最新記事

キャリア

1900円のシャツと8900円のシャツは何が違うのか?

2017年7月28日(金)16時59分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Dutko-iStock.

<会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術。安いスーツと高いスーツ、安いシャツと高いシャツの違いについて>

スーツはおしゃれの道具ではなく、ビジネスツール。どんなに流行っていようと、どんなに似合っていようと、ビジネスシーンにふさわしい格好でなければNGだと、イメージコンサルタントの石徹白未亜氏は言う。だが現実には、残念なスーツ姿の男性が珍しくない。

そこで、石徹白氏は『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。――会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』(CCCメディアハウス)を出版。紳士服売り場でやってはいけない買い方から、値段以上の価値のあるスーツの選び方まで、軽妙なタッチでビジネスファッションのルールを解説した。

本書から一部を抜粋し、3回に分けて転載するシリーズ。第3回となる今回は、「黒いスーツがダメな理由」「ビジネスシーンに乳首はいらない」「バックルがGのベルトをしていないか」「2色以上のスーツを同時に探してはいけない」「素人の女とスーツを買いに行ってはいけない」......などと(時に過激な見出しで)実践的な内容が並ぶ後半から。

安いスーツと高いスーツ、安いシャツと高いシャツの違いについて。

※第1回:スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用されない
※第2回:オーダースーツを作る前に、体臭・口臭をなんとかしてください

◇ ◇ ◇

1万9800円と5万9800円のスーツは何が違うのか?

 安いスーツと高いスーツは何が違うのか。よく聞かれる質問ですが、答えは「着りゃわかる」です。

 具体的には生地の原価と工程(手間)です。まず、生地の原価ですが、1万9800円のスーツはたいていポリエステルとウールの混合でしょう。ウールは価格が高騰しています。ポリエステルはユニクロのフリースでも使われる丈夫な繊維で、悪い繊維ではありませんが、風合いはウールに若干劣ります。高価格帯のスーツは多くがウール100%です。

 生地のブランドは大きくイタリア系とイギリス系に分けられ、イタリア系はわかりやすく「艶感」「華やかさ」があるものが多いです。よって高級感は出やすいですが、LEON的な、ちょい悪オヤジ的な、イキりがちな印象にもなりがちです。イギリス系は艶感がなくイタリア系と比較すると「質実剛健」「地味」な印象を受けますが、ビジネスシーンではこのくらい抑制があるほうが間違えません。

 次に工程です。たとえばスーツのジャケットの中には芯地と呼ばれる固い素材が入っていますが、値段によってその品質やつけ方が変わります。高いスーツは平たい生地に立体感を出すためのアイロンワークも惜しみません。

 などとお伝えしてきましたが、結局最初に挙げた「着りゃわかる」です。男性にありがちな傾向ですが、「スペック」「ブランド」「機能」「うんちく」「論拠」などのデータにはものすごくこだわるわりに、肝心の「実際着たらどうなるのか」が数キロ先に置き去りになっている人、相当数いますよ。袖を通せばすぐわかることなのだから、着ましょう。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、さえない株価や米長期金利

ワールド

EU、イラン核合意を改めて支持 米議会に制裁再発動

ビジネス

情報BOX:第2回日米経済対話、共同声明の要旨

ビジネス

前場の日経平均は11日続伸、米株高受け連日の高値更

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 8

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 9

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月