最新記事

映画

暴虐大統領の逃亡を描いた『独裁者と小さな孫』

モフセン・マフマルバフ監督が、新作の『独裁者と小さな孫』で伝えたかったこと

2015年12月15日(火)16時00分
大橋 希(本誌記者)

運命の日  冒頭画面から引き込まれる『独裁者と小さな孫』(日本公開は12月12日)

 美しくきらめく夜の首都。執務室で仕事を終えた老独裁者が孫を膝に乗せ、ある「遊び」をしている。電話で一言命じると、街の様子が一変。孫は大喜びだが、思い掛けない事態が起きて──。そんな冒頭部分を見ただけで、強く引き込まれる。「この映画には何かがある」と。

『独裁者と小さな孫』は、イラン出身のモフセン・マフマルバフ監督の最新作。クーデターで政権を追われた大統領と孫の逃避行を描くロードムービーだ。

 アラブの春に触発された作品かと思ったが、9年前にアフガニスタンのカブールで廃墟の宮殿から街を眺めていたときにアイデアが浮かんだのだという。その後、アラブの春の成り行きを見ながら脚本を直していった。「これからも独裁者、革命、独裁者、革命という繰り返しは起きる。だから国名も人物名も伏せ、どの国にも当てはまる設定にした」とマフマルバフは言う。

 登場人物たちには、現実の事件やニュースで見た光景や人物が重なる。例えば大統領が穴から引きずり出される場面で想起されるのは、イラクのサダム・フセイン元大統領。暴力が暴力を呼び、独裁を倒した者たちが非道を働くというのも現実世界と同じだ。

「飛行場の場面で、われわれイラン人は元国王モハマド・レザ・パーレビを思い出す。大統領のボディーガードが逃げ出すのは、同じことがウクライナで起きた。ウクライナが僕の映画をまねしたと思ったね」と、マフマルバフは笑う。

最後に待ち受ける運命は

 ロードムービーならではの勢いや、ふと心が緩む瞬間の間合いは見事だし、行く先々で出会う人々の言葉もさまざまな感情を呼び起こす。それでもやはり物語を牽引するのは孫の存在だ。

 残酷な独裁者にもあった子供時代、純粋な彼が将来は独裁者になる可能性、不正や暴力についての疑問など、多くの視点を体現する。彼なしに映画は成立しない。「落ち着きがあり集中できる男の子」を苦労して探し出し、リハーサルにも時間をかけただけあり、孫役のダチ・オルウェラシュウィリは見事に観客の心をつかむ。

 逃亡のさなか、自らの圧制下で苦しんできた人々の現実を目の当たりにする大統領をどんな運命が待ち受けるのか。マフマルバフのメッセージは単純過ぎるほど単純だ。「重要なのは誰が殺される、殺されないということではない。とにかく暴力はいけないと伝えたかった」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

米年内利下げ回数は3回未満、インフレ急速に低下せず

ワールド

イラン大統領ヘリ墜落、原因は不明 「米国は関与せず

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中