最新記事

カルチャー

独立時計師・菊野昌宏が腕時計に宿らせる、いにしえの時の流れ【世界が尊敬する日本人】

2021年8月10日(火)06時30分
前川祐補(本誌記者)
独立時計師の菊野昌宏

日本人初の独立時計師アカデミー会員になった菊野と工房 TORU HANAI FOR NEWSWEEK JAPAN

<世界に31人しかいない独立時計師アカデミー会員に日本人として初めて選ばれた時計職人が欧米人を驚かせたスゴ技とは>

2021081017issue_cover200.jpg
※8月10日/17日号(8月3日発売)は「世界が尊敬する日本人100」特集。猪子寿之、吾峠呼世晴、東信、岩崎明子、ヒカル・ナカムラ、阿古智子、小澤マリア、CHAI、市川海老蔵......。免疫学者からユーチューバーまで、コロナ禍に負けず輝きを放つ日本の天才・異才・奇才100人を取り上げています。

スイス北部の都市、バーゼル。この地では1917年から世界最大規模の時計見本市が開催されてきた。高級ブランドから大衆ブランドまでが1週間にわたり最新作を披露し、世界の時計市場を動かす。

その期間中、知る人ぞ知る奇才の時計師たちが顔を合わせるのが、独立時計師アカデミー(AHCI)だ。大企業に属さず独創性あふれる時計を製作する時計師からなる国際組織で、えりすぐられた会員はわずか31人。菊野昌宏(38)は2011年に準会員として入会を認められ、2年後に日本人として初めて正会員に選ばれた。

「日本の文化を内包した時計を手作りする時計師」。アカデミーでそう評される菊野の作品は、単に和風のデザインというだけではない。日本人が近代まで持っていた時間との向き合い方が反映されている。いわゆる「不定時法」だ。

現代のアナログ時計を見れば、1時から2時、2時から3時と、等しく30度の開きで時が隔てられている。だが日の出と日の入りを時間のよりどころにしていた時代、季節によって昼と夜の一刻の長さは異なった。

その時法を反映させた大掛かりな和時計は江戸時代からあったが、菊野はその仕組みを腕時計に搭載しヨーロッパ人たちを驚かせた。

極小の部品も手作り

さらに目の肥えた欧米の時計職人たちを仰天させたのは製作方法だ。「100%ではないが、かなりの部品」を手作りする菊野は、極小サイズのネジなどを金属板から切り取り削り上げていく。「アカデミーのメンバーは皆ものづくりが大好きな変わり者だが、その彼らからクレイジーだと言われる」と菊野は笑う。

そのため製作本数は年間2本程度で、見せてくれた製品群の価格は数百万円から1800万円もする。

ものづくりへの徹底したこだわりを見せる菊野だが、浮世離れした偏屈な職人かたぎの人物ではない。大衆向けの商品でも、そのメカニズムを意欲的に探る柔軟な考えの時計師だ。

取材中、部屋の角にあった置時計からリンリンと時報が鳴った。これも自身の作品かと尋ねると、「(模型パーツ付きマガジンなど分冊百科シリーズで知られる)デアゴスティーニで買った和時計」だと言う。「精巧でよくできている。雑誌の中に部品を入れることを想定して作られているので、ならではの工夫や設計が見られる」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国の電池工場火災、CEOが謝罪 「安全規則は全て

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、中国で承認取得

ワールド

モディ印首相、7月にもロシア訪問 両国が調整=RI

ワールド

朝鮮戦争勃発から74年、北朝鮮はなお軍事境界線の防
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 3
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 4
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 5
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 6
    8人負傷のフィリピン兵、1人が「親指失う」けが...南…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 9
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中