最新記事

イスラム教

イスラム女性に性の指南書

Sex Manual For Muslims

2017年8月30日(水)16時30分
ライアン・ボート

この本が目指すのは夫婦が力を合わせて実現する豊かな性生活 Alessandro Zunino-Moment/GETTY IMAGES

<イスラム教徒の女性向けの、セックスをめぐる意識改革を目指す本が話題に>

イスラム教においては、寝室での大胆な振る舞いは必ずしも奨励されていない。特に女性にとってはそうだ。イスラム文化では、女性はセックスに罪悪感を覚えることや性に対して受け身の態度を取ることが求められる。その結果、男性中心のセックスになり、夫婦が互いに性的な喜びを与え合う関係を構築できないことも珍しくない。

『イスラム教徒の性のマニュアル──イスラムの教えに基づく、めくるめくセックスへの手引』は、アメリカ生まれのイスラム教徒女性がそんな性に対する意識を改革することを目指して書いた本だ。行為中にどんなことを言えばいいかや性器の衛生の保ち方など、イスラム教徒の夫婦が健康で豊かな性的関係を築くための多様なアドバイスが盛り込まれている。

著者のウム・ムラダート(身元を隠すためペンネームを使用)は英ガーディアン紙の取材に対し、「私はセックスの相手を配偶者に限ること、そして配偶者を相手にあらゆる性的経験をしてみることの重要性を説いた」と述べている。「イスラム教では婚姻の枠内で肉体関係を楽しむことも大切とされている。夫から性的な満足を与えられることは妻の権利だ」

【参考記事】性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

結婚後間もない友人から性生活の悩みを聞いたことが執筆のきっかけになったと、ムラダートは自らのウェブサイトで語っている。「彼女は体がどうなるかという構造は分かっていたけれど、ベッドの中で夫に大事にしてもらうすべは知らなかった。夫がどうすると喜ぶかも知らなかった。自分がどうされるとうれしいかさえも!」

そこでムラダートはこの友人に充実した性生活を送る方法を指南することにした。「口頭で教えたことをワード文書に書き起こして電子メールで彼女に送った」ところ、文書は友人のそのまた友人たちへと拡散。やがて「このテーマで本を書いてほしいという人々の声が漏れ伝わってきた」という。

7月上旬の出版以来、複数のイスラム教徒女性団体から称賛の声が上がっているほか、イスラム教徒男性の関心も集まっている。「妻をベッドで喜ばせる方法について指南書を書く予定はないかと問い合わせる男性からの電子メール」が著者の元には何十通も届いているそうだ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

[2017年8月29日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

日産全6工場で国内向け出荷停止、国の指摘後も無資格

ビジネス

米失業保険申請が44年ぶりの低水準、労働市場回復示

ビジネス

焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家

ビジネス

三井生命、オープン外債1000億円以上増加=17年

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月