コラム

平仮名という優れたシステムや社会格差の小ささ――日本の教育が良い結果を出す理由

2024年06月20日(木)18時13分
西村カリン(ジャーナリスト)

YAMASAN/ISTOCK

<小学生の子供2人の母親として、日本の小学校の良さは日々確認している。フランスと日本の学校教育は何が違うのか――>

義務教育修了段階の15歳を対象にしたOECD(経済協力開発機構)の国際学習到達度調査(PISA)を見ると日本の学校教育は世界トップクラスだ。PISAは3つの分野で学力を確認する調査だが、2022年の順位で日本はOECD38カ国中、数学1位、科学1位、読解力は2位。私の母国のフランスは、3分野とも20位台だ。明らかに日本の学校教育のほうが良い結果を出している。

日本の公立小学校に通う子供2人の母としても、私は日本の小学校の良さを毎日確認している。フランスの学校とは何が違うかを考察して『フランス人記者、日本の学校に驚く』(大和書房)という本を最近書いたが、ここで最も重要な点を紹介したい。

結論から言えば、日本の学校は基本的知識をきちんと教えてくれる。安定したカリキュラムと安定した教え方がその主な理由ではないかと思う。フランスでは義務教育は3歳からだが、小学校は6歳からの5年制。残念なことに小学校を卒業してもきちんと文字を読めない生徒が1割以上、文章を書く能力が不足している子供も2割ほどいる。

社会格差が1つの大きな原因だ。パリや大都市のエリート小学校もあれば、貧しい家の子供が非常に多いパリ郊外の小学校もあり、両者の子供の学力は全然違う。日本ではフランスほど学校間の格差がない。

フランスの教育は考える力を引き出す

アルファベットで書いたり読んだりするのが難しいことも理由だろう。聞いたことはあっても、どう書くか分からない。1つの発音で複数の書き方があるのでその単語を学ばない限り正しく書くことはできない。

その点、日本の平仮名は優れたシステムだ。4歳や5歳の子供で漢字が分からなくても、書きたい単語や文章が書ける。漢字の教え方も素晴らしいと思う。自分の子供に限らず、全ての子供がスイスイ漢字を覚えて書けることに驚いてしまう。

足し算、引き算、掛け算、割り算も日本の教え方のほうが良さそうだ。その半面、フランスの学校(特に中学校から)のほうが生徒の個人差を認めた上で、それぞれの考える能力、議論の能力や表現能力を引き出していると思う。

現在の日本では30人以上、場合によっては40人のクラスも珍しくないが、フランスでは生徒の人数が30人以上というのはあまり考えられない。学力の格差があるので、40人だと先生がいくら頑張ってもそれぞれの生徒のニーズに合わせた対応ができない。フランスの生徒のほうが暴れる子が多いことも1つの理由だろう。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)
・ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story