最新記事

経済成長

破綻した中国の儒教資本主義

The Confucian Consumer

アメリカへの輸出に頼れなくなって、消費者不在の成功モデルが内部崩壊し始めた

2011年2月22日(火)21時05分
ヌリール・ルビーニ(ニューヨーク大学経営大学院教授)

 伝統的な中国の経済成長モデルが成立する条件は、アメリカとその他数カ国が過大な消費を続けてくれることだった。これらの浪費大国が稼ぎを上回る消費で貿易赤字を膨張させ続けてくれれば、その需要に輸出で応える中国には貿易黒字が積み上がる。

 だがこのモデルは壁に突き当たっている。ひょっとすると既に崩壊したかもしれない。なぜなら、アメリカは政府・民間共に債務が過大になり過ぎて、とうとうデレバレッジ(借金への依存度を減らすこと)へと追い込まれているからだ。アメリカ人消費者は支出を切り詰め、国全体では輸入を減らして、借金返済のための貯蓄を増やすしかない。

 中国の成長がアメリカの借金に依存している証拠に、米政府が財政赤字を減らし始めると、中国の貿易黒字は急減した。

 それでも、中国は年率8%強の経済成長を維持してきた。それはなぜか。貯蓄を減らして消費を増やしたからではない。代わりに、商業用不動産や住宅、道路や空港、高速鉄道などのインフラ、そして既に過剰になっていた生産設備などへの投資をますます加速させたのだ。

 設備、住宅、公共投資などから成る中国の固定資産投資は今やGDPの50%近くなっている。

過剰設備と不良債権の山

 毎年GDPの半分を固定資産に投資し続ければ、最終的にはどんな国でも膨大な過剰設備と不良債権の山を築くことになる。従って中国は、貿易黒字と投資に頼る成長モデルを貯蓄を取り崩して消費を拡大させる方向へと劇的にシフトさせる必要がある。

 だが、中国が消費を大きく上回る過剰貯蓄を抱えている背景には多くの構造要因がある。中国の個人消費はGDPの36%で、アメリカや、インド、ブラジルなどの新興国の約半分だ。

1)公的年金に頼れない。退職後の生涯給付額がたった150㌦なので、老後に備えて必死で貯蓄をしなければならない。

2)子供を私立校に進学させるための学費が欲しいし、公的医療制度も貧弱なので病気への備えも必要。

3)「鉄飯碗(食いっぱぐれがない)」と言われた国有企業による終身雇用は崩壊し、失業した場合の社会的セーフティーネットも整備されていない。

4)一人っ子政策がもたらした少子化のために、子供たちが老親の面倒を見るという従来の「社会保障モデル」が機能しなくなった。最悪の場合、子供1人で2人の親と4人の祖父母を支えることになり、負担が大き過ぎる。

5)住宅ローンやクレジットカードなど個人向けの金融サービスが未発達で、消費の伸びを抑制している。

6)農村から都市に出稼ぎに来る農民工と呼ばれる肉体労働者は、労働条件が劣悪で地位の保障もないため貯蓄に励まざるを得ない。一方、農村では収入の増減が激しく、都市部のような公共サービスも利用できない。

7)実を言えば、平均的中国人の貯蓄率は香港やシンガポールや東アジアのそれと大して変わらない。倹約を美徳とし、所得の3分の1を貯蓄に回す儒教信者である点は共通している。

ニュース速報

ワールド

焦点:EU離脱後の治安協力どうなる、襲撃事件で英国

ビジネス

アングル:米株動揺でも際立つ「ヘッジ疲れ」

ビジネス

アングル:トランプ氏の燃費規制見直し、メーカー側の

ワールド

オバマケア代替法案撤回、トランプ氏「次は税制改革」

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 4

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 5

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 6

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 7

    ロイヤル・ヨルダン航空、米の電子機器禁止に神対応

  • 8

    自衛隊の南スーダン撤退で見えた「積極的平和主義」…

  • 9

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 10

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 8

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ISISが中国にテロ予告

  • 8

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月