最新記事

ニュースデータ

今の日本に機会均等はあるか?

2016年5月10日(火)16時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

 教育費は高額で、経済的理由で大学進学を断念する生徒も少なくない。奨学金も実質ローン(多くが有利子)で、教育の機会均等を実現する政策としてはあまり機能していない。それは、教育に公的資金を割かない社会だからだ。教育への公的支出がGDPに占める割合は、日本はたったの3.5%でOECD加盟国の中で最も低い(2012年)。

 日本の特異性が分かる図を作ってみよう。<図2>は、教育への公的支出額の対GDP比と、「成功のためには裕福な家庭に生まれることは重要だ」の回答比率の相関図だ。両方が分かる26カ国のデータをもとに作成した。

maita160510-chart02.jpg

 教育費支出が多い国ほど、ライフチャンスの階層的制約を感じる国民が少ない傾向にある。教育は、社会的地位の移動の重要な手段となる面があるため、この傾向は合点がいく。

 しかし日本は、傾向から外れたところに位置している。教育費支出が最下位にもかかわらず、ライフチャンスの階層的制約に対する意識が薄い。極めて奇異な社会だ。「頑張れば成功できる」というイデオロギーが浸透し、政府の怠慢が巧みに隠蔽されているとも言えるのではないだろうか。

 最近、教育と貧困・格差の問題がメディアで取り上げられ、この問題への関心が高まってきた。日本でも、「生まれ」によってライフチャンスがかなり制約されているのではないかという疑念が広がっている。<図2>の縦軸は2009年のデータだが、近年では日本ももっと上に位置しているだろう。

【参考記事】日本の若者の貧困化が「パラサイト・シングル」を増加させる

 人々の意識は、現実としばしば乖離する。見えざる現実をデータで可視化し、状況の改善に向けた声を上げていかねばならない。

<資料:ISSP「Social Inequality IV - ISSP 2009」
    OECD「Education at a Glance 2015」

≪筆者の記事一覧はこちら≫

ニュース速報

ワールド

金正恩氏「かつてないほど試される」、トランプ米大統

ビジネス

欧州諸国、若年層の失業問題に対処する必要=ECB総

ビジネス

賃上げ加速へ減税案、安倍首相会見での表明調整=政府

ワールド

中国外相、北朝鮮に危険な路線に固執しないよう呼び掛

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 3

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 5

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 6

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 10

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月