最新記事
ウクライナ

ロシア軍の砲撃を受けたドニプロで「恐怖状態」の子犬を保護...胸が締め付けられる映像が拡散される

Dog's Reaction to Russian Shelling Breaks Hearts: 'So Terrible'

2024年3月3日(日)07時05分
カレダ・ラーマン
ロシア軍の砲撃を受けたドニプロ

ロシア軍の攻撃を受けたドニプロの街(2月23日) Mykola Synelnykov-Reuters

<ウクライナ内務省顧問が公開した動画には、砲撃のショックで怯え切ってぶるぶると震える子犬の痛ましい様子が映っている>

ウクライナ中部ドニプロで、ロシア軍による砲撃を受けた後、ショック状態で震えている犬の動画がSNSに投稿され、反響を呼んでいる。これはウクライナ内務省顧問アントン・ゲラシチェンコが2月25日にX(旧Twitter)に投稿したもの。怯え切った様子で激しく震える犬の様子を見た人々からは「つらい」「ケアが受けられることを願う」といった声が上がった。

■【動画】「胸が締め付けられる」 ロシア軍の砲撃を受けて「恐怖状態」の子犬...動画拡散で、怒りと同情が広がる

ゲラシチェンコは、「動物たちもこの戦争に苦しんでいる。この犬は、2月23日のドニプロでの恐ろしい夜の後、ショック状態にある。いま獣医がケアをしている」としている。彼はこれに先立ち、同日夜の砲撃で死傷者が出たと投稿し、ドニプロでは高層ビルなどが攻撃され、8人が負傷したと説明していた。

犬の動画が拡散されると、多くの人の同情を誘った。あるユーザーは、この光景は「とても恐ろしく、胸が締め付けられるよう」と述べ、別のユーザーは「この犬がトラウマから回復するために必要なケアとサポートが受けられることを願う」と投稿した。

「かわいそうなこの犬は、こんな目に遭うことを望んでいなかった......完治することを願っている。罪のない子犬がこのように苦しんでいるのを見るのはつらい」というコメントもある。

ウクライナの猫を保護して飼っているというユーザーは、「2年近くたった今でも、猫が恐怖を示すことがある。この犬が愛情ある人にもらわれることを願う」と述べた。

戦争による死者10万人超も領土の変化はほぼなし

ロシアがウクライナへの本格侵攻を開始してから24日で2年が経過した。この戦争による死者は10万人を超えたが、本誌が最近報じたように、2022年11月以降、領土の変化はほとんどない。

イタリアのジョルジャ・メローニ首相、ベルギーのアレクサンダー・デクロー首相、カナダのジャスティン・トルドー首相、欧州連合(EU)のウルズラ・フォンデアライエン欧州委員長は23日、連帯を示すためにキエフを訪問した。

主要7カ国(G7)首脳は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とのビデオ会議を行い、ウクライナへの支援を誓う声明を発表した。

「ウクライナへの揺るがぬ支援を再確認し、ウクライナの自由と民主主義の未来のためにたゆまず戦ってきたウクライナ国民の勇気と回復力に改めて敬意を表する」とG7首脳は声明で述べた。「彼らは2年間、国連憲章に明白に違反するロシアの違法で不当な、そしていわれのない全面的な侵攻に抵抗してきた」

さらに、「ウクライナはこの過酷な戦争から3年目に入ったが、同国の政府と国民は、必要な限りG7の支援を期待することができる」と表明した。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

欧州委、数日内にドイツを提訴へ ガス代金の賦課金巡

ワールド

日米との関係強化は「主権国家の選択」、フィリピンが

ビジネス

韓国ウォン上昇、当局者が過度な変動けん制

ビジネス

G7声明、日本の主張も踏まえ為替のコミット再確認=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中