最新記事

投資

アップル株式分割、上昇はいつまで続く?

Apple Stock Keeps Rising After Split

1株を7分の1にしたおかげで株価が25%上昇したが……

2014年6月10日(火)16時40分
キャメロン・フラー

 アップルは9日、1株を7分の1に分割する株式分割を実施した。これでかつては手が届かないほど高値だった株価が、100ドル以下という理想的な価格帯に落ち着くことになる。

 アップルの株価は分割を発表した4月以降、25%上昇。同時期におけるスタンダード&プアーズ(S&P)500社株価指数の4%の上昇率をはるかに上回っている。

「心理的な側面が大きい」と米ABCニュースは報じた。「アップル社の市場価値は同じでも、1株あたりの値段が下がるという見込みが、これまで高過ぎて手を出そうとしなかった投資家たちを動かした」

 また株式分割により、既存株主の持ち株数は7倍に増えることになるが、数が増えるだけで持ち株の値段自体は変わらない。つまり、株式分割とは株価が上がるということではないのに、なぜ過去6週間でアップル株は値上がったのか?

 株式分割は新規の投資家を呼び込む効果があるようだ。1株500ドルのリスクにかけるのは避けたいが、100ドルぐらいなら試してみようという投資家たちだ。

 こうした新しい投資家たちによる資金の流入で、アップルの価値が上がると既存株主はみる。25%の上昇は、株主たちにとって1000億ドル以上の価値がある。

 分割発表以降の上昇により、アップルの株価は過去最高値100.01ドル(7分割を考慮した値)近くに達した。過去最高を記録したのは、12年にティム・クックCEOが配当を行った直後だった。しかしその後iPhone5の発売が発表されると、390ドルまで落ち込んだ。

 こうした経緯に加えて、先週の開発者会議に対する好意的な反応を考慮すると、アップルの株価は今後数カ月は上昇を続け、9月のiPhone6の発売直前にピークを迎えるだろう。歴史が繰り返されるとするなら、向こう数カ月のうちに記録的な高さになり、その後にある程度の下落をみせる可能性がある。

 推測はさておき、アップルの株主たちが過去6週間で大きく稼いだことは事実だ。

 先週金曜の終値は645.54ドル、週明け月曜に7分割された後は92.22ドルから取引が始まった。

ニュース速報

ビジネス

6月の英住宅価格+1.1%、4カ月ぶり上昇=ネーシ

ワールド

比南部マラウィ占拠した武装勢力、多数の住民殺害した

ビジネス

景気動向の見極め必要、現在は利上げに適さず=カンリ

ビジネス

ドル112円前半で底堅い、米金利がじわり上昇

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    ベンチャーの未来は起業しない起業へ

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平、香港訪問――なぜ直前に劉暁波を仮釈放したの…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 10

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月