最新記事

カタールW杯

サッカー強豪国になったオーストラリア、牽引するのは難民とその2世たち

The Game Changers

2022年12月7日(水)13時48分
マシュー・ホール(ジャーナリスト)

オーストラリア代表のキアヌ・バッカスも南スーダン難民出身 Bernadett Szabo-REUTERS

<「白豪主義」が撤廃されて50年あまりだが、今も難民に寛容とは言えない豪州。特にアフリカ系難民への風当たりが強い中、代表チームに元難民が4人もいるという皮肉>

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で、アジア勢で真っ先に16強入りを決めたオーストラリア。

かつて「白豪主義」を公然と掲げ、移民や難民の受け入れを大幅に制限してきたオーストラリアだが、カタール大会代表チームには元難民が4人いる。実際、歴代の代表チームの顔触れは、この国の移民政策の変遷を物語っている。

1960~70年代のオーストラリア代表チームは、ヨーロッパからの移民1世の選手が大多数を占めた。74年の西ドイツ大会に出場した代表チームは、イングランド、スコットランド、ドイツ、そしてユーゴスラビアからの移民が中心で、オーストラリア生まれの選手は少数派だった。

初めてW杯の決勝トーナメントに進んだ2006年の「黄金世代」で外国生まれの選手はニュージーランド出身のアーチー・トンプソンだけになったが、文化的には多様性が高かった。

今回の代表チームも豊かな多様性を持つ。ミロシュ・デゲネクは、1994年にクロアチアに生まれたが、ユーゴスラビア紛争の混乱を逃れて、6歳のときオーストラリアに難民として受け入れられた。

アフリカ生まれの選手も4人いて、うち3人が元難民だ。

アワー・マビルは、スーダン内戦を逃れてケニアの難民キャンプで暮らしていた両親の間に生まれた。家族と共にオーストラリアに受け入れられたのは10歳のときだ。

今年6月にオーストラリア代表チームがカタール大会の出場権を得たとき、マビルはオーストラリアが自分と家族に「一生もののチャンス」を与えてくれたと語っている。

トーマス・デンも、やはりケニアでスーダン難民の両親の間に生まれ、03年にオーストラリアに受け入れられた。

フォワードのガラン・クオルは、04年にエジプトで南スーダン人の両親の元に生まれ、6歳のときオーストラリアにやって来た。今回のカタール大会初戦、オーストラリアはフランスに惨敗したが、クオルは終了間際に投入され、オーストラリア史上最年少のW杯出場選手となった。

「白いオーストラリア」

移民や難民にとってサッカーは常に身近な存在であり、その子供や孫たちも、オーストラリアで伝統的に人気の高いラグビーやクリケットではなく、サッカーをやることが多い。このためサッカーの代表チームのほうが、ラグビーやクリケットのチームよりも、現在のオーストラリアの多様性を反映しているとたたえられることも少なくない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ロシア攻勢、ハリコフとザポロジエも標的に=ウクライ

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月