この件に関するカービルのコメントは、いつもながら威勢がいい。


 「これは、世界でも長い間なかったほど重要な選挙になるだろう」と、カービルは7月7日にAP通信の電話取材に答えて言った。「人生で最も興味深い仕事になりそうだ」


 カービルが何を基準に「長い間」と言っているのかは定かでない。つい昨年も、極めて重要な選挙があったと思うのは気のせいだろうか。

 それはともかく、カービルはオバマ政権の許しを得たか聞かれていた。だが、彼が外国で働くのは珍しいことではない。これまでも18カ国で選挙参謀を務めてきた。

 より大きな疑問は、今のところ支持率が2~4%しかないガニが、カービルから何を得ようとしているかだ。確かにカービルは有能だ(もっとも最近はそれほど実績を上げていないが)。だからといって、彼にアフガニスタンの選挙の何がわかるというのだろう。アフガニスタンはイスラム国家の色彩が強く、反政府武装勢力タリバンとの戦いに明け暮れている。アメリカ大統領選では長年の経験を積んでいるといっても、それが本当に役立つのだろうか。

 おそらくガニは、クリントンの側近だったカービルなら、バラク・オバマ政権の国務省にもコネがきくと期待しているのかもしれない。だが、ガニ自身のワシントンでの輝かしい経歴──世界銀行で働き、国家効率研究所を創設し、何年も前に米国籍を取得──を考えると、アメリカの国務省に取り入ろうとするより、アフガニスタン南部にあるタリバンの本拠地カンダハルの有権者を取り込んだほうがよほど効率的ではないのか。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2009年07月08日(水)15時24分更新]


Reprinted with permission from FP Passport, 8/7/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは152円前半まで下落、2か月半ぶり

ビジネス

中国の大手国有銀、預金金利引き下げ 利ざや圧迫緩和

ビジネス

英中銀、国債市場混乱時のレポ制度発表 保険会社・年

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story