最新記事

科学

性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

2017年5月2日(火)11時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

JLGutierrez-iStock.

<検索エンジンに打ち込まれた性的な語句のリストを見るだけでも、人の性嗜好がいかに多種多様かわかる。インターネットを情報源にした、ボストン大学の認知神経科学者2人による性的欲望の研究より>

性的欲望を生み出す脳のソフトウエアはどんなしくみになっているのか? そんな疑問を抱いたボストン大学の認知神経科学者、オギ・オーガスとサイ・ガダムは、インターネットを情報源に使って「世界最大の実験」を行い、1冊の本を世に送り出した。『性欲の科学――なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(坂東智子訳、CCCメディアハウス)だ。

4億の検索ワード、65万人の検索履歴、数十万の官能小説、数千のロマンス小説、4万のアダルトサイト、500万件のセフレ募集投稿、数千のネット掲示板投稿――これらをデータマイニングにより分析した彼らは、読み物としても濃密な1冊に仕上げている。

ここでは本書の「第1章 大まじめにオンラインポルノを研究する――性科学と『セクシュアル・キュー』」から一部を抜粋し、3回に分けて転載する。この第2回では、第1回「性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だらけ」の続きを。

◇ ◇ ◇

まさに、ネットはポルノのためにある

 社会心理学の世界では、1960年代から70年代にかけて、ちょっと無茶で大胆な実験が盛んに行われた。そのころの実験は、アメリカのケーブルテレビ、MTVのドッキリ番組『ジャッカス』のいたずらに近いものが多い。1971年の「スタンフォード監獄実験」では、被験者を囚人役と看守役に分け、大学の地下に作った模造監獄で生活させた。その結果、看守役はすっかり役になりきって囚人役を虐待し、囚人役たちが暴動を起こした。60年代の「ミルグラム実験」では、被験者たちに、教師役として生徒役に電気ショックを与えさせ、しかも、与えるたびに電圧を上げさせ、最終的には死の危険があるレベルまで上げさせた。1973年には、スワースモア大学の心理学者ケネス・ガーゲンが、今だったら倫理団体に非難されることうけあいの実験を行った。彼の実験は、「人は、覆面性がきわめて高い状況に置かれたら、何をやるか?」を知るためのものだった。

 実験の日、若い男女5人ずつの総勢10人の被験者が、1人ずつ小部屋に入れられた。被験者たちはお互いの素性をまったく知らず、実験の日も、部屋に入るまで1人ずつ隔離されていた。彼らは部屋に入ると、各自やりたいことをやって時を過ごした。そして実験の時間が終わると、1人ずつ部屋を出て行った。この実験を非常に興味深いものにしているのは、彼らが過ごした部屋だ。その部屋は真っ暗だったのだ。

 被験者たちには、お互いの顔が見えなかった。彼らはもともとお互いを知らなかったし、実験後もお互いの素性はわからないままだと思っていた。要するに、彼らは完全な覆面のまま、一緒の時を過ごしたのだ。ではそうした状況で、彼らは何をやったのだろうか? まずは話をした。しかし会話はすぐに途切れた。次に、触れ合いが始まった。被験者の90%近くがまわりのだれかに故意に触れ、半数以上が、まわりのだれかを抱き締めた。被験者の3分の1はキスもした。男性の被験者の1人は5人の女性にキスをした。彼はこう語っている。「座っていたら、ベスがやって来て、2人でお互いの顔を触り始めた。それからお互いの体を触った。そして抱き合ってキスをした。そうやって、お互いに愛する気持ちを表現したんだよ。僕らはその気持ちをほかの人にもお裾分けすることにした。だからベスが僕から離れ、ローリーと入れ替わった」。素性がバレることがなかったので、被験者たちは自分の性的欲望を自由に表現した。男性の被験者の1人は、お金を払ってでももう一度部屋に入りたいと、ガーゲンに申し出たという。男女とも、被験者の80%が性的興奮を覚えたと語っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

仏大統領、24年ぶりドイツ国賓訪問 「欧州は重要な

ワールド

バングラとインドにサイクロン上陸、数百万人に停電被

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中