最新記事

アメリカ

アメリカ社会

ピンクスライムは食べ物か廃棄物か

Pink Slime: What's for Lunch

犬でさえ食べないようなくず肉が化学処理で生まれ変わり、全米のスーパーや給食に並んでいる

2012年3月14日(水)17時40分
ステイシー・リースカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

本当に安全? アンモニア処理されたくず肉を子供に食べさせたいか(写真は普通のひき肉)  istockphoto

 ハンバーガーにかぶりつく前には、その肉がどこで作られたものかを考えた方がいい。農場? 今どきありえない。工場? それならまだいい。研究所?そう、その可能性が一番高い。

「ピンクスライム肉」と呼ばれるその材料がもうすぐ、全米各地のランチプレートに出回ることになる。といっても、金儲けを優先するファストフードチェーンの話ではない。この物体を3000トン以上もまとめ買いしているのは米農務省だ。

 米ABCニュースはピンクスライムについて、「かつてはドッグフードや調理用油にしか使われなかった切り落とし肉が、殺菌のためアンモニア処理され、水増し用の材料として多くのひき肉に混ぜられている」と報じた。牛肉の「スライム」とは、筋肉と脂肪を分けるために低温で煮込まれ、遠心分離機にかけられたくず肉のことだ。

 それなら、その肉を注文しなければいいのではないか。あなたの子供に教えてあげてほしい。何せこの代物は、全米の学校給食に供されることになるのだから。

スーパーに並ぶ牛肉の70%に含まれる

 犬でさえ食べないようなピンク色のドロドロしたクズ肉を口にするなんて、考えただけでも気持ち悪い。しかし、ニュースサイト「食品安全ニュース」のインタビューに答えたジェームズ・マーズデン博士は、おいしくはなさそうだが食べても安全だと語っている。「加工食品の材料には、それだけ見るとまずそうだと誤って認識されてしまうものがいくらでもある」と、マーズデンは言う。

「一般の人がチーズやワイン造り、高級食肉製品の加工工程を見たら、食欲をそそらない部分もある。ビーフ・プロダクツ社(BPI)の製品に対する批判は食の安全ではなく、品質についての見方が背景にあると思う」

 ピンクスライムを製造するBPIも、この製品を擁護する。「アメリカの学校給食で出される牛肉製品にこの加工肉を加えることで、3200万人の子供たちのために3つの目標を達成できる」と、BPIの広報担当リッチ・ヨッカムは米フォックスニュースに語った。「第一に、学校給食の栄養価を高めること。第二に、食品の安全性を向上させること。そして第三に、全米の子供たちに毎日、学校給食を提供できるよう予算を抑えることだ」

 だが米農務省の科学者であるカール・クラスターとジェラルド・ザーンスタインは異議を唱え、農務省のピンクスライム購入を公然と批判。この添加物は「経済的な詐欺」であり、自然な肉と栄養学的に同等ではないとしている。

 牛肉の中にピンクスライムが含まれていても、農務省にはそれを表示する義務はない。クラスターとザーンスタインによれば、スーパーに並ぶ牛肉の70%がこれを含んでいるという。

 食料不足と経済格差の進行で、あるぞっとするような加工肉が人々の口に入る――映画『ソイレント・グリーン』のような未来もなくはないか、と思ってしまう。

GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

ユーロ売られドル上昇、ECB量的緩和の詳細公表で=NY市場

2015.03.06

ビジネス

ECB成長予想引き上げ、9日から国債買い入れ

2015.03.06

ビジネス

ファミリーマートとユニーGHD、経営統合を検討=関係筋

2015.03.06

ビジネス

米新規失業保険申請が増加、天候要因の影響指摘

2015.03.06

新着

スウェーデン

ロシアの挑発で国防強化する北欧諸国

NATO非加盟のスウェーデンはフィンランド、デンマークなど周辺諸国との集団安全保障を強化中だ 

2015.03.05
少数民族

ミャンマーにクリミア型侵略? 中国系住民と共産党の「絆」 

北東部でミャンマー軍と中国系コーカン族が武力衝突。習近平政権は本当に何の援助もしていないのか [2015.3.10号掲載]

