コラム

中国による台湾言論界の弾圧が始まった

2023年04月21日(金)15時32分

八旗出版編集長の富察氏(中央) 八旗出版のフェイスブックから

<台北の出版社の編集長を務める満州人男性が3月、訪問先の上海で中国当局に拘束された。中国中心史観に異議を唱える書籍の出版を続けてきたことが、「罪」とされたと考えられている。香港に続いて台湾が陥落したら、次は日本だ>

台湾をはじめ、世界の中国語圏の人々の歴史観を根本から変えた人物が3月、中国・上海で治安当局に拘束された。台北にある八旗文化出版の編集長、富察(フーチャー)である。

八旗出版との名称が示すように、富察は遼寧省出身の満洲人だ。中国の大学で博士の学位を取った後、出版編集の仕事をしていた頃に台湾人女性と出会い、結婚した。その後、2009年に台北に渡り、自由と人権の理念で緩やかに結束していた、複数の小さな出版団体でつくるを「読書共和国」という団体に加わる。そこでの経験を活かして設立したのが八旗出版で、社名は満洲八旗という歴史上の遊牧軍事組織に由来する。

八旗出版はアメリカの歴史学者、特にいわゆる「新清史」の学者たちの著作を系統的に翻訳・出版した。現代中国は狭隘な「大漢民族」の民族主義的立場から、満洲人の王朝である清朝の負の側面を強調してきた。いわく、満洲人による長城以南への進攻は「異族入侵」で、文明的な中国に停滞をもたらした。近代に入ると西洋列強の侵略を招き、アヘン戦争など敗北により屈辱の百年を経験した。約300年にわたる満洲人の統治も、結局は文明人である漢民族の文化力に同化された。漢民族が長城以北に侵入するのは正義に基づく国土開拓だ......との立場である。

これに対し、新清史は異なる見方をする。

満洲人はたとえ支配者の一部が母語を忘れたとしても、最後まで民族のアイデンティティーを放棄しなかった。西はトルキスタン、北はモンゴリア、南は雲南まで、すべて現地の文化と民族的自治を優先する柔軟な統治を敷いた。近代になって西洋列強と出会ってからも、日本などを参考に改革に踏み切った、との観点である。

これは清朝時代を圧政と見なし、満洲人皇帝の存在を「夷狄による過酷な支配」と強調する中国の歴史観に大きく抵触する。八旗出版がこうした著作を世に送り出したことで、官製史観を支持する中国の人々に激震が走り、彼らは2019年から組織的な反撃を開始していた。

八旗出版は大陸だけでなく、台湾にも斬新な視点をもたらした。新清史をはじめとする一連の書籍が出るまで、台湾史学界は台湾を対岸の中国あるいは旧宗主国の日本とだけ結び付けて考えていた。中国や日本だけでなく、スペインやオランダ、アメリカや東南アジアとの歴史的関係、ひいては南洋諸島との人的交流も大事ではないか、と指摘する著作を八旗出版は相次いで刊行した。「世界の孤児」と揶揄されていた台湾はこうした書籍の出版により、着実に「世界の台湾」になったのである。

プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ジュリアーニ氏らアリゾナ州大陪審が起訴、20年大統

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story