最新記事

持続可能な社会の実現を目指す、ブラザーグループの取り組み

PR

2017年9月20日(水)16時30分


先進の環境技術がさまざまな問題を解決へ導く


 

欧米で圧倒的な知名度を誇るプリンターや複合機、工作機械など、幅広い製品を製造しているブラザーグループ。それだけに、環境問題を回避・緩和するための先進的な環境技術を、これまでにさまざま形で実用化してきた歴史を持つ。

1992年にブラザーが独自に開発し量産化に成功した、工業用ミシンにおけるダイレクトドライブもそのひとつ。従来の工業用ミシンは、ミシンを駆動するモーターを本体と離して取り付けていたが、離れていることで大きなエネルギーロスを発生させていた。これを解決するために考えたのが、本体にモーターを内蔵するダイレクトドライブと名付けた方式だった。モーターが駆動することで発生する発熱や音、振動といった課題を、本体側とモーター側の双方の技術者による共同開発で解決へと導いた。

CSR &コミュニケーション部 コミュニケーショングループ ブランド推進チーム シニア・チーム・マネジャー岩田俊夫氏

「ダイレクトドライブは、工業用ミシンの標準になっているほど業界全体にまで普及。ミシンからスタートしたブラザーグループにとって、業界の先駆者として新しい技術を広めることができたのは、とても誇りに思います」と、岩田氏がこれまでを振り返った。

プリンターの待機電力ゼロを実現した「グリーンスタンバイ」

プリンターの待機電力ゼロを実現した「グリーンスタンバイ」

他にも、プリンターの待機電力をゼロにするグリーンスタンバイや、外装に塗装を行わないことで大気汚染物質(VOC)を削減する塗装レス、プリンター内部で発生した熱を効率的に外へ逃して適温をキープするエアフローなど、省エネルギーや環境保護、温暖化対策に役立つ技術を数多く開発してきた。

電力を再利用する電源回生技術を採用した工作機械「SPEEDIO」

電力を再利用する電源回生技術を採用した工作機械「SPEEDIO」

また、あまり知られていないブラザーグループの環境技術としては、工作機械における電源回生技術が挙げられる。これはモーターの回転などで発生する電力を回収して再利用するというもの。効率を追求した主軸モーターや省エネポンプなどを採用したことで、約20%の省電力化に成功している。

現在、環境問題に対するアクションプランとしては「ブラザーグループ中期環境行動計画2018」がある。主な3つの方針は、1 環境配慮製品の創出、2 排出されるCO2の削減、3 環境法規制への対応。これらに生物多様性の保全や環境ブランドイメージを高める活動を加えて、2018年の目標として設定している。すでに一部は前倒しで実現するなど、環境問題におけるブラザーグループの信頼はますます高まっている。

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月