最新記事

セレブ

やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

2023年2月3日(金)16時20分
佐川恵里子

オーディション番組の辛口審査員で知られるサイモン・コーウェル(63) YouTube/@drgarylinkov

<アンチエイジング、役作り、先天的な麻痺で整形手術に踏み切るなど理由は様々だが、エンタメ界で生きていくのは大変だ>

エンターテイメントの世界でトップの座を守り続けるには運、才能を磨く絶え間ない努力が必要だ。そしてもうひとつ忘れてはいけないのが、「見栄えの良さ」だ。

外見へのプレッシャーを感じるのは女性だけではない。名の知れた男性セレブも、美容施術を受けているとされる。術前後とされる姿を比べてみると、シワやたるみが解消された様子は、一目瞭然だろう。

【写真】美容整形を受けた男性セレブたち

●スティーブン・タイラー
伝説のバンド、エアロスミスのボーカリスト、スティーブン・タイラーも、過去に整形手術を受けたことを認めている。アメリカNBC制作の朝の情報番組『トゥデイ』(Today)に出演したタイラーはこう語った。「目を縫ってくれて、ちょっとした整形手術をしてくれて、歯を治してくれたんだ」

【写真】スティーブン・タイラー

●シルベスター・スタローン
スタローン自身の口から美容整形手術について深く語られたことはないものの、医療上の理由から顔の左側をリフトアップしたことは知られている。先天性のベル麻痺を持ち生まれてきた。

【写真】シルベスター・スタローン

●ジーン・シモンズ
今年73歳を迎える、KISSのジーン・シモンズはフェイスリフトなど、いくつかの整形手術を受けている。ただ、ジーンは自分が施術に踏み切ったからといって、他の人にオススメはしていない。シドニー・モーニング・ヘラルド紙とのインタビューで、彼はこう語っている。「自分がやったことを誰かに薦めることはない。僕がメニューから何かを注文したからといって、あなたがそうすべきとは限らない」

【写真】ジーン・シモンズ

●ミッキー・ローク
1980年代、映画『ダイナー』、『ランブルフィッシュ』、『ナインハーフ』などに出演し、ハリウッドで爆発的な人気を博したミッキー・ローク。1990年代には俳優業からボクシングに転向したせいで、何度も顔に怪我を負い、整形手術を受けた。2009年、英Daily Mail紙のインタビューで「整形手術のほとんどは、ボクシングで出来た顔の傷を治すためのものでしたが、医師の選択を間違ってしまった。私は鼻を2回骨折しています。鼻は5回、頬骨を潰したのを治すのに1回手術しました」

【写真】ミッキー・ローク

●クリスチャン・ベール
役作りのために美容整形をしたクリスチャン・ベール。2000年に公開されたホラー映画『アメリカン・サイコ』で殺人鬼役のパトリック・ベイトマンを演じるにあたり、役柄のナルシストなキャラクターにシンクロし、歯列矯正とホワイトニングをした。英ガーディアン紙で「私は昔の自分の歯が気に入っていました。棚に型取りした歯を飾っています。でも、パトリック・ベイトマンの場合は、他のキャラクターよりも肉体的な部分が重要になります。彼は信じられないほどナルシストなんだけど、一方自分の鏡に映る姿を見て、違和感を覚えました。自分の歯は好きだけど、治療を拒否してこの映画全体を台無しにすることはないと思ったんです」。

【写真】クリスチャン・ベール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中