最新記事
舞台

ビヨンセや「WAP」のMVを手掛けたスター振付師が『ウィズ』でブロードウェイに進出

Black Joy Takes Center Stage

2024年5月24日(金)18時16分
ナディラ・ゴフ
ミュージカル『ウィズ』ブロードウェイリバイバル公演の舞台写真

『ウィズ』 のリバイバル版がブロードウェイで開幕 JEREMY DANIEL-SLATE

<「マイケル・ジャクソンを超えようとすれば自滅するだけ」... 振付師ジャケル・ナイトが全員黒人キャストのミュージカル『ウィズ』で表現したものとは>

傑作ミュージカル『ウィズ』の新しいブロードウェイ公演がジャケル・ナイトの振り付けで制作されると発表されたとき、一部のネットコミュニティーが沸き立った。

1974年にブロードウェイで初演された『ウィズ』は、児童文学『オズの魔法使い』を原作に、設定を変更して全て黒人キャストで制作されたミュージカルだ。78年には、シドニー・ルメットが監督し、ダイアナ・ロスやマイケル・ジャクソンらが出演した映画版が公開された。

新しいミュージカル版が制作されるというニュースに、旧作を知るファンが盛り上がっただけではない。今日のポップスターや女性ラッパー、R&Bシンガーのファンたちの反響も大きかった。振付師のナイトは、数々の有名スターの印象深いダンスの振り付けを担当してきたのだ。

カーディ・Bとメーガン・ジー・スタリオンによるシングル「WAP」やビヨンセのシングル「シングル・レディース」のミュージックビデオ、ビヨンセが2018年に野外ロックフェスティバル「コーチェラ」で披露した公演にも参画している。

商業音楽界で屈指の売れっ子振付師が舞台へ進出することになったわけだが、古典的名作への敬意を払うことと、自分なりのひねりを加えることのバランスを取るのは、簡単ではなかっただろう。

今年4月、『ウィズ』のブロードウェイ公演が開幕するのを機に、スレート誌のナディラ・ゴフがナイトに話を聞いた。

◇ ◇ ◇

――今回、舞台の世界に挑戦しようと思った理由は?

舞台はずっと好きだった。商業音楽のジャンルは、舞台から着想を得て発展してきたと思っている。
それに、私は自分の振り付けを通じてストーリーを伝えたいと思ってきた。人物を表現することを大切にしてきた。今回の舞台は、その集大成だ。

――あなたは、18年のビヨンセの公演で振り付けを担当した。そのような作品を作ることと舞台制作の違いは?

少なくともビヨンセの公演の場合は、ミュージカルとあまり大きな違いがなかった。コンサートは音楽中心になることが多いけれど、私はいつもさまざまな種類のアートを交わらせようとしている。振り付け、ダンス、音楽、ストーリーテリング、そして自分の行動と言葉を理解することは全て、なんらかの形で一体を成すべきだと思っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中