最新記事
エンタメ

米中韓が熱視線...アフリカの音楽産業が「いい投資先」と言えるこれだけの理由

African Music Goes Global With Universal Deal

2024年4月18日(木)11時31分
ノズモット・グバダモシ(ジャーナリスト)
パフォーマンスをするレマ

「Calm Down」で大ヒットを飛ばしたレマ SAMIR HUSSEIN-WIREIMAGE/GETTY IMAGES

<ナイジェリアや南アフリカ発の音楽の魅力がネット配信で拡散。ついにはユニバーサルがレーベルを買収した>

ユニバーサル・ミュージック・グループは2月、メイビン・グローバルというナイジェリアのレコードレーベルの株式の過半数を取得すると発表した。メイビンは、ナイジェリアのアーティストであるレマの大ヒット曲「Calm Down」を手がけたレーベルだ。

近年、アフロビーツやアマピアノといったナイジェリアや南アフリカ発祥の音楽ジャンルの人気が世界中で高まっている。今回の買収も、そうした動きを受けたものだ。

例えば、音楽配信サービスのスポティファイにおけるアフロビーツの楽曲の再生回数は2022年には135億回となり、17年の6倍にまで増えた。レマの「Calm Down」はスポティファイで、アフリカのアーティストとしては初めて再生回数が10億回の大台を突破。YouTubeの再生回数も、アフリカのアーティストの音楽ビデオとして過去最高を記録した。ビルボードの全米シングルチャートでは3位と勢いを見せ、通算で57週にわたって100位以内にとどまった。

メイビンにはレマのほか、アイラ・スターやラディポエ、クレヨンといったナイジェリアの大物アーティストたちも所属している。

アフリカは世界で最も急速に成長している音楽市場だ。だがアフリカから世界に向けた音楽輸出の将来性については、これまで適切に評価されてきたとは言い難い。

インターネット接続が十分に普及していないことが、音楽がもたらす経済効果を阻害している。サハラ砂漠以南のアフリカだけでも6億人近い人々(人口の6割に相当する)は電気のない生活をしている。

それでもアメリカ企業の支援があれば、アフリカ音楽が世界の音楽市場を席巻できる可能性は高い。今年グラミー賞は最優秀アフリカン音楽パフォーマンス賞を新設し、南アフリカ出身のアーティスト、タイラが受賞した。ナイジェリアの歌手バーナ・ボーイは昨年夏、ニューヨークのシティフィールドでコンサートを行ったが、アフリカ人アーティストがアメリカ国内で開催したスタジアムコンサートでチケットが完売したのはこれが初めてだった。

ソニー・ミュージックエンタテインメントやワーナー・ミュージックもナイジェリアや南アフリカに進出、タイラやバーナ・ボーイ、ナイジェリアの大物ミュージシャンのダビドと契約を交わした。ワーナーは22年にアフリコリというアフリカの大手音楽配信サービスを買収。アップル系のレーベル、ガンマも昨年夏、ナイジェリアのラゴスにオフィスを開設している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中