コラム

iPad以外のタブレットが選べる時代が始まった

2012年06月29日(金)14時50分

 タブレットパソコンの周辺が、にわかに騒がしくなってきた。ここ最近、マイクロソフトとグーグルが相次いで自社ブランドの製品を発表したからである。

 この2社のタブレットが出たことで、やっとこのプレーヤーが勢揃いした感がある。iPadを発表した2010年以降、アップルがほぼ市場を独占し、それにサムスンのギャラクシーが攻勢をかけてきた。アマゾンのキンドル・ファイアも、主として電子書籍で獲得した客に軸足を置き、メディア消費ツールとしての廉価版タブレットをアピールしてきた。

 だが今回マイクロソフトとグーグルが加わったことで、これからのタブレット戦争の構図が何となく見えてきた感じがする。

 値段で言えば、アップルやマクロソフトの高価版と、アマゾンやグーグルの廉価版に分かれること。マイクロソフトは自社製タブレット「サーフェス」の値段をまだ明らかにしていないが、おそらくはアップルと正面衝突する価格に設定しそうだ。

 それに対して、グーグルが発表したタブレット「ネクサス7」とアマゾンのキンドル・ファイアは同じ199ドルという価格設定。ただしネクサス7は正面カメラやGPS機能を搭載しスクリーンの解像度も高くするなど、性能をぐっと上げている。お得感はかなり大きい。

 大きさもポイントだ。iPadとサーフェスの10インチに対して、グーグルのネクサス7とキンドル・ファイアは7インチ。ことにネクサス7は400グラムにも満たない軽さで、片手で持てるこの7インチというサイズは、タブレットの適性サイズとしてかなり説得力がある。アップルも、これで7インチのiPadを出さずにはいられなくなるだろうと、業界関係者は見ている。

 さらに、これまではOS開発に徹していた企業が、自社ブランドのハードウエアを出すという点も新しい。グーグルはすでにスマートフォンでハードウエアを出していたが、今回のネクサス7のタブレットとしての完成度は、同社の意気込みを感じさせるものになっている。

 マイクロソフトも、メーカーと競合して関係を悪化させるのではないかというリスクを背負いながらサーフェスを世に出したわけだが、カバーにキーボードとしての機能も兼ねさせるなど、ひと目見ただけでもデザイン上の工夫度がかなり高いことが伺われる。いずれも、OS開発企業がその最適な使い方をメーカー各社に実演して見せるという意味合いがかなり強い。

 折しもiPadに追従していたサムソンが、知的財産権侵害でアメリカでのギャラクシー・タブレットの販売を差し止めされる事態になった。グーグルやマイクロソフトの自社製タブレット発表からは、iPadの呪縛から逃れて、独自のタブレットのあり方を求めようと、一気奮発している様子も感じられる。

 iPadの呪縛ということで言えば、われわれ消費者の側も同じだろう。これだけ出揃ったことで、やっとまともな選択肢が生まれた、と私は思う。

 ただ、これからの勝負はタブレットという機器だけでは決まらない。タブレットを使って気軽にアクセスできるクラウド上のコンテンツがどの程度あるか、また自宅でテレビ画面やステレオなどの他の機器を結びつけて、どれだけ自在にコントロールやコンテンツが引き出せるかといったことも、利用の重要な要素になる。その意味では、われわれはもうクラウドのエコシステムの中に位置していると言ってもいい。

 現状では、コンテンツの部分で先へ進んでいるのはアマゾン、機器間のコントロールではアップルだ。マイクロソフトはまだ未知数。そしてグーグルは、今回爆弾のように複数の新製品を発表して、インターネットのエコシステムを押さえていることをアピールしている。コンテンツの品揃えでは少々遅れを取っているが、このアピールが功を奏して、コンテンツ企業が積極的に乗り出してくることもあるだろう。

 タブレット競争が、次のフェーズへ進んだ。この展開は、歓迎したい。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ワールド

再度の緊急事態宣言、誰にとっても好ましくない=小池

ワールド

中国商務省、自国企業への差別中止をインドに要請

ビジネス

中国自動車販売台数、6月は前年比11%増の見込み=

ワールド

東京の新規感染107人、「感染拡大要警戒」の段階と

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 6

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 9

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 10

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 7

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!