最新記事

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

ニューストピックス

エネルギー新時代

液化石炭からトリウム原発まで「ポスト原発」の世界を変える技術

2011.08.03
エネルギー

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

More Power, Less Grit

二酸化炭素を地中に閉じ込め、排出をゼロにする未来型の石炭ガス化複合発電が示す可能性

2011年8月3日(水)10時45分
ジョージ・ウェアフリッツ

印刷

 石炭火力発電所といえば、煙を吐き出す煙突がつきもの。しかし同じ石炭発電でも「フューチャージェン」計画の設計図には煙突がない。二酸化炭素(CO2)の排出ゼロが売りなのだ。

 フューチャージェンは、アメリカ主導の国際共同プロジェクト。原型プラントは、国内15万世帯の使用電力を上回る年間出力275メガワットの発電能力をもつことになる。CO2を大気中に放出せずに新技術で回収し、永久に地中に閉じ込めるのが特徴だ。

 米エネルギー省が民間と合同で進めている10億ドル規模の同プロジェクトは、2012年までにイリノイ州かテキサス州でプラント稼働が始まることになっている。

 産業革命の原動力となった石炭は、化石燃料のなかで最も埋蔵量が多く、今後250年間はもつとされている。しかし従来の石炭発電を続ければCO2が地球を覆い、あと数十年で極地の氷が溶けてしまうと専門家は警告する。

 いま稼働中の石炭火力発電所の大半は公害の元凶で、なかには年に自動車200万台分もの大気汚染物質を吐き出すものもある。石炭は人間の活動で作り出される温室効果ガスの3分の1を生み出し、地球温暖化の最大の要因になっている。

 「この物質を従来どおりのやり方で燃やせば、地球は滅びる」と、ニューヨークの天然資源保護協議会は05年の報告書で断じている。

コストは従来型の2倍だが

 石炭燃焼で作った蒸気でタービンを回して発電する従来のシステムは、石炭の潜在エネルギーの35%しか活用していない。

 一方、最新の石炭ガス化複合発電は、化学反応によって石炭をガス化してタービンを回す。その際の排ガスの高熱で作った蒸気で蒸気タービン発電も行うため、総合効率は50%近くに達する。フューチャージェンの特異な点は、CO2を廃油田や地下帯水層に閉じ込めることで大気中への排出ゼロをめざしていることである。

 いずれにせよ、問題は費用だ。ガス化複合発電のコストは従来型の2倍。CO2の地中貯留も現段階では実験的な試みにすぎないため、中国などはリスクが高すぎると判断するだろう。

 実利重視の中国では、石炭洗浄などの排出抑制対策を行っている石炭発電所は、全体の2割にすぎない。電力不足や原油高で石炭利用が盛んになるなか、大都市での大気汚染が深刻になっている。

 中国政府も問題を認識している。胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席は06年のG8サミット(主要国首脳会議)で、クリーンな石炭発電への国際協調を呼びかけた。

最新ニュース

ビジネス

日本経済「浮き沈み激しい」、追加緩和はインフレ次第=IMF幹部

2015.09.04

ワールド

EUは難民危機で「決定的瞬間」に直面=国連

2015.09.04

ワールド

インドネシアの高速鉄道計画見直し、好調な海外直接投資に影響も

2015.09.04

ビジネス

アングル:東大物価指数が上昇中、週平均で1.5%

2015.09.04

新着

BOOKS

日本のインターネットの「屈折」を読み解くキーワード

2ちゃんねるなど日本独自の"アーキテクチャ"に着目し、2000年以降を振り返る『アーキテクチャの生態系』 

2015.09.04
パレスチナ

中間層もインフラも壊滅、ガザは5年後に「居住不能」

ほとんどのガザ住民は国連の配給がなければ生きていけない 

2015.09.04
社会

英語による覇権は、希望か絶望か

英語は「ニュースピーク」ではないが、その世界言語としての地位は思考枠の均質化を招くかもしれない 

2015.09.04
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.9. 8号(9/ 1発売)

特集:持続不可能な中国経済

2015.9. 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

中国経済 世界が怯える中国の失速
展望 岐路に立つ中国が向かう先は「最悪の時代」か
分析 通貨切り下げに潜む本当のリスク
視点 色あせた習近平の「中国夢」
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:持続不可能な中国経済

