注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

アメリカ

アメリカ社会

ピンクスライムは食べ物か廃棄物か

Pink Slime: What's for Lunch

犬でさえ食べないようなくず肉が化学処理で生まれ変わり、全米のスーパーや給食に並んでいる

2012年3月14日(水)17時40分
ステイシー・リースカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

本当に安全? アンモニア処理されたくず肉を子供に食べさせたいか(写真は普通のひき肉)  istockphoto

 ハンバーガーにかぶりつく前には、その肉がどこで作られたものかを考えた方がいい。農場? 今どきありえない。工場? それならまだいい。研究所?そう、その可能性が一番高い。

「ピンクスライム肉」と呼ばれるその材料がもうすぐ、全米各地のランチプレートに出回ることになる。といっても、金儲けを優先するファストフードチェーンの話ではない。この物体を3000トン以上もまとめ買いしているのは米農務省だ。

 米ABCニュースはピンクスライムについて、「かつてはドッグフードや調理用油にしか使われなかった切り落とし肉が、殺菌のためアンモニア処理され、水増し用の材料として多くのひき肉に混ぜられている」と報じた。牛肉の「スライム」とは、筋肉と脂肪を分けるために低温で煮込まれ、遠心分離機にかけられたくず肉のことだ。

 それなら、その肉を注文しなければいいのではないか。あなたの子供に教えてあげてほしい。何せこの代物は、全米の学校給食に供されることになるのだから。

スーパーに並ぶ牛肉の70%に含まれる

 犬でさえ食べないようなピンク色のドロドロしたクズ肉を口にするなんて、考えただけでも気持ち悪い。しかし、ニュースサイト「食品安全ニュース」のインタビューに答えたジェームズ・マーズデン博士は、おいしくはなさそうだが食べても安全だと語っている。「加工食品の材料には、それだけ見るとまずそうだと誤って認識されてしまうものがいくらでもある」と、マーズデンは言う。

「一般の人がチーズやワイン造り、高級食肉製品の加工工程を見たら、食欲をそそらない部分もある。ビーフ・プロダクツ社(BPI)の製品に対する批判は食の安全ではなく、品質についての見方が背景にあると思う」

 ピンクスライムを製造するBPIも、この製品を擁護する。「アメリカの学校給食で出される牛肉製品にこの加工肉を加えることで、3200万人の子供たちのために3つの目標を達成できる」と、BPIの広報担当リッチ・ヨッカムは米フォックスニュースに語った。「第一に、学校給食の栄養価を高めること。第二に、食品の安全性を向上させること。そして第三に、全米の子供たちに毎日、学校給食を提供できるよう予算を抑えることだ」

 だが米農務省の科学者であるカール・クラスターとジェラルド・ザーンスタインは異議を唱え、農務省のピンクスライム購入を公然と批判。この添加物は「経済的な詐欺」であり、自然な肉と栄養学的に同等ではないとしている。

 牛肉の中にピンクスライムが含まれていても、農務省にはそれを表示する義務はない。クラスターとザーンスタインによれば、スーパーに並ぶ牛肉の70%がこれを含んでいるという。

 食料不足と経済格差の進行で、あるぞっとするような加工肉が人々の口に入る――映画『ソイレント・グリーン』のような未来もなくはないか、と思ってしまう。

GlobalPost.com特約

最新ニュース

ワールド

アルゼンチン政府と対立の中銀総裁辞任、株価は急落

2014.10.02

ビジネス

ドルが対円で6年ぶり高値から下落、米国債利回り低下

2014.10.02

ビジネス

米株は大幅続落、初のエボラ出血熱感染者確認を嫌気

2014.10.02

ビジネス

ユーロ加盟国、構造改革実施する必要=ECB総裁

2014.10.02

新着

香港

香港デモ「自分が中国人だとは思わない」

イギリス統治時代を知らない香港の若年層が中国を最も嫌う理由 

2014.10.01
映画

ボルドーを翻弄する中国人の赤ワイン愛

ドキュメンタリー映画『世界一美しいボルドーの秘密』のワーウィック・ロス監督に聞く 

2014.10.01
中国社会

愛犬ブームの広がりに神経とがらす共産党

豊かになって犬を飼う人が増えているが当局は「プチブル的退廃」として規制を強化 [2014.9.16号掲載]

