最新記事

欧州

アメリカの無関心がヨーロッパに戦火を招く

U.S. Withdrawal From Europe Makes War More Likely

アメリカは欧州の安全保障をドイツに丸投げしようとしているが、負担に耐え切れなければドイツはEUを裏切るかもしれない

2016年3月18日(金)19時09分
スティーブン・ブランク(米外交政策評議会上級研究員)

火種はこの人 常に帝国の建設を目指してきたプーチンが動かないはずはない Alexei Druzhinin- REUTERS

 今年2月に開催されたミュンヘン安全保障会議でとりわけ目立ったのは、欧州の安全保障問題からアメリカが手を引こうとする動きだった。NATO(北大西洋条約機構)へ軍を派遣する以外にアメリカが関与する様子はほとんど見られず、各国リーダーたちの間でもアメリカを抜きにした発言が多かった。

 アメリカ政府が優先しているのは明らかにシリア情勢であって、欧州ではなかった。

 この動きは、欧米の同盟におけるアメリカのリーダーシップが低下しているという憶測が正しいことを示唆している。また、現在のオバマ政権は欧州のことをあまり気にかけていないという、欧州外交筋や専門家の観測も当たっているようだ。欧州の安全保障におけるリーダーシップの不在は、欧州が抱える不安を増幅させている。近年にない危機的状況の中で欧州は、舵さえ失おうとしている。

 アメリカ政府は、欧州から徐々に遠ざかりつつ、欧州外交政策のほとんどを、意図的かつ明らかにドイツに丸投げしている。

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ウクライナ危機と対ロシア制裁のときにはロシアに対して断固たる姿勢を見せたが、だからといってアメリカが手を引くのは戦略的に危険だ。ドイツの負担が増し、いずれその重みに耐えられなくなり、危険な誘惑に屈服してしまう可能性がある。アメリカが欧州離れを進めれば、ドイツはEUの政策や規律に背いて、あるいは破壊して、ロシアに近づこうとするかもしれない。

【参考記事】ドイツとロシアの恋の行方

 よく知られていることだが、ドイツの経済界では、ロシアとの通商取引とそれに伴う政治的な結びつきを死守するべき、という意見が強い。それによりロシア側に変化が生まれるという誤った思い込みからだ。

 もっと露骨に儲けを追求しようとする動機も、ドイツの外交政策のなかで大きな役割を果たしている。それはロシア市場が魅力的だからではない――いずれにせよ、経済制裁と原油価格の下落で消失しつつある。儲けにはもっと「黒い」側面がある。ドイツ経済界とロシアの結びつきが生んだもっとも顕著な結末のひとつが、ドイツ銀行などドイツ大手企業が絡んだ腐敗やスキャンダルの急増だ。

EUを犠牲にする「ドイツの背徳」

 そして、EUの犠牲の上にロシアに恩恵をもたらす「ドイツの背徳行為」の最たる例が、ロシアから直接ドイツに天然ガスを送るパイプライン「ノルド・ストリーム2」の建設計画だ。

 ノルド・ストリーム2の建設は、ロシアの天然ガスへの依存度を減らそうという欧州委員会の方針に反している。この新しいパイプラインは、採算も合わず戦略的にも問題だ。

ニュース速報

ワールド

北アイルランドのDUP党首、メイ政権との連携合意に

ビジネス

日経平均は小幅続伸、6営業日連続で2万円維持 公的

ビジネス

ドル111円前半で動意薄、何を材料視すべきか迷う声

ワールド

中国でクラウン・リゾーツの豪州籍社員3人に実刑判決

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月