最新記事

国際関係

ドイツとロシアの恋の行方

The New Ostpolitik

新たに生まれた意外な「大物カップル」の微妙なパワーバランス

2009年8月31日(月)15時12分
オーエン・マシューズ(モスクワ支局)、シュテファン・タイル(ベルリン支局)

 ヨーロッパに奇妙なカップルがいる。復活したロシアをヨーロッパの大半が牽制し、敬遠し、懲らしめる戦略を模索している時期に、ドイツはこの国と冷戦後のヨーロッパで最も重要かつ意外な連携を推し進めているのだ。

 かつては強敵同士だったドイツとロシアが原子力から自動車産業まで次々と大きな商取引をまとめている。エネルギー分野ではヨーロッパの大半はロシアへのエネルギー依存を断ち切ろうとしているが、ドイツの電力会社エーオンはロシアのガス田を買収している。

 一連の合意は、ヨーロッパにおいて最も強力で新しいパートナーシップになりつつある絆の深さを物語る。緊密な関係の歴史を背景に、この10年で貿易と投資が急増し、さらにドイツはロシアから大量の天然ガスを輸入している。今やドイツはロシアの最も重要な貿易相手というだけでなく、西側で第1の擁護者になった。

 アメリカのミサイル防衛計画にもドイツは冷ややかだ。ロシアがNATO(北大西洋条約機構)圏の東方拡大を阻止する上でドイツは「最大の支援者」だと、ロシア上院国際問題委員会のミハイル・マリゲーロフ議長は言う。

 ロシアが東ヨーロッパへのガス供給を停止しても、グルジアでの占領を続けても、ドイツとロシアの友情は数々の紛争や危機を生き延びてきた。

 ドイツの前首相で退任後はロシアの複数のエネルギー企業で役員を務めるゲアハルト・シュレーダーは、物議を醸したロシアからの天然ガスパイプラインの建設を断行した。これによりドイツのエネルギー供給は、ロシア国営企業ガスプロムへの依存を高めることになる。

 ロシア語を話せる現ドイツ首相アンゲラ・メルケルは、旧東ドイツ出身
のためシュレーダーよりロシアに懐疑的だ。メルケルはあえてロシアの反体制派と会い、シュレーダーが基本的に無視した東ヨーロッパの隣人たちとの関係を強化している。シュレーダーの「パリ・ベルリン・モスクワ枢軸」も外交政策の方針から削除した。

 しかしロシアはウクライナとの天然ガス紛争とグルジア侵攻以来、ドイツ以外のヨーロッパと関係が悪化している。そのため相対的に見て、ドイツとロシアはシュレーダー時代より近づいているとも言える。メルケルは両国の関係を質も量も抑えようとしているが、今もヨーロッパの指導者のなかで最大のロシア支持派の1人だ。

 ドイツにとってロシアとの関係維持はカネの問題だけではない。「持ちつ持たれつで親交関係を回復する」外交政策は、ロシアを経済的、政治的、社会的に緊密なネットワークでヨーロッパの秩序に結び付ける試みでもある。

「ドイツはロシアにどの国よりも深い絆と愛情を持っている」と、与党キリスト教民主同盟のアンドレアス・ショケンホフ院内副幹事は言う。「われわれは西側とロシアの間に橋を築き、ロシアの孤立を終わらせることができる」

戦略産業での大型取引

 両国の特別な関係の歴史は長い。17世紀のドイツ人によるボルガ平原入植までさかのぼることもできる。70年代に西ドイツがソ連との関係強化を模索した東方政策を始まりとする見方もある。当時アメリカの強硬な反対をよそに、ロシアとドイツの間に最初のガスパイプラインが建設された。

 ドイツは自らの複雑で苦難に満ちた歴史の中で、ロシアと同じように、政治的にも文化的にも西洋と東洋の間を行きつ戻りつしてきた。おそらくこの共通点から、ドイツ人はロシア人の「魂」に特別な親近感があると思われているのだろう。

 近年は貿易が両国の関係の原動力になっている。独ロ貿易は98年の150億ユーロから08年には680億ユーロへ4倍に増えた(ただし、今年はエネルギー価格の下落とドイツ製機器の注文のキャンセルで30%減少)。

 ドイツの対ロシア貿易は対ベルギーや対スイスより少ないが、ロシアとの取引はいくつかの戦略産業に集中している。それらの部門の多くの企業にとって、ロシアは最も急成長していて最も利益を生む可能性のある市場だ。

 例えば、ロイヤル・ダッチ・シェルとBPはロシアの有望な油田開発プロジェクトから締め出された。一方でガスプロムとさまざまな取引を通じて関係の深いエーオンは今年6月、世界有数規模のユジノ・ルースコエのガス田開発で権益の25%を獲得した。

 大型取引の発表は今年に入りペースが加速している。3月にはミュンヘンを本拠とするエレクトロニクス大手シーメンスが、フランスの原子力発電企業アレバとの合弁を解消し、ロシアの国営企業ロスアトムと提携して最大で世界の5分の1の数に及ぶ原子力発電所を建設すると発表した。

 5月にドイツ政府はゼネラル・モーターズ(GM)のドイツ子会社オペルを、ロシアの国営銀行スベルバンクと自動車メーカーGAZが参加する企業連合に売却すると決定。ドイツの税金から45億ユーロが投入される。

 メルケルとロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は7月16日にミュンヘン郊外のシュライスハイム宮殿で首脳会談を行い、さまざまな新しい合意が発表された。共同でエネルギー機関を設立するほか、ドイツからロシアへの輸出を維持するため5億ユーロの緊急貿易金融対策が実行される。

ニュース速報

ワールド

パリ地域の観光客、今年は過去最大の勢い=観光局

ワールド

トランプ氏、人種差別で有罪宣告を受けた元保安官の恩

ワールド

仏大統領が週内に中東欧歴訪へ、労働ルール強化への支

ビジネス

ドル109円半ばで小動き、ジャクソンホール会合待ち

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    2050年の日本文化はサブカルから生まれ、オタクに支…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月