最新記事

ダンスで衰え知らずの脳に 運動で海馬が増大──ドイツの研究結果

2017年9月14日(木)18時10分
松丸さとみ

Wavebreakmedia-iStock

ダンスVS持久力運動、より効果的なのはどっち?

脳を衰えさせない活動、というと、計算やクイズなどを想像するが、脳の若さを保つのにダンスが非常に効果的ということが、学術専門誌『フロンディアーズ・イン・ヒューマン・ニューロサイエンス』にこのほど発表された研究で明らかになった。

研究を行ったのは、ドイツ神経変性疾患センターのカトリン・レーフェルト博士率いるチーム。「老化に伴う記憶や身体能力の低下を緩めたり、逆に改善したりするのに身体的なエクササイズが有効」とするレーフェルト博士は、エクササイズの種類や内容によって効果に違いがあるのか、に注目した。

そこで、2種類のエクササイズで実験を行うことにした。1つはダンス。そしてもう1つは、サイクリングやウォーキングなど持久力を必要とする運動だ。平均年齢68歳のボランティアをダンスのグループ(14人)と持久力の運動のグループ(12人)という2つに分け、それぞれクラスを1年半にわたって毎週受けてもらった。

運動で海馬が増大、ダンスは平衡能力も改善

2つのグループで違いを明確にするために、ダンスのグループは参加者にとって常に「チャレンジ」となるようにした。ダンスの種類は、ジャズダンス、スクエアダンス、ラテンダンス、ラインダンスと豊富にし、ステップやフォーメーション、スピードやリズムは2週間に1度、新しいものにした。振り付けをタイミングよく思い出さなければならない、というプレッシャーの中、インストラクターからヒントをもらわずに踊る、という点がダンス・グループにとって最も難しい点となったようだ。

1年半のレッスンの後、参加者の海馬について調べた。海馬は、記憶や学習を司る脳の部分で、年齢とともに萎縮し、アルツハイマー病からの影響を受ける部分でもある。また実験では、怪我の防止につながる平衡感覚についても検証した。

1年半のエクササイズを通じて、どちらのグループも海馬が増大した。ただし、平衡感覚の能力については、ダンスのグループのみで改善が見られたという。レーフェルト博士は、ダンスのグループが経験した、限られた時間内に振り付けを思い出さなければいけないという状況が、平衡感覚の能力向上に寄与したのではないか、と話している。

アンチエイジ・プログラムに活用

科学系の米ニュースサイト「サイエンス・デイリー」によると、レーフェルト博士は今回の実験から得たデータを参考に、脳の老化と戦う新たなフィットネス・プログラムを開発する意向だ。「Jamming(ジャミン、音楽の即興演奏)」と「gymnastic(ジムナスティック、体操)」を組み合わせた造語「Jymmin(ジミン)」という名の、体の動きから音(メロディやリズム)を奏でるシステムを評価しているところだという。

レーフェルト博士は「自立して健康的な生活をできるだけ長く送りたいと誰もが思うもの。運動は、リスク要素に対抗したり老化による衰えを遅めたりして、こうした自立した健康的な生き方に寄与するライフスタイル要素の1つ。ダンスは特に高齢者にとって、心と体に新たな課題を設けるのに強力なツールだと思う」と述べている。

自分の好きな音楽に合わせて踊るなら、気持ちまでハッピーになれそうだ。週1度で効果が出るようなので、スポーツジムのプログラムや習い事、サークルなど、無理せずに続けられる。さあ、踊りに行こう!

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月