最新記事

経済

サルコジが推す「豊かさ」新指標

A New Way to Grow

2009年9月25日(金)14時21分
ラーナ・フォルーハー(ビジネス担当)

 GDPは経済の規模や動向を示すときに用いられる重要な指標。だが、GDPを用いた政治家や専門家の経済論議と、人々が日常的に感じる経済的な豊かさの間にはどこかギャップがある。

 そこでフランスのサルコジ大統領は約1年半前、GDPに代わる新しい経済指標の考案を依頼した。頼んだ相手はノーベル賞受賞者のジョセフ・スティグリッツをはじめとする著名な経済学者たち。その報告書が9月14日、パリで発表された。

 世界的な経済危機が起きたのはこの研究が始まってからだったこともあり、豊かさを測る新しい指標作りには注目が集まった。

 「実績重視の社会では数値的指標が重要になる。数値によって行動が左右されるようになる」とスティグリッツは語った。「数値的指標が誤っていると、間違った方向に向けて努力することになる。GDP拡大だけを目指すと、暮らし向きが悪くなる恐れもある」

 科学と哲学を融合させて作られた約300ページの報告書では、さまざまな勧告がなされている。経済の評価に健康や教育、安全など幅広い要素を含めること。所得格差や持続可能性が経済に与える影響を測る方法を考案すること。次世代に引き継がれる価値も現在の経済の評価に含めること──。

 逆に報告書が避けているのは、新しい豊かさの測定方法を安易に提示することだ。報告書を執筆した経済学者たちは、これが最終的な形ではなく、議論のたたき台にすぎないことを認めている。だがサルコジは、この研究成果を世界中に宣伝するつもりだ。

 「フランスはこの報告書をもとに世界中で議論をスタートさせる。新しい経済、社会、生態秩序の構築を目指すあらゆる国際会議の議題にする」とサルコジは発表の場で語った。

 さらにサルコジは、「フランスはこの勧告に基づく統計システムの修正をあらゆる国際組織に求めていく」とし、「フランスは最終的に独自の統計システムを採用するだろう」と熱弁を振るった。

 スティグリッツは米クリントン政権で経済顧問を務めていたとき、同様の提案をしたが「大きな政治的抵抗に遭って挫折した」経験がある。彼はサルコジという予想以上に熱い後援者を得たようだ。

 サルコジが熱心なのは当然かもしれない。新しい指標を使えば、フランス経済の健全度は今よりずっと高くなるはずだ。

[2009年9月30日号掲載]

ニュース速報

ワールド

韓国、米戦略爆撃機「B─1B」と共同演習を実施=国

ワールド

北朝鮮ミサイル発射映像、弾頭部に翼らしきもの確認と

ビジネス

前場の日経平均は続落、円高進行を嫌気

ワールド

EUトルコ首脳会談、新たな合意ないが雰囲気は良好=

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 8

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 9

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 7

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月