最新記事

スマホと脳

スマホの存在で能力低下 能力発揮したければスマホは別部屋へ

2017年6月26日(月)16時45分
松丸さとみ

mihailomilovanovic-iStock

スマートフォン(スマホ)がすぐ近くにあるのとないのとでは、タスクを遂行する能力に違いが出ることが分かった。 

スマホで認知能力低下

スマホは、私たちの生活を変えた。当然ながら、「便利に」変えたわけだが、「デジタル認知症」と呼ばれる症状が生まれるなど、便利さの陰で私たちの認知能力はネガティブな影響も受けている。

テキサス大学の研究チームがこのほど、スマホと脳の関係を調査したところ、スマホが近くにあるだけでタスクを遂行する能力が低下するという、驚きの結果が明らかになった。サイエンス・デイリーが伝えた。

調査したのは、テキサス大学オースティン校にあるマコームズ・スクール・オブ・ビジネスのエイドリアン・ワード准教授のチーム。800人近いスマホ・ユーザーを対象に、スマホがそばにある時のタスク遂行能力を測定する実験を行った。この類としては初めてとなる今回の実験では、たとえ使用していなくても「そこにスマホがある」というだけで、スマホがどれほどユーザーに影響を与えるかに注目した。

【参考記事】iPhoneユーザーは、Androidユーザーとはデートしない?

「スマホを気にしない」無意識の努力が能力を低下

まず1つ目の実験では、参加者にパソコンで一連のテストを受けてもらった。テストは、いい点数を取るには意識を完全に集中しなければならない難易度で、参加者がどれだけ認知能力(データを処理する能力)を発揮できるかを測定するものだ。

テスト開始に先立ち、参加者は全員、スマホの電源をオフにするよう指示された上で、スマホを「伏せてデスクの上に置く」か、「ポケットにしまう」か、「自分のカバンしまう」か、「別の部屋に置く」かのいずれかをするよう無作為に指示された。

テストの結果、最も成績が良かったのは、スマホを別の部屋に置くように指示された参加者たちだった。若干の差で、スマホをポケットやカバンにしまうよう指示された人たちが続き、デスクに置くように指示された人たちの成績は著しく悪かった。

ワード准教授は、「スマホの存在が目につけばつくほど、認知能力が発揮できなくなった」と語り、「(テストを受けた人たちは)スマホのことを意識的に考えているわけではないが、『あることについて考えない』というプロセスが、限定的な認知能力のリソースの一部を使いきってしまう。能力の流出だ」と説明した。つまり、スマホに意識を向けないようにしよう、という無意識の努力の方に、限りある能力が無駄に使われてしまっているのだ。

スマホ依存者が能力低下を防ぐには

別の実験では、スマホ依存がどれほど認知能力に影響するかを調べた。前の実験同様に参加者はパソコンで一連のテストを受けるのだが、今回は参加者に対しスマホを「画面を上にしてデスク上で目につくところに置く」、「ポケットにしまう」、「カバンにしまう」、「別の部屋に置く」のいずれかをするよう無作為に指示した。ただし電源については、一部の参加者のみがオフにするよう求められた。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、南米諸国に北朝鮮との関係断絶を要

ビジネス

NAFTA再交渉開始、米国「微修正では済まない」と

ビジネス

英EU離脱、大半企業は現時点で戦略変更なし=調査

ビジネス

貿易収支、7月は4188億円の黒字 米向け自動車輸

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    韓国の文大統領、北朝鮮と米国の対立緊迫化で外交に…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月