最新記事

訴訟

「マーガリンじゃなくバターを使え」ダンキンドーナツを訴えた男

2017年4月7日(金)17時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部 

New_Folder-iStock.

<25セント払ってバターを塗ってもらっていたはずなのに、実際はマーガリンだった。トランス脂肪酸が規制されているアメリカで、そんな訴訟を起こした人物がいる。結審はまだだが、提出された示談条件も驚きだ>

アメリカと言えば、時々びっくりするようなことが裁判沙汰になる「訴訟大国」。そのアメリカで、今度は25セントの商品をめぐって訴訟が起きた。

ファストフードチェーンの「ダンキンドーナツ」に通ってベーグルを買っていた男性が25セントを追加注文して「バター」を塗ってもらっていたところ、実際に塗られていたのは「マーガリン」だったとして訴訟を起こしたのだ。

訴えたのは、マサチューセッツ州に住むジョン・ポラニック。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ポラニックは2012年6月~2016年6月の4年間、「バター」と表示された商品を買っていたら「マーガリン、もしくはバターの代用品」を塗られていたと、マサチューセッツ州のダンキンドーナツ23店舗のオーナーを相手取って訴訟を起こした。

裁判が最終的に結審するには数カ月かかるとみられるが、今週マサチューセッツ州の地方裁判所に提出された条件で示談が成立すれば、マサチューセッツ州内のダンキンドーナツ23店舗は、限定1400人を対象に(本物の)バター入りのマフィン、ベーグルなどの商品を3つまで無料で提供しなければならない。その際、客は過去のレシートを提示する必要はない。

これらの店舗は以後1年間マーガリンやバターの代用品を使用できなくなり、1年経ってバター以外のものを使用する際には代用品を使っていると明示する必要がある。集団訴訟を起こしたポラニックが代表者として受け取る額は500ドル、代理人である弁護士は9万ドルが見込まれている。

ポラニックの代理人はニューヨーク・タイムズに対し、提訴した動機を「ダンキンドーナツが人々を騙しているという状況を変えること」と語っているが、ダンキンドーナツ側にも言い分があるようだ。

訴訟に対して、ダンキンドーナツは「マサチューセッツ州内のダンキンドーナツの大半では、容器に入ったホイップ状のバターと、バターの代用品として植物性油脂で出来たスプレッドを扱っている」と声明を発表した。2013年には、ダンキンドーナツはボストングローブ紙の取材に対し、ベーグルなどのサイド商品として注文された場合は容器入りのホイップバターを提供し、店側が塗る場合は植物性油脂のスプレッドを使うことを推奨していると話していた。「バターをその場ですぐに塗るには室温にしておく必要があるが、食品衛生上、バターを室温で管理することはできないから」だという。

「バター」と表示してマーガリンを使ったら、「食品偽装」なのか。

ポラニックが訴訟を起こした真意は不明だが(代理人は「多くの理由で彼はバターを好んだ」と語った)、客の中にマーガリンを好まない人がいたとしても不思議ではない。

2015年には米食品医薬品局(FDA)が、一部のマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は心臓疾患のリスクを高めるとして、トランス脂肪酸の原因となる油の使用を禁止すると発表した。逆に、動物性の食物をとらないベジタリアンは、バターではなくマーガリンと表示されているほうが有難いだろう。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月