コラム

マリファナ解放区オークステルダムは赤字自治体を救うか?

2009年07月29日(水)17時30分

 ウチの隣町オークランドのFOXシアターで、7月25日、「リボウスキ祭り」が開かれた。『ビッグ・リボウスキ』というコーエン兄弟監督の98年のコメディ映画のファンの集いだ。

『ビッグ・リボウスキ』は、ジェフ・リボウスキ(ジェフ・ブリッジス)という元ヒッピーのオッサンが主人公。白髪交じりの長髪とヒゲを伸ばし、いつも半ズボンにサンダル、寝巻きのガウンというだらしないことこの上ない格好。当然仕事などなく、ゴミためのような家で朝からマリファナとホワイトロシアン(カルーアミルクとウォッカで作るカクテル)で酔っ払っている役立たず。

 たまに外出しても、自分と同じようなダメ中年たちとボウリングばかりしているリボウスキは、自分を The Dude (デュード、伊達男とか大将というニュアンス)と呼ばせている。実のところ、 Slacker (スラッカー、ゆるい人。でれーっとハッパばかりやってる人のこと)でしかないのだが。

 ところがリボウスキの徹底したダメぶりがなぜか共感を呼び、『ビッグ・リボウスキ』はカルト映画になった。2004年からケンタッキーで始まった「リボウスキ祭り」は、今や全米ツアーをするほどのイベントになった。映画の登場人物のコスプレをしたファンが集まり、いっしょにボウリングしたり、ホワイトロシアンを飲んだりして遊ぶのだ。

 しかし、その日のオークランドの「リボウスキ祭り」にはちょっと歴史的な意義があった。4日前の7月21日はスラッカーにとって記念すべき日になったのだ。

 オークランドの住民投票で投票者の8割がマリファナへの課税に賛成したのである。

 1996年、カリフォルニア州の州民投票で医療用マリファナの合法化が認められた。医療用とは、マリファナが肉体的痛みや精神的ストレスを緩和する効果を薬として利用すること。ガンやエイズ、鬱病、PTSD、不眠症などの患者は医者の診断でマリファナ使用許可証を得れば、合法的にマリファナを購入できる。

 このライセンス制度はユルい。「この腰痛を癒すにはマリファナしかないんです」と自己申告すれば簡単に取れちゃうし、ライセンス所持者が買ったマリファナを友達に分けても別に処罰されない。

 筆者の住むベイエリアはもともとサンフランシスコはヒッピー発祥の地であり、60年代からドラッグ・カルチャーの中心だったが、それから約30年を経て、ついに堂々とハッパの看板を掲げたマリファナ販売店が開業し始めた。

 ウチの隣町オークランドでは「オークステルダム」化運動が続いている。オークランドのダウンタウンをオランダのアムステルダムのようなマリファナ解放区にしようというのだ。まず、アムステルダム式の「コーヒーショップ」が次々にオープンした。マリファナ入りのクッキーやケーキを出す店だ。さらに、オークステルダム大学なるものも開校。マリファナ・ビジネスを始める人のために、マリファナに関する医学的知識、法律、ハッパの育て方などを教える学校だ。

 また、カリフォルニアのように医療用マリファナを認める州も増え、いよいよアメリカでの合法化も近いかに見えたが、大きな問題があった。

 アメリカ合衆国の連邦法では、相変わらずマリファナは違法なのだ。だからカリフォルニア州から正式に営業許可を受けた販売者が連邦の麻薬取締局に逮捕されるという事態が起こった。オークステルダムでもその被害にあって潰れた店も多い。

 この、連邦法と州法の対立を打開するかもしれないのが、今回のオークランド市の住民投票だ。オークランド市がマリファナに課税しようと考えたのは、財政危機で藁にもすがる必要があるからだ。

 オークランド西部はアフリカ系、東部はメキシコ系の巨大なスラム街になっている。凶悪犯罪の多さは全米でもワースト5に入るほどだが、予算不足で警官の増員はできない。公立学校も教師を減らしたり学校を閉鎖しする一方なので、貧困層の子供たちの教育程度はさらに低下し、ストリート・ギャングになっていく。

 しかも、2006年からの住宅市場崩壊が市の財政に大打撃を加えた。アメリカでの市の財政は住民の固定資産税に大きく依存しているので、住宅価格が急落すると税収がなくなってしまう。そこでオークランド市はマリファナに1.8パーセント課税することで、少しでも税収を増やすことを検討している。

 では、オークランドなど比べ物にならない250億ドル(約2兆3700億円)以上の赤字を抱えるカリフォルニア州が、この事態を放っておいていいわけがない。今年2月、カリフォルニア州議会の下院議員トム・アミアーノ(民主党)は、酒のようにマリファナを合法化して課税する法案を提出した。

 現在、カリフォルニア州で消費されるマリファナは合法、非合法合わせて年間2600万オンスと推測されている。アミアーノ議員は、マリファナ1オンス(約28グラム)につき50ドル課税すれば年に13億ドルの税収になるというのだ。しかも、完全な合法化によって犯罪組織による闇マーケットも一掃できると。

 もちろん反対者も多い。人口3000万人の州でマリファナを合法化するなんてパンドラの箱を開けるようなものだ。マリファナは麻薬とは違い、人体へのダメージや中毒性はほとんどないことが確認されているが、性的なタガが外れたり、仕事への意欲が減退したりなどの社会的なマイナスは確かにある。合法化に反対する州下院のロジャー・ニーロ議員(共和党)は、マリファナは「非生産的」と言う。リボウスキみたいにロクに働かない奴らを生み出す葉っぱを法律で許すわけにはいかないということだ。

 でも、逆に、リボウスキなグータラにも無理やり社会に貢献させるシステムと考えればいいかもよ。

oaksterdam.JPG

マリファナ・ビジネスのノウハウを教えるオークランドの「オークステルダム大学」

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!