コラム

英労働党への深すぎる失望

2009年06月09日(火)08時48分

pass060609.jpg

試練のとき 身内からの辞任要求をなんとかしのいだブラウンだが Reuters

 イギリス政界にとっては最悪の24時間だった。6月7日に行われた欧州議会選で、英労働党の得票率は15%以下。極右のイギリス国民党(BNP)が2議席を獲得する躍進を見せた。一部の労働党議員から退陣を求められていたゴードン・ブラウン首相は、批判派をなんとかねじ伏せ、辞任を回避した

 ナチス信奉者が創設したBNPに票が流れた原因について、2つの興味深い議論がある。

 ニューヨーク・タイムズ紙のスティーブン・アーランガーは次のように分析した。


 経済危機によってEU(欧州連合)はきわめて困難な課題を突きつけられたが、熱狂的な欧州統合論者でさえ、EUはこの試験に落第したと考えている。

 各国の指導者は国内政治にばかり目を向け、不況対策の中身や景気刺激策への投入額をめぐって激しく対立。欧州中央銀行にとって不況と将来のインフレのどちらがより深刻な懸念材料かという問題について意見を戦わせている。そして、他国の雇用を犠牲にして、国内の雇用確保に走っている。

 7日の欧州議会選の結果も、そうした実態を裏付けている。経済危機の渦中にあり、投票が義務化されている国もあるというのに、投票率は43%という歴史的な低さを記録。EU構想と貧しい加盟国からの移民に反対する極右政党が、緑の党と並んで議席を伸ばした。投票した人々にとって重要なのは国内問題だったのだ。

 一方、イギリスのテレビ局チャンネル4は以下のように論じた。


 最大の衝撃が走ったのは、BNPに投票した多くの人がかつては労働党支持者だったという説を、われわれが検証したときだろう。

 この説は事実のようだ。BNPに投票した人の実に59%が、労働党は「以前は自分のような人々の問題に取り組んでくれたが、最近は違う」と感じているという。

 労働党にとってさらなる懸念材料は、BNPへの投票者に留まらない無数の有権者がそうした感情を共有していることだ。イギリス人の63%が労働党が以前は自分たちの問題に取り組んでくれたと考えているが、今もそうだという回答はわずか19%だった。

  
 イラク戦争と経済危機などの諸問題に対して政治的、経済的な失策を長年重ねてきた政府から、イギリス国民の気持ちが一気に離れているという見方に、私も同意する。

 イギリスの保守党対労働党と、アメリカの共和党対民主党の現状を比較してみるのも面白い。米民主党と異なり、英労働党はバブル経済の創出と崩壊の責任を負っている。

 さらに、アメリカでは穏健派の間に大きな政府を容認する空気が広がっており、オバマ大統領がそうした左寄りの流れにうまく乗っている。一方、イギリスでは保守党のデービッド・キャメロン党首が右寄りに流れる世論をうまく利用しているようだ。

----アニー・ラウリー

Reprinted with permission from FP Passport, 09/06/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story