最新記事

デザイン

その名は「JR」、ニューヨークを巧みに表現した驚きの手法

2017年6月19日(月)12時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

『Pen Books 名作の100年 グラフィックの天才たち。』より。JRはこのプロジェクトのため、1年以内に移民してきた16人をストリートで撮影したという。ニューヨーク・タイムズ・マガジンのオンライン版では撮影の過程を視聴できる

<グラフィック・デザインの新時代を切り開く1人、JR。彼は無名の移民を撮影し、巨大な写真を雑誌の表紙にした>

今日、社会・経済のあらゆる面において、デザインの重要性が増している。グラフィック・デザインにどのような力があるのか、知っておいて損はない。

Pen BOOKS 名作の100年 グラフィックの天才たち。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)では、20世紀の巨匠10人を紹介。歴史を振り返ることでグラフィックに対する理解を深められる。

本書ではさらに、現在活躍中のクリエイターたちにも光を当てている。その1人がJRだ。日本人なら「JR」と聞いて鉄道会社が思い浮かんでしまうかもしれないが、こちらのJRは世界的に注目を集めるストリートアーティストである。

ほかにも、原 研哉氏の「グラフィック論」や、大阪芸術大学・三木 健教授の人気講座"APPLE"などを取り上げた本書から、一部を抜粋し、4回に分けて転載する本シリーズ。第4回は「新時代のグラフィックを切り開く、21世紀のクリエイターたち。」より、JRの手によるニューヨーク・タイムズ・マガジンのプロジェクトを紹介する。

※第1回:この赤い丸がグラフィック・デザインの力、と原研哉は言う
※第2回:「絵文字」を発明したのは、デザイナーでなく哲学者だった
※第3回:戦後日本のグラフィック・デザインをつくった男、亀倉雄策

◇ ◇ ◇

 

JR
アーティスト
パリのメトロでカメラを拾ってから、写真を使ったグラフィティアートの制作をスタート 。モノクロの巨大なポートレートを建築物の壁などに貼るという形式で有名になり、いまでは世界各国に活動の場を広げている。

NYの街を巧みに表現した、驚きの手法。

 およそ310万人の移民が住んでいるニューヨーク。その中のひとり、アゼルバイジャン出身のエルマー・アリエヴは幸運なことにグリーンカードが当選して、この街へやってきた。ブルックリンのレストランでウェイターをしている20歳の青年がアーティストのJRに出会ったのは2015年春のこと。その後まもなく、彼が雑誌『ニューヨークタイムズマガジン』の表紙になるとは思ってもみなかったことだろう。

"Walking New York"号(2015年4月発行)に関わったアソシエート・フォトエディターのクリスティン・ウォルシュは、「彼はその頃、移民に関するプロジェクトを手がけていたので、『最近ニューヨークに移民してきた人の写真を、巨大にプリントして繁華街の地面に貼り、上空から撮影したらどうか?』というアイデアが出てきました」と言う。

 その後、チームは地上と上空の両方から15カ所にも及ぶロケーションハンティングを行い、23丁目と5番街の交差点付近にあるフラットアイアンプラザで撮影を敢行。

「写真のシェイプがぴったりとはまる地形であること、そしてヘリコプターで真上から撮影できることなどが決め手となりました。加えてイエローキャブや横断歩道、自転車用レーンなどの配置がニューヨークらしさを表しているのも理由です」

 作品は全長約46m。62のパーツに分かれた写真は、まるで巨大パズルをつくるような手順で早朝4時から設置が開始され、約3時間半後に完成した。

ニュース速報

ワールド

米共和党、利払い控除廃止案の修正を検討 小規模企業

ワールド

原油先物は下落、供給過剰や低水準の投資巡る懸念で

ビジネス

焦点:政府内で人づくり予算大幅増求める声、脱デフレ

ビジネス

アングル:通貨介入で膨れたスイスの外貨準備、いつ縮

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月