2014.10.01
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.10. 7号(9/30発売)

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014.10. 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

都市計画 進化する都市TOKYOの未来

展望 ハイブリッド型都市をめざす東京の挑戦

■再開発 激変する東京の注目エリア

■アクセス 交通インフラはここまで変わる

対日投資 外資誘致に都のおもてなし

教訓 ロンドンに学ぶ五輪レガシー

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014-10・ 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    歩きスマホ専用レーンの無意味さ

    一見いいアイデアだが、ちょっと頭を使えばありえない…

  2. 2

    欧米社会に忍び寄るISIS「首切り」の恐怖

    オーストラリア市民を対象にしたテロ計画の発覚で緊張…

  3. 3

    国際社会が見過ごしている残虐集団ボコ・ハラム

    270人以上の女子生徒がさらわれた事件以降、忘れ去…

  4. 4

    最強のドイツ経済に落日の足音?

    ロシアとEUの制裁合戦がユーロ危機の後遺症に追い討…

  5. 5

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  6. 6

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  7. 7

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  8. 8

    「身代金を支払えば訴追」、米政府が家族を恫喝

    ISISの人質になったジャーナリストの両親に、米政…

  9. 9

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  10. 10

    ヨーロッパを苦しめる日本型デフレの悪夢

    大恐慌期のアメリカや90年代の日本が経験した物価下…

  1. 1

    なぜ円安になっても製造業が日本に帰ってこないのか

    外国為替市場で、一時は1ドル=109円台に乗せ、…

  2. 2

    「シリア領内空爆」は本格的な戦争の始まりなのか?

    アメリカ時間の今月22日、既にオバマ大統領が演説…

  3. 3

    シリア空爆の意味

    9月23日、米軍はシリアの「イスラーム国」拠点に…

  4. 4

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  5. 5

    大学の国際化を「スーパー」にするための2つの条件とは?

    最初にお断りしておきますが、私は大学教育の改革は…

  6. 6

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  7. 7

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  8. 8

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  9. 9

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  10. 10

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  1. 1

    米シカゴ空港で一時全便欠航、管制センターの火災で職員ら避難

    米イリノイ州シカゴ市郊外にある航空交通管制センタ…

  2. 2

    「債券王」グロス氏がPIMCO退職、同業ジャナスに移籍へ

    「債券王」の異名をとる米債券運用会社パシフィック…

  3. 3

    英議会、「イスラム国」標的の空爆参加を承認

    英議会は26日、過激派組織「イスラム国」を標的と…

  4. 4

    「イスラム国」は米仏で地下鉄攻撃を計画、イラク首相が情報入手 

    イラクのアバディ首相は25日、イスラム教スンニ派…

  5. 5

    アルジェリアの「イスラム国」系組織、フランス人殺害映像を公開

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の分派と…

  6. 6

    フィリピンのイスラム過激派、ドイツ人殺害警告

    SITEモニタリングサービスによると、フィリピン…

  7. 7

    スコットランド緊急着陸の787機、防火システム誤警報が原因 

    ポーランド国営の航空会社LOTポーランド航空は2…

  8. 8

    北朝鮮の国営メディア、金正恩氏の健康問題に言及

    北朝鮮国営メディアのドキュメンタリー番組で、金正…

  9. 9

    米国発のドリームライナー、スコットランドに緊急着陸

    米シカゴ発ポーランド・ワルシャワ行きの米ボーイン…

  10. 10

    インド格付け見通し「ネガティブ」から「安定的」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月