最新記事

犯罪

臓器売買に走るマイクロクレジットの闇

Inside Bangladesh's Organ Bazaar

マイクロクレジットの成功談の陰には、多重債務に苦しみ自分の臓器を売る貧しい農民もいる

2011年12月5日(月)14時33分
セバスチャン・ストランジオ

 バングラデシュ北東部出身の農民メディ・ハッサン(23)の腹部には、痛々しい傷痕が残る。5カ月前、首都ダッカの病院で受けた手術の痕だ。肝臓の6割を提供すれば、30万タカ(約3900ドル)になると言われ、不法臓器ブローカーと契約。だがブローカーは姿をくらまし、ハッサンに残されたのは病院の請求書と傷の痛みだけだった。

 バングラデシュでは闇の臓器売買が盛んに行われている。8月に北西部のジョイプールハットを拠点とする臓器ブローカー組織が摘発されると、この問題がメディアで大きく報じられた。

 彼らが臓器提供を持ち掛けていたのは、マイクロクレジットの返済に追われる貧しい農民。世界から注目を集める融資制度の発祥の地で、こうした違法取引が横行するとは皮肉な話だ。

 警察の調べでは、組織が摘発された時点でジョイプールハットの住民43人が臓器を売り、10人以上が手術待ちの状態だった。事件を追った地元記者によると、売り手の大半は融資返済のために新たな借金をする「多重債務にあえぐ人たち」だ。

病院ぐるみの組織犯罪

 25歳のセリナ・アクテルもその1人。農園経営で損失を出して借金を重ね、腎臓を売る決心をした。夫をはじめ身内の3人も腎臓を売ったという。借金取りの嫌がらせや罵倒に耐え切れず、臓器を売った村人もいる。

 ブローカー組織を率いるアブダス・サタル自身、腎臓を売った経験がある。サタルは仲間と共にジョイプールハットで売り手を募り、ダッカの病院で人工透析患者らに話を持ち掛けて、多額の上前をはねていたらしい。

 この国の法律では、臓器提供者は患者の家族に限られる。そのためブローカーと病院側は、臓器の売り手を患者の親族に見せ掛ける証明書を偽造する。

 バングラデシュの臓器売買を調査した専門家によれば、臓器を売る人は国全体で年間250〜300人。提供者と患者に血縁関係があるかをDNA鑑定で確認すべきだ、との声もある。移植用の臓器を確保するため、家族以外でも提供できる制度や、欧米諸国のように死後に臓器提供できる仕組みも必要とされる。

 臓器を売った人々の健康状態については十分な調査が進んでいない。一般には術後の痛み、周期的な発熱があるほか、心理的な苦痛が最も長く続くようだ。「神に与えられたものを売った自分は人間以下の存在だ」と思い込む人もいるという。

GlobalPost.com特約

[2011年11月 9日号掲載]

ニュース速報

ワールド

イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

ビジネス

ドル100円半ば、イベント前に「煮詰まり感」広がる

ビジネス

日経平均は小反落、FRB議長の講演控え様子見姿勢

ワールド

シリア政府軍が化学兵器使用、ISもマスタードガス=

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 10

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月