コラム

便利なキャッシュレス社会で、忘れられていること

2024年04月18日(木)19時00分
カン・ハンナ(歌人・タレント・国際文化研究者)
スマホでモバイル決済

KAYOKO HAYASHI/ISTOCK

<便利さを追い求める一方で、大好きな日本文化がなくなる?>

先日、韓国のカフェを利用した際に驚いた出来事があった。会計しようと席を立ったら店員は不在のようで、代わりにあるのは大きなタッチスクリーン2台だけ。

現金で支払えるだろうか。ベルを鳴らして店員を呼ぶも、「このご時世に現金ですか?」という物珍しそうな目で見られた。カフェは観光客が来るような場所ではなく、実家近くの閑静な住宅街にあったのだけど。

母いわく、「韓国だとこれが当たり前。73歳の母もいつの間にかキャッシュレスに慣れ、私より使いこなすのだから感心した。

韓国は世界屈指のキ ャッシュレス大国だ。ある調査によると、韓国のキャッシュレス決済比率は95・3%と世界トップで、中国83・8%、オーストラリア72・8%と続く。

韓国でキャッシュレス化が進んだ背景には、通貨が暴落した1997年のアジア通貨危機がある。政府が消費拡大や脱税防止などに向け、クレジットカード決済額が年収の4分の1を超えると所得控除を受けられるといった奨励策を展開してきたためだ。

一方、日本のキャッシュレス決済比率は32・5%とかなり低い。数週間前に訪れた長野県松本市では、現金オンリーの店が何軒もあり、韓国との差を実感した。

もちろん、日本は古くから地震などの災害対策として現金を大事に持つ文化があり、現金に関する信用度も比較的高いのだろう。現金主義は日本の文化の1つとも言え、決してキャッシュレス決済比率が高いことが全て良いとは思えない。

しかし、円安などの後押しもあり、都心だけでなく地方にも世界各国から観光客が多く訪れるなか、キャッシュレス決済が浸透していない日本の現状には正直、もったいないなと感じる。

世界ではキャッシュレスが主流になってきている。例えばデンマークの場合、デジタル化推進に伴いキャッシュレス国家を宣言し、スーパーマーケットや公共施設ではキャッシュレスしか扱わない場所も少なくない。中国では「アリペイ」などのモバイル決済サービスを幅広く導入している。

日本もキャッシュレス化を推進しているとはいえ、まだ現金が主流。そんな現状に驚いた外国人の友人もいて、訪日外国人客も時代遅れと感じていないといいのだけど。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)
・ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story