最新記事

アメリカ経済

アメリカ株の急落は世界不況の前触れか

Dow Dips 450 Points Even as Fed Sees Steady US Growth

FRBが楽観的な景況判断を発表したが、利上げへの警戒感もあり市場は続落

2014年10月16日(木)13時34分
ジェシカ・メントン

 15日も米株式市場は大荒れとなり、ダウ工業株30種平均が急落。FRB(米連邦準備銀行)が個人消費は「わずか、ないしは緩やかな」ペースで伸びており、米経済は着実に成長を続けていると発表したが、市場の不安を払拭するには至らなかった。

 世界経済の減速懸念が広がったことから、ダウ平均は一時前日比450ドル以上下落した。FRBが全米12の地区連銀がまとめた詳細な経済報告「ベージュブック」を発表したのはその後だ。

 市場の不安を測る最も正確な指数とされるボラティリティー指数(VIX)、別名「恐怖指数」は、取引開始直後は26弱だったが、その後30に跳ね上がった。ちなみに、今夏VIXは10〜15で推移していた。

「今日の市場の動きは、これから起きることの前触れだろう」と、DMEセキュリティーズのトレーディング担当副社長アラン・バルデスは取引終了後に語った。

 FRBの発表を受けてダウの下げ幅は縮小したが、終値は173・45ドル(1.06%)安の1万6141ドル74セントで5日続落。スタンダード&プアーズ(S&P)500社株価指数は15.21ポイント(0.81%)下げて1862.49、ナスダック(米店頭市場)総合指数は11.85(0.28%)下落し4215.31に落ち着いた。

 世界経済の冷え込みに対する不安以外にも、投資家を弱気にさせている要因がもう1つある。FRBが5年間続けてきた量的緩和(QE)の段階的縮小を進めており、早ければ来春にも利上げを始める可能性もあると言っていたことだ。

「多くの専門家が今が底値で買いどきだと言っているが、私はそうは思わない」と、バルデスは言う。「市場の混乱が収まるまで買いを控えるほうが無難だろう」

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏の1行、資本要件満たさず=ECB年次報告

ビジネス

アングル:邦銀のドル調達コストが急上昇、流動性低下

ビジネス

金融庁、店頭FXの決済リスクで有識者会議 証拠金倍

ワールド

ペンス米副大統領が来週中東訪問、アラブ諸国との関係

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月