コラム

iPad以外のタブレットが選べる時代が始まった

2012年06月29日(金)14時50分

 タブレットパソコンの周辺が、にわかに騒がしくなってきた。ここ最近、マイクロソフトとグーグルが相次いで自社ブランドの製品を発表したからである。

 この2社のタブレットが出たことで、やっとこのプレーヤーが勢揃いした感がある。iPadを発表した2010年以降、アップルがほぼ市場を独占し、それにサムスンのギャラクシーが攻勢をかけてきた。アマゾンのキンドル・ファイアも、主として電子書籍で獲得した客に軸足を置き、メディア消費ツールとしての廉価版タブレットをアピールしてきた。

 だが今回マイクロソフトとグーグルが加わったことで、これからのタブレット戦争の構図が何となく見えてきた感じがする。

 値段で言えば、アップルやマクロソフトの高価版と、アマゾンやグーグルの廉価版に分かれること。マイクロソフトは自社製タブレット「サーフェス」の値段をまだ明らかにしていないが、おそらくはアップルと正面衝突する価格に設定しそうだ。

 それに対して、グーグルが発表したタブレット「ネクサス7」とアマゾンのキンドル・ファイアは同じ199ドルという価格設定。ただしネクサス7は正面カメラやGPS機能を搭載しスクリーンの解像度も高くするなど、性能をぐっと上げている。お得感はかなり大きい。

 大きさもポイントだ。iPadとサーフェスの10インチに対して、グーグルのネクサス7とキンドル・ファイアは7インチ。ことにネクサス7は400グラムにも満たない軽さで、片手で持てるこの7インチというサイズは、タブレットの適性サイズとしてかなり説得力がある。アップルも、これで7インチのiPadを出さずにはいられなくなるだろうと、業界関係者は見ている。

 さらに、これまではOS開発に徹していた企業が、自社ブランドのハードウエアを出すという点も新しい。グーグルはすでにスマートフォンでハードウエアを出していたが、今回のネクサス7のタブレットとしての完成度は、同社の意気込みを感じさせるものになっている。

 マイクロソフトも、メーカーと競合して関係を悪化させるのではないかというリスクを背負いながらサーフェスを世に出したわけだが、カバーにキーボードとしての機能も兼ねさせるなど、ひと目見ただけでもデザイン上の工夫度がかなり高いことが伺われる。いずれも、OS開発企業がその最適な使い方をメーカー各社に実演して見せるという意味合いがかなり強い。

 折しもiPadに追従していたサムソンが、知的財産権侵害でアメリカでのギャラクシー・タブレットの販売を差し止めされる事態になった。グーグルやマイクロソフトの自社製タブレット発表からは、iPadの呪縛から逃れて、独自のタブレットのあり方を求めようと、一気奮発している様子も感じられる。

 iPadの呪縛ということで言えば、われわれ消費者の側も同じだろう。これだけ出揃ったことで、やっとまともな選択肢が生まれた、と私は思う。

 ただ、これからの勝負はタブレットという機器だけでは決まらない。タブレットを使って気軽にアクセスできるクラウド上のコンテンツがどの程度あるか、また自宅でテレビ画面やステレオなどの他の機器を結びつけて、どれだけ自在にコントロールやコンテンツが引き出せるかといったことも、利用の重要な要素になる。その意味では、われわれはもうクラウドのエコシステムの中に位置していると言ってもいい。

 現状では、コンテンツの部分で先へ進んでいるのはアマゾン、機器間のコントロールではアップルだ。マイクロソフトはまだ未知数。そしてグーグルは、今回爆弾のように複数の新製品を発表して、インターネットのエコシステムを押さえていることをアピールしている。コンテンツの品揃えでは少々遅れを取っているが、このアピールが功を奏して、コンテンツ企業が積極的に乗り出してくることもあるだろう。

 タブレット競争が、次のフェーズへ進んだ。この展開は、歓迎したい。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中