2015.03.05
心理学

自信家の心を燃やすヒーローは「自分」

自分に関心、自分のアイデアに興奮──新研究が明かしたリーダーに共通の特徴 [2015.3. 3号掲載]

2015.03.04
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.3.10号(3/ 3発売)

特集:EUの挫折

2015.3.10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

ヨーロッパ そして沈みゆくEU統合の理念

ギリシャ 真の欧州統合へ「ユーロ離脱」という選択肢

リスク 欧州の足並みを乱す4カ国

人権 移民との共生に問われる覚悟

雇用 若年者を襲う失業の嵐と機会の不平等

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:EUの挫折

2015-3・10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  2. 2

    ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

    逃げ帰ったはずの外国人戦闘員が母国に牙をむく─…

  3. 3

    連日パリを脅かすドローンの正体は

    アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の…

  4. 4

    旅やレストランの口コミ、どこまで信じますか

    トリップアドバイザーの虚偽情報が問題になってい…

  5. 5

    社会的弱者を犠牲にしてギリシャは救えない

    ヨーロッパの政治と社会の安定のためには債務問題…

  6. 6

    「タフガイ大統領」がISIS空爆で抱えたリスク

    強権支配で国を守ると約束した軍事政権がテロを防…

  7. 7

    韓国与党で強まる朴大統領の包囲網

    政権3年目で支持率が急落するなか、セヌリ党内部…

  8. 8

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  9. 9

    米雇用で太陽光が石炭を抜いた

    「すでに石炭産業を追い抜いた」という指摘に同業…

  10. 10

    プーチン、ウクライナに「戦争はない」と強弁

    プーチンが戦争を焚きつけ、親ロシア派を支援して…

  1. 1

    ネット時代にはNHKも有料放送にして民営化すべきだ

    総務省は、NHKの放送のインターネット同時配…

  2. 2

    ISが引き裂くエジプトと湾岸諸国

    ヨルダンは、人質にされたパイロットを「イスラ…

  3. 3

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  4. 4

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  5. 5

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  6. 6

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<3>

    ≪対談<1>はこちら≫ ≪対談<2>はこちら…

  7. 7

    「戦後70年談話」有識者懇談会の論点を考える(その1)

    この有識者懇談会ですが、結論がそのまま「談話…

  8. 8

    駐韓アメリカ大使襲撃事件、アメリカの「第一報」は?

    3月5日の朝(現地時間)にマーク・リパート駐…

  9. 9

    安倍首相の米議会演説に期待できる内容とは?

    今年「戦後70年」の節目にあたって、安倍首相…

  10. 10

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<2>

    ≪対談<1>はこちら≫ 編集部(朝日新聞の誤…

  1. 1

    日本経済、「真の夜明け」可能性高く=日銀副総裁

    日銀の中曽宏副総裁は27日、日本経済は持続的…

  2. 2

    ロシア野党指導者ネムツォフ氏射殺される、元第1副首相

    ロシアの元第1副首相で野党指導者のボリス・ネ…

  3. 3

    「アメリカン・スナイパー」射殺、元海兵隊員に終身刑

    米テキサス州の裁判所は24日、米海軍特殊部隊…

  4. 4

    米国株が下落、GDP下方修正を嫌気

    27日の米国株式市場は下落して取引を終えた。…

  5. 5

    ロシア準備基金取り崩し、最大500億ドル=財務次官

    ロシアのネステレンコ第一財務次官は27日、財…

  6. 6

    「イスラム国」覆面男は英国人、裕福な家庭出身の大卒者

    日本人ジャーナリスト後藤健二さんらを殺害した…

  7. 7

    EBRDがギリシャ支援承認へ、最大10億ユーロ規模か=関係者

    ギリシャが来週初めにも欧州復興開発銀行(EB…

  8. 8

    韓国サムスン電子が従業員の給与凍結、2009年以来

    韓国のサムスン電子は今年、2009年以降初め…

  9. 9

    NY市場サマリー(27日)

    <為替> ドル指数がほぼ変わらず。月間では8…

  10. 10

    OPEC供給量昨年6月以来の低水準、イラクで輸出遅れ

    ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPE…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月