最新記事

ネット企業

買ってはいけないグルーポン株

GROUPON'S NO BARGAIN

売り出された同社株が、スパやヨガの半額クーポンのようにお買い得と思ったら大間違い

2011年12月7日(水)16時45分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

 先週米ナスダックに上場したクーポン共同購入サイト「グルーポン」は、一時はIPO(新規株式公開)価格20ドルを50%上回る値を付けた。果たして同社の株は、スパやヨガ教室の半額クーポンと同じくらい「お買い得」なのか。

 短期的な答えは「ノー」。そして長期的な答えは──絶対に手を出してはいけない。グルーポンのサイトは実に魅力的で賢い仕組みに見えるかもしれないが、同社の株は隠れたリスクを山ほど背負っているのだ。

 最大の問題はグルーポンという会社が、初期に出資したひと握りの投資家が私腹を肥やす道具になっていることだ。08年11月の創業以来、ベンチャーキャピタルから調達した11億ドルのうち、9億4200万ドルを内部関係者に支出している。10年4月に調達した1億3000万ドルも、会社の資金となったのはわずか1000万ドル。残りの大半は、初期の投資家2人と彼らの妻が経営する企業に流れた。

 元アナリストのヘンリー・ブロジェットによると、運転資金が赤字(保有する現金より借金のほうが多い)でも成り立っているのは、顧客からクーポン購入代金を徴収し、同社の取り分を差し引いて提携店や企業に支払うまでに60日間の猶予があるから。成長を続ける限り新しい入金を支払いに回せるが、成長が鈍ると危うくなりかねない。

 IPOを前にグルーポンの時価総額は300億ドルとも言われたが、現在は100億ドルを超える程度とみられる。景気後退の影響だけでなく、米証券取引委員会に提出した上場計画の中で、特殊な会計手法により営業利益を事実上「水増し」していたことも大きな要因だ。

 11年第3四半期は広告費や顧客獲得コストを大幅に削減し、収支をほぼとんとんに抑えた。これを採算の取れる大企業に成長する兆しとする見方もある一方で、広告費が削減されるにつれて成長が鈍っているとも指摘されている。

 グルーポンの独壇場だったクーポン市場にはライバルも出現し、グーグルやアマゾンなど大手からの圧力も高まりそうだ。世界進出は既に苦戦しており、中国での合弁事業は第3四半期に収入210万ドルに対して4640万ドルの損失を計上した。

 スカイダイビングの体験レッスンの半額クーポンはお買い得かもしれないが、グルーポン株は見送るのが賢明だ。

[2011年11月16日号掲載]

ニュース速報

ワールド

北朝鮮ミサイル発射、中国に「大変無礼」=トランプ氏

ワールド

メルケル氏は強力な対米関係確信、相違に正々堂々と意

ワールド

マクロン氏政党、得票率トップに=仏下院選世論調査

ワールド

イタリア秋にも総選挙か、主要政党が改革案支持

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 4

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 5

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 6

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 7

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 8

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 9

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月