最新記事

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

特集

エネルギー新時代

液化石炭からトリウム原発まで「ポスト原発」の世界を変える技術

2011.08.03
エネルギー

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

More Power, Less Grit

二酸化炭素を地中に閉じ込め、排出をゼロにする未来型の石炭ガス化複合発電が示す可能性

2011年8月3日(水)10時45分
ジョージ・ウェアフリッツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 石炭火力発電所といえば、煙を吐き出す煙突がつきもの。しかし同じ石炭発電でも「フューチャージェン」計画の設計図には煙突がない。二酸化炭素(CO2)の排出ゼロが売りなのだ。

 フューチャージェンは、アメリカ主導の国際共同プロジェクト。原型プラントは、国内15万世帯の使用電力を上回る年間出力275メガワットの発電能力をもつことになる。CO2を大気中に放出せずに新技術で回収し、永久に地中に閉じ込めるのが特徴だ。

 米エネルギー省が民間と合同で進めている10億ドル規模の同プロジェクトは、2012年までにイリノイ州かテキサス州でプラント稼働が始まることになっている。

 産業革命の原動力となった石炭は、化石燃料のなかで最も埋蔵量が多く、今後250年間はもつとされている。しかし従来の石炭発電を続ければCO2が地球を覆い、あと数十年で極地の氷が溶けてしまうと専門家は警告する。

 いま稼働中の石炭火力発電所の大半は公害の元凶で、なかには年に自動車200万台分もの大気汚染物質を吐き出すものもある。石炭は人間の活動で作り出される温室効果ガスの3分の1を生み出し、地球温暖化の最大の要因になっている。

 「この物質を従来どおりのやり方で燃やせば、地球は滅びる」と、ニューヨークの天然資源保護協議会は05年の報告書で断じている。

コストは従来型の2倍だが

 石炭燃焼で作った蒸気でタービンを回して発電する従来のシステムは、石炭の潜在エネルギーの35%しか活用していない。

 一方、最新の石炭ガス化複合発電は、化学反応によって石炭をガス化してタービンを回す。その際の排ガスの高熱で作った蒸気で蒸気タービン発電も行うため、総合効率は50%近くに達する。フューチャージェンの特異な点は、CO2を廃油田や地下帯水層に閉じ込めることで大気中への排出ゼロをめざしていることである。

 いずれにせよ、問題は費用だ。ガス化複合発電のコストは従来型の2倍。CO2の地中貯留も現段階では実験的な試みにすぎないため、中国などはリスクが高すぎると判断するだろう。

 実利重視の中国では、石炭洗浄などの排出抑制対策を行っている石炭発電所は、全体の2割にすぎない。電力不足や原油高で石炭利用が盛んになるなか、大都市での大気汚染が深刻になっている。

 中国政府も問題を認識している。胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席は06年のG8サミット(主要国首脳会議)で、クリーンな石炭発電への国際協調を呼びかけた。

最新ニュース

ビジネス

訂正:4月の国内販売は前年比で2割減、想定通り=片桐日産副社長

2014.04.18

ビジネス

経営指標開示や株主還元、投資家は企業対応に不満=調査

2014.04.18

ビジネス

日経平均は反発、今年最低の商いで「閑散に売り無し」

2014.04.18

ビジネス

独連銀総裁が姿勢転換、ECBの量的緩和実施に現実味

2014.04.18

新着

外交

インドと日本を結ぶ意外な友情

次期首相と目されるモディと安倍の長年の関係と中国への警戒感が両国の絆をさらに固いものにするだろう [2014.4. 1号掲載]

2014.04.18
反対派

オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束できる数少ないテーマだ [2014.4.15号掲載]

2014.04.17
ウクライナ

ウクライナ内戦への足音

ウクライナ軍が、東部を占拠していた親ロシア派の強制排除へ。プーチン大統領の軍事介入も近い? 