2015-9・ 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

    男女差が最大の医師では、女性の未婚率が男性の1…

  2. 2

    消えたMH370便、謎は深まるばかり──史上最大級の航空ミステリー

    マレーシア当局も航空会社も、インド洋の島に漂着…

  3. 3

    打倒ISISで2大テロ組織が共闘

    あのアルカイダが自らタリバンの軍門に下るほどの…

  4. 4

    欧州を目指す難民を待っていたあまりに無残な運命

    ヨーロッパ各国が対応に苦慮する中、危険を冒した…

  5. 5

    やわらかな日本のインターネット

    社会学者の鈴木謙介氏による『闇(ダーク)ネット…

  6. 6

    中国軍事パレードの主たる狙いは「抗日」ではない

    戦勝70周年軍事パレードで腐敗摘発や不安定化し…

  7. 7

    【写真特集】中東2000年の歴史を破壊するISISの蛮行

    世界遺産のパルミラで古代の神殿が次々に爆破され…

  8. 8

    中国新華網「天皇に謝罪要求」──安倍首相不参加への報復か

    中国の言うことはめちゃくちゃだ。だが、アメリカ…

  9. 9

    ひそかに進む日本社会の「階層化」

    文化活動を媒介にした親から子への地位の再生産は…

  10. 10

    ウイグル人なら射殺も辞さない中国に噛み付くトルコ

    国際社会が黙認してきた弾圧にトルコ系イスラム教…

  1. 1

    首相談話についても、アメリカ人なので語りません

    お待たせしました! 大好評の「むかつくアメリカ人…

  2. 2

    中国「抗日戦勝記念式典」のねじれた正当性

    それにしても、中国が主催してロシアが賛同する…

  3. 3

    世界同時株安でも、日本で楽観的な声が聞こえてくる理由

    〔ここに注目〕日本郵政グループの運用資金…

  4. 4

    サイバー攻撃で、ドイツの製鋼所が甚大な被害を被っていた

    2014年12月末、ドイツ政府の情報セキュリティ…

  5. 5

    レイプ事件を隠ぺいした大学町が問いかけるアメリカの良心

    モンタナ大学(州立)がある地方都市ミズーラでは、…

  6. 6

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  7. 7

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  8. 8

    軍事パレード直前に爆発事故が続く中国の皮肉

    9月3日、北京で抗日戦争と反ファシスト戦争勝利7…

  9. 9

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  10. 10

    国連選定「電子政府世界1位」の韓国で国民番号制度見直しの動き、日本のマイナンバーは?

    日本でいよいよ2015年10月からマイナンバーの…

  1. 1

    タイ爆発、実行犯と似た外国人逮捕 旅券に「ウイグル出身」

    タイの警察当局は1日、首都バンコクで起きた爆…

  2. 2

    中国、英マン現地会長を拘束 株価変動めぐる捜査協力で=報道

    中国当局は、英ヘッジファンド運用大手マン・グ…

  3. 3

    原油価格が5%上昇、予想下回る生産などで

    31日の市場で原油価格が約5%上昇。今年に入…

  4. 4

    米原油の輸出規制、解禁なら国内ガソリン価格は下落へ=EIA

    米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、…

  5. 5

    韓国大統領が習国家主席と会談、北朝鮮問題で中国の役割に謝意

    韓国の朴槿恵大統領は2日、中国を訪問し、北京…

  6. 6

    あらゆる手段通じ水産物輸入規制撤廃を韓国に求める=林農水相

    林芳正農林水産相は1日、閣議後の会見で、日本…

  7. 7

    アングル:中国失速でドイツの退潮鮮明、対中輸出の強さ裏目に

    中国への輸出は長年、ドイツ経済の力強さの源と…

  8. 8

    中国の工場で爆発相次ぐ、甘粛省では7人死傷

    中国の甘粛省隴南市にある花火工場で1日午後、…

  9. 9

    中国軍艦5隻、オバマ氏訪問のアラスカ沖で確認 米「意図不明」

    米国防総省は2日、オバマ大統領が訪問中のアラ…

  10. 10

    欧州で拡大する難民流入、ドイツは公平な分担求める

    欧州連合(EU)にかつてないペースで難民や移…

ニューズウィーク日本版2015秋特別試写会「ヒトラー暗殺、13分の誤算」ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English/ Fake it till yo…

2015.09.02
コラム&ブログ一覧へ

STORIES ARCHIVE

  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月