最新記事

ニュースデータ

理系人材が育たない日本の硬直した科学教育

2016年9月6日(火)16時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

Steve Dabenport-iStock.

<日本の科学教育では、実験やグループ学習などで生徒が能動的に知識を学ぶ「アクティブ・ラーニング」の導入が遅れている。それを反映して、日本の生徒の理系職の志望率は国際比較で最低レベル>

 次期学習指導要領(20年度以降、小学校から高校で順次実施される)のキーワードは「アクティブ・ラーニング」(AL)。一方的な講義形式の授業と違い、生徒の能動的な参加が重視されている。

 従来のように知識を頭から教えるのではなく、知識の生成過程に生徒を参加させる発見学習や、知識や技術を活用してグループで問題を解決する問題解決学習などがその代表例だ。

 こうしたAL型の授業により、知識や技術も生きた血肉となって生徒の能力となるし、それらを駆使して未知の問題を解決しようという態度も育まれる。時代の要請に適った学習方法で、今後の学校教育で積極的に導入されることになった。

【参考記事】数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

 しかし世界に目を転じると、AL型の授業はすでに多くの国で取り入れられている。データがやや古いが、OECD(経済協力開発機構)の国際学力調査「PISA 2006」にて、理科の授業スタイルを国ごとにくらべてみよう。横軸に実験、縦軸に(問題解決に向けた)ディベートや討議の実施頻度をとった座標上に、57の国を配置すると<図1>のようになる。

maita160906-chart01.jpg

 15歳生徒の回答による国際比較図だが、日本は左下にあり、双方とも実施頻度が際立って低い。生徒が教師の話を黙って聞く、講義形式の授業が主流とみられる。お隣の韓国も図の近くに位置しているが、受験競争が激しい社会状況とも関連しているのだろう。10年前のデータではあるが、現状はあまり変わっていないと思われる。

 右上にはイスラム圏や旧共産圏の国々、昨今の経済発展が著しいインドネシア、さらにアメリカが位置している。これらの国では国策として科学教育に重点が置かれ、理科の授業でも応用力の育成を狙ったAL形式が重視されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米軍、中国偵察気球を撃墜 戦闘機が東岸沖でミサイル

ワールド

岸田首相、荒井秘書官を更迭 LGBTなどめぐる発言

ビジネス

データ会社ION攻撃のハッカー集団、身代金受け取り

ワールド

中国外務次官が訪ロ、ラブロフ外相らと協力促進を協議

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 5

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 6

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 7

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月