2014.04.16
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.4.22号(4/15発売)

特集:頼りない超大国

2014.4.22号(4/15発売)

ブッシュの失敗に懲りて軍事介入を避けるオバマ外交
曖昧過ぎる姿勢が同盟国を不安に陥れている

アメリカ 頼りにならない超大国の行方

アジア ためらうオバマ、揺らぐ日米同盟

視点 水面下で進むNATO防衛計画

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

Photo

ロンドンの 殺人の記憶を 風化させない

2014.04.18 : ロンドンの街を歩いていると、ひっそりと喪に服している一角を目に…

Picture Power
詳しく見る

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    米海軍の「海水燃料」がもたらす大変革

    海水から作る画期的な新エネルギー技術は将来、米軍艦…

  2. 2

    どん底イタリアに奇跡を起こす男

    猛烈な仕事人間でツイッター中毒……イタリア再生とい…

  3. 3

    場違いな「歴史論争」で中国にイエローカード

    ナチスの戦争犯罪を引き合いに対日批判ドイツとヨーロ…

  4. 4

    米軍のアフガン駐留を中国が望む理由

    新疆ウイグルを拠点に西方拡大を狙う中国だがテロ封じ…

  5. 5

    カンボジア労働者「集団失神」の謎

    衣料品工場で100人以上が倒れる集団ヒステリーが頻…

  6. 6

    ロボットスーツ実用化で無敵の米軍に?

    防弾から体温調節機能、暗視装置まで、過酷な戦場で役…

  7. 7

    銅の下落に世界の投資家が注目する訳

    1ポンド当たり3ドルを下回った銅価格は、投資家に大…

  8. 8

    ウクライナが招くドイツのエネルギー危機

    クリミア問題を受けてロシアへのエネルギー依存を見直…

  9. 9

    ロシアの次の標的はフィンランドか

    フィンランドとの国境付近で軍事演習を行ったプーチン…

  10. 10

    破綻しても変わらなかったGMの隠蔽体質

    税金で救済されて立ち直ったと思ったのは甘かった。「…

  1. 1

    シリコンバレーの意外な差別カルチャー

    外からはイノベーションと富を生み出す稀な土地と見…

  2. 2

    コピペがゼロで、100%オリジナルな学術論文は許されないという理由

    理研の「STAP細胞」研究をめぐる問題に関しては…

  3. 3

    中国の夢、それぞれの日々

    「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...…

  4. 4

    小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ

    注目された小保方晴子氏のSTAP細胞についての記…

  5. 5

    消えたわけではない「ジャンボ・ジェット」

    70年代にデビューしたボーイング747型機は、世…

  6. 6

    来日26年目で発見した日本人の大きな変化

    今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕…

  7. 7

    カジノ合法化より問題? 日本人のギャンブル好き

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月1日号…

  8. 8

    悪性インフレで「貧困と格差の時代」がやってくる

    株価が下がり続け、アベノミクスの減速が目に見えて…

  9. 9

    愛国心教育で自己肯定感は向上するのか?

    一連の保守的な教育論議の中で、次のような仮説が語…

  10. 10

    道徳教材に「二宮金次郎」、何が問題なのか?

    先週、テレビ朝日の番組『朝まで生テレビ』に出演し…

  1. 1

    アングル:中国の「太子党ファンド」、著名投資家引きつけるコネと実力

    中国は世界で最も大規模な新興プライベートエクイティ…

  2. 2

    中国・蘭州市で水道水から発がん性物質、基準値の20倍

    中国北西部の甘粛省蘭州市で11日、水道水から安全基…

  3. 3

    インタビュー:カジノ候補地は「夢洲」に絞り込む=大阪府知事

    大阪府の松井一郎知事は14日、ロイターとのインタビ…

  4. 4

    欧州への天然ガス供給契約を順守=ロシアのプーチン大統領

    ロシアのプーチン大統領は11日、欧州への天然ガス供…

  5. 5

    G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

    ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相…

  6. 6

    米シティグループ、200─300人を削減=WSJ紙

    米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関…

  7. 7

    韓国沖の旅客船沈没、1人死亡=海洋警察

    韓国海洋警察によると、南西沖で起きた旅客船の沈没事…

  8. 8

    韓国沖の旅客船沈没、約300人の安否不明=海洋警察

    韓国海洋警察などによると、同国南西沖で起きた旅客船…

  9. 9

    ロシア、ウクライナ領土のさらなる編入望まず=外相

    ロシアのラブロフ外相は、ウクライナ領土のさらなる編…

  10. 10

    世界的な株安受けドル買い先行、新興国・高金利通貨に売り=NY市場

    11日終盤のニューヨーク外為市場では、世界的な株安…

MAGAZINE

特集:頼りない超大国

2014-4・22号(4/15発売)

ブッシュの失敗に懲りて軍事介入を避けるオバマ外交
曖昧過ぎる姿勢が同盟国を不安に陥れている

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月