最新記事

都市

超高層タワー計画でパリの景観論争が再燃

Will Skyscrapers Ruin Paris?

景観が壊れるだけでなく、才能豊かな人材が哲学論争に花を咲かせるカフェ文化もぶち壊し?

2015年7月24日(金)18時32分
メアリー・カルメレク

ランドマーク エッフェル塔は周囲の低層建築と調和しているが Charles Platiau-REUTERS

 パリ議会とアンヌ・イダルゴ市長は先月末、中心部での超高層タワー建設計画を42年ぶりに許可した。「トゥール・トリアングル(トライアングルタワー)」という名称のこの建造物は高さ180メートル。スイスの設計事務所がデザインして、パリ南西部の15区に建設される。120戸の住居の他、四つ星ホテル、レストラン、高層階バー、そして約7万平方メートルのオフィススペースが入る予定だ。

 パリ中心部で最後に超高層タワーが建てられたのは、1973年の「トゥール・モンパルナス(モンパルナスタワー)」。周辺の伝統的な街並みとは相容れない、近代的な外観が威容を誇る高さ210メートルのタワーは、当時パリの景観を損なっているという非難を巻き起こした。

 このため77年には、37メートル以上の建築物に対する規制が設けられた。それ以来、ほとんどの高層建築は、近郊の金融地区ラ・デファンスで建設されている。

 しかし2010年、パリの人口増加に対応して規制が緩和され、現在は高層マンションなら50メートル、高層ビルなら180メートルの高さまで許可されている。つまり「トゥール・トリアングル」は規制ぎりぎりの高さだ。多くの人が、再びパリ市民の間で景観論争が勃発すると見ている。

 19世紀の政治家ジョルジュ・オスマンによって近代化が推進されたパリの街並みは、5階建ての建物と、通りに日光を届かせるため45度に傾いた屋根、錬鉄を加工した装飾や重厚な石造りの正面玄関が特徴的だ。世界的にも有名なこの建築様式で、パリは他の大都市と一線を画している。

 建築史の専門家アンドリュー・アイヤーズは、「パリのような街の美しさ、華やかさは、多くの小さな建物が一体となって醸し出される」と話している。この街並みによってエッフェル塔への視界が開かれ、ノートルダム大聖堂や凱旋門といったパリを代表する建造物とも調和している。

 しかし、巨大なガラス張りの三角形「トゥール・トリアングル」のような近代的な超高層タワーは、アイヤーズに言わせれば「周囲の建物と調和しない」。

建物は5階建てが一番才能を引き寄せる

 他の大都市との競争に勝つためにパリには高層建築が必要だという考えがあるとしたら、それはパリの独自性を否定し、毎年多くの観光客を招き寄せる魅力を失うことを意味する。

ニュース速報

ビジネス

ストレステスト変更を検討、大手行の資本要件厳しく=

ビジネス

英中銀、いずれ追加刺激策が必要に=副総裁

ワールド

マレーシアの自動車死亡事故、タカタ製エアバッグを搭

ビジネス

独財務省、ドイツ銀救済を準備しているとの観測報道を

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 2

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 3

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 4

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 5

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 6

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 7

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 8

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    フランス警官、イスラム女性にブルキニを「脱げ」

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月