最新記事

日中関係

習近平が言及、江戸時代の日本に影響を与えたこの中国人は誰?

2017年3月15日(水)16時07分
舛友雄大(アジア・ウォッチャー)

Public Domain

<2015年の習近平国家主席のスピーチをきっかけに、日中両国に突如到来した「隠元ブーム」。隠元隆琦(上)とは果たして何者か>

突然ですが、ひとつクイズを。明朝体、煎茶道、木魚と聞いて連想する歴史上の人物は誰か。

答えは隠元隆琦(いんげんりゅうき)。これらの文化を江戸日本に伝えた功績をもつ。だが、この人物を知っている人はほとんどいないのではないか。筆者もつい3ヶ月前に知人に教えてもらったばかりだ。 清朝初期に訪日したこの僧師が、ゆかりの地である中国の福建や日本の長崎で話題になっている。

きっかけは2015年5月の習近平国家主席の演説だった。北京の人民大会堂で、3000人からなる日本人訪中団を前にこう語った。

「日本にいる間、隠元大師は仏学の教義を伝えたのみならず、先進文化と科学技術を持ち込み、江戸時代の経済社会の発展に重大な影響を与えました」

1985年にアモイ副市長就任、その後福建省長を務めるなど、習近平氏は20年近く福建でキャリアを磨いた。この時期に、隠元僧師の偉業に興味をもつようになったようだ。隠元ゆかりの萬福寺(福清)を少なくとも3度は訪ねたほどの熱のいれようだ。習近平氏は臨済宗発祥の地、河北省正定県で働いていたことがあり、それが最初のきっかけだったのでは、という見方がある。

隠元隆琦は1592年に現在の福建省福清市で生まれた。6歳の時に父が行方不明となり、成人後は父を捜して江西や江蘇、浙江を渡り歩き、たどり着いた普陀山で仏門に入る決心を固めた。1620年に故郷に戻ると、福清黄檗山禅寺で出家し、その後黄檗山萬福寺で住職となり、寺の再建を進めた。

日本へ出発したのは1654年5月。周囲の反対を押し切り、63歳の隠元は約20人の弟子を連れ泉州から長崎へ約1ヶ月半の船旅にでた。隠元の日本滞在はもともと3年の予定だったが、当時の将軍や天皇の帰依のもと日本に住み着き、1659年には京都の宇治で黄檗山萬福寺を模した萬福寺を建立した。1673年、後水尾上皇が「大光普照国師」の号を授けた翌日、隠元は逝去した。

masutomo170315-2.jpg

宇治の黄檗山萬福寺(筆者撮影)

上述の習スピーチの直前、地元・福清の出身で不動産会社を運営する林文清氏が、隠元の精神を広げるため黄檗文化促進会を発足させた。昨年9月には、同じく福清出身でガラス会社トップの曹徳旺氏が中国最大手の不動産会社「万科」の王石・会長の誘いに応じて、黄檗山再建のために2億5000万元(約41億円)――日本の寺院関係者にとっては喉から手が出るような金額――の寄付を決めた。3年後に再建される予定となっている。

【参考記事】沖縄の護国神社(1)

ニュース速報

ワールド

米南軍モニュメント、国民の過半数が存続支持=ロイタ

ビジネス

香港勢がロンドン商業不動産に積極投資、政治的理由な

ワールド

米韓合同演習始まる、北朝鮮「核戦争への準備」

ビジネス

正午のドル/円底堅い、国内勢の買いが支え リスク警

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!---…

  • 6

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 10

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月