最新記事

フォトコンテスト

国連「持続可能な開発目標」を自分ごとに意識させる写真

2016年11月3日(木)07時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

大賞「消費者の目」ニコラス・モンテベルデ=ブスマンテ(ペルー)――カヤオ港近くの海洋生物保護区でタイヤを撤去するボランティア(リマ/ペルー)

 ニューヨークの国連本部で昨年9月、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)が採択された。国連が掲げる目標、しかも「持続可能な開発」などと聞くと、壮大で縁遠いイメージを抱くかもしれない。だが本来は、国連加盟各国の政府だけでなく、地球に住む一人ひとりに関わる問題のはずである。

 貧困や不平等、気候変動など17の項目に分け、それぞれ目標を定めたこのSDGsを周知するため、国連広報センターと上智大学の主催で行われた「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」学生フォトコンテストの結果発表が、10月24日に東京で行われた。

 大賞には、ペルーの大学生ニコラス・モンテベルデ=ブスタマンテの「消費者の目」が選ばれた。作品は、同国カヤオ港の海洋生物保護区で「共に浜のために(Juntos por la playa)」という活動に参加するボランティアの姿を切り取ったもの。モンテベルデは「私たちの中毒的なまでの消費と廃棄の繰り返しが土壌、海、そして私たち自身を汚染している。海をより良い場所にできるかは、私たち次第だ」と語る。

 コンテストには、世界47カ国から622点の作品が応募された。国連が掲げる目標と聞くと他人事のように感じがちだが、身近な場面とSDGsとを写真を使って結びつけることで、地球規模の課題を「自分ごと」として意識することに成功している作品も多く見られる。

【参考記事】地球の温度、過去12万年で最高──将来世代の負担増

SDGs161103-2.jpg

優秀賞「洪水被害者の支援」 ヒルミ・ハリズ・ビン・マハボド(マレーシア)――洪水救済センターで被災者への支援物資を仕分ける支援者たち(クランタン州/マレーシア)

SDGs161103-3.jpg

入賞「小さな命」今井香琳(日本)――旅先で見つけた小さな草(日本)――普段気づかないことに気づくということがSDGs実現への一歩ではないか

SDGs161103-4.jpg

入賞「地域社会の強さ」ジェシカ・アルメイダ(メキシコ)――地域のリーダーとして、平等と正義で社会に変革をもたらす2人の女性(コレゴドサル/ブラジル)

ニュース速報

ビジネス

英中銀、「成長とインフレ」のトレードオフに依然直面

ビジネス

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し

ビジネス

英利上げに賛成票を投じる準備できていない=ラムスデ

ビジネス

英利上げ、近いうちに賛成票を投じる準備できていない

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 8

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 9

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 10

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 6

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月