最新記事

スポーツ

特殊戦司令部の制服脱いだミス・コリア、韓国代表でアジア大会の金目指す ところでカバディって何?

2023年9月24日(日)08時31分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
カバディ韓国代表ウ・ヒジュン

ミス・コリア、特殊戦司令部の将校という異色の経歴をもつカバディ韓国代表ウ・ヒジュン SBS News / YouTube

<ミス・コリアに輝いた美貌の持ち主がほれこんだカバディとは......>

中国・杭州で9月23日から始まったアジア競技大会は、来年のパリ・オリンピックの代表選考にも大きな役割を果たす大会として、参加各国の選手の熱戦が期待されている。

一方ではあまり知られてはいないもののアジアに根ざした競技として盛り上がりが期待される競技もある。その一つがインド発祥のスポーツ「カバディ」。今、韓国では2019年のミス・コリアで、その後韓国陸軍の特殊戦司令部(米軍のグリーンベレーに相当)に将校として服務していた異色の経歴をもつカバディ国家代表ウ・ヒジュン選手が注目を集めている。アジア経済、東亜日報など韓国メディアが報じた。

運命の出会い

身長173センチ、59キロで運動神経が抜群、しかも英語・中国語などの外国語にも長けている。そんな才色兼備を絵に書いたような存在が、韓国のカバディ女子国家代表ウ・ヒジュン選手だ。幼い頃に父親が運営していた道場でテコンドーを習ったのを皮切りに、小学校時代は陸上のハードル競技、中学・高校ではチアリーディングに熱中。高校では交換留学でアメリカに行き、チアリーディングの世界大会にも出場した。

高校卒業後は、大学の随時募集と韓国観光公社の入社試験に同時合格したウ・ヒジュンは、韓国観光公社史上初の高卒社員になる道を選択。ところが入社後6カ月で「もっと広い世界に会いたい」と辞表を提出して海外旅行にでかけた。その旅の途中で寄ったインドでカバディと運命的な出会いを果たした。

「インドの子供と道端にチョークで線を引いてコートにしてカバディをやってみました。この種目なら私が得意な瞬発力を生かして、国家代表にもなれる気がしました」と当時を振り返る。

ウ・ヒジュンが、国家代表になりたかったのは父ウ・ウォンジェのためだった。父は彼女が中学生になったころ、テコンドー道場をたたみ警察官として勤務していたが、ある日事件が起きた。

「父が性犯罪者に刃物で刺されて、へその上に長さ10cmぐらいの傷ができたんです。母は『安定している仕事を辞めて、こんな苦労するなんて』と言いましたが、父は『俺がこんなに熱心に国を守っているから、お前たち家族も安心していられるんだ』と答えました。その時から私も国のために役立つことをしたいという夢ができたんです」とウ・ヒジュンは語った。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、パキスタンにネット規制解除求める 選挙不正投稿

ワールド

原油先物は上昇、需給逼迫観測で

ワールド

韓国の研修医8000人以上が職場離脱 医療現場の混

ワールド

プーチン氏は「狂った野郎」、バイデン氏が資金集めイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 8

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中