最新記事
ウクライナ戦争

やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

As Ukraine Gets F-16s, Russian Forces Plead For Shotguns

2024年5月12日(日)07時00分
ジーザス・メサ
ウクライナ軍のドローン

Dmytro Smolienko/Ukrinform/Sipa USA via Reuters Connect

<散弾銃はローテクな兵器だが、ドローンに対する効果的な対抗手段であることはロシア軍だけでなく米軍も認識している>

頭上を飛ぶウクライナ軍のドローンに気付き、ライフル銃で必死に撃ち落とそうとするロシア軍の兵士。ようやく弾を命中させることに成功し、ドローンは地面に墜落して爆発する──しかし運が悪いことにドローンが墜落した場所には、木の陰に身を隠すように地面に伏せていた味方の兵士がおり、この兵士はもろに爆発に巻き込まれてしまう。

■【動画】閲覧注意:撃ち落としたドローンが、なんと味方兵に直撃する衝撃の瞬間 「散弾銃ならこんなことには...」

こんなショッキングな映像がSNSで拡散されたのは今年4月のこと。ウクライナの戦場で大きな脅威となっているドローンだが、その対処の難しさが改めて浮き彫りになったのだった。動画を投稿した人物は、「ショットガンが最高の対処法だと改めて証明された。標的に達する前に、空中で爆発させられる可能性があるからだ」とのコメントを添えている。

戦乱が長引くウクライナは、近未来的な最新兵器からソ連時代以前の旧型兵器まで、あらゆる兵器が総動員される戦場となっている。ウクライナが米国から新たに提供される最新鋭の兵器が到着するのを心待ちにするなかで、ロシアとの「兵器庫」の劇的なコントラストが浮き彫りになっている。

ウクライナは、米国議会で可決された対外援助策の一環として、待ち望んだF-16戦闘機が到着するのを待ちわびているところだ。一方のロシアは、戦場で前進しているとはいえ、地上部隊は18世紀さながらの課題に取り組んでいる。

間近に迫ったウクライナへのF-16の納入は、3年目に入った戦争の流れを変え得るものとして歓迎されている。数週間以内の到着が予定されているこの最新戦闘機は、ウクライナの消耗した航空部隊を強化し、ロシア軍に対して大きなアドバンテージをもたらすと目されている。

ウクライナ軍で訓練中のあるパイロットは、F-16の重要性について強調し、こう述べている。「F-16は強力で万能な戦闘機であり、われわれが空を制するために必要な優位性を与えてくれる」

F-16到着前の今も「空からの脅威」に脆弱なロシア軍

とはいえロシア軍は、F-16がまだ到着していない現時点でも、別の「空からの脅威」に対してますます脆弱になっている。それはウクライナが何万機も使用している、安価かつ機敏なドローンだ。

ウクライナのデジタル相ミハイロ・フェードロフは最近、ドローンの戦略的使用について強調し、ロシア領土により深く入り込むため、さらに数千機を製造する計画を明らかにした。ウクライナのドローンは、しばしば爆発物を装備しており、最大約20キロの距離から攻撃できるため、ロシア軍を悩ませる脅威となっている。

ドローンの脅威があまりに深刻なため、一部のロシア兵士は、この現代的な問題に対して、昔ながらの解決策を必死に求めている。散弾銃だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、人身売買報告書でベトナム格上げ 懸念も指摘

ワールド

インド、10四半期ぶり経常黒字 1―3月期にサービ

ワールド

米国務長官、イスラエル国防相と会談 ガザ戦後計画を

ワールド

「ウィキリークス」アサンジ被告、米スパイ活動法違反
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中