最新記事

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

特集

エネルギー新時代

液化石炭からトリウム原発まで「ポスト原発」の世界を変える技術

2011.08.03
エネルギー

CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

More Power, Less Grit

二酸化炭素を地中に閉じ込め、排出をゼロにする未来型の石炭ガス化複合発電が示す可能性

2011年8月3日(水)10時45分
ジョージ・ウェアフリッツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 石炭火力発電所といえば、煙を吐き出す煙突がつきもの。しかし同じ石炭発電でも「フューチャージェン」計画の設計図には煙突がない。二酸化炭素(CO2)の排出ゼロが売りなのだ。

 フューチャージェンは、アメリカ主導の国際共同プロジェクト。原型プラントは、国内15万世帯の使用電力を上回る年間出力275メガワットの発電能力をもつことになる。CO2を大気中に放出せずに新技術で回収し、永久に地中に閉じ込めるのが特徴だ。

 米エネルギー省が民間と合同で進めている10億ドル規模の同プロジェクトは、2012年までにイリノイ州かテキサス州でプラント稼働が始まることになっている。

 産業革命の原動力となった石炭は、化石燃料のなかで最も埋蔵量が多く、今後250年間はもつとされている。しかし従来の石炭発電を続ければCO2が地球を覆い、あと数十年で極地の氷が溶けてしまうと専門家は警告する。

 いま稼働中の石炭火力発電所の大半は公害の元凶で、なかには年に自動車200万台分もの大気汚染物質を吐き出すものもある。石炭は人間の活動で作り出される温室効果ガスの3分の1を生み出し、地球温暖化の最大の要因になっている。

 「この物質を従来どおりのやり方で燃やせば、地球は滅びる」と、ニューヨークの天然資源保護協議会は05年の報告書で断じている。

コストは従来型の2倍だが

 石炭燃焼で作った蒸気でタービンを回して発電する従来のシステムは、石炭の潜在エネルギーの35%しか活用していない。

 一方、最新の石炭ガス化複合発電は、化学反応によって石炭をガス化してタービンを回す。その際の排ガスの高熱で作った蒸気で蒸気タービン発電も行うため、総合効率は50%近くに達する。フューチャージェンの特異な点は、CO2を廃油田や地下帯水層に閉じ込めることで大気中への排出ゼロをめざしていることである。

 いずれにせよ、問題は費用だ。ガス化複合発電のコストは従来型の2倍。CO2の地中貯留も現段階では実験的な試みにすぎないため、中国などはリスクが高すぎると判断するだろう。

 実利重視の中国では、石炭洗浄などの排出抑制対策を行っている石炭発電所は、全体の2割にすぎない。電力不足や原油高で石炭利用が盛んになるなか、大都市での大気汚染が深刻になっている。

 中国政府も問題を認識している。胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席は06年のG8サミット(主要国首脳会議)で、クリーンな石炭発電への国際協調を呼びかけた。

最新ニュース

ビジネス

タカタのエアバッグ問題、ホンダが交換部品調達で2社と交渉=報道

2014.11.22

ビジネス

米国株はダウ・S&P最高値更新、中国利下げとECB緩和期待で

2014.11.22

ビジネス

ECB総裁のQE発言でユーロ急落、ドル117円後半=NY市場

2014.11.22

ビジネス

欧州中心に世界株高、中国利下げとECB総裁の追加緩和発言受け

2014.11.22

新着

米自動車

希望の見えたTPPだが大統領選で頓挫する?

中間選挙での共和党の勝利が追い風になりそうだが、16年の選挙では自動車産業に逆らえない [2014.11.18号掲載]

2014.11.21
ロシア

欧州代わりに中国に期待 プーチンの危険な妄想 

ヨーロッパと疎遠になるのは経済にも痛手、対中関係強化では穴埋めは不可能だ [2014.11.25号掲載]

2014.11.21
人権問題

無国籍住民に大量の外国籍を買うクウェートの真意

古くからこの土地にいた遊牧民ベドウィンの子孫を他国に追放しようとする措置に人権団体が反発 

2014.11.20
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.11.25号(11/18発売)

特集:アベノミクスの正念場

2014.11.25号(11/18発売)

「第3の矢」を放たないまま解散・総選挙へ
日銀頼みのアベノミクスは看板倒れに終わるのか

日本経済 アベノミクス、勝負の時

日本政治 ところで官僚はどこへ消えた?

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:アベノミクスの正念場

2014-11・25号(11/18発売)

「第3の矢」を放たないまま解散・総選挙へ
日銀頼みのアベノミクスは看板倒れに終わるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    中国経済が世界の重荷になる日

    中国の経済成長率が10年後には今の半分近くになると…

  2. 2

    失業率3%でリニアもあるのに日本が景気後退に陥るのはなぜ

    7〜9月期の実質GDP成長率は予想外の低さだったが…

  3. 3

    聖地争奪戦で宗教戦争が激化か

    「神殿の丘」奪還を狙うユダヤ教原理主義グループと抵…

  4. 4

    どちらが有望? FTAAPとTPP

    農産品の関税で対立を続ける日米を横目に貿易自由化を…

  5. 5

    ベルリンの壁崩壊をめぐる3つの誤解

    25年前の歴史的な大事件を正しく理解するために知っ…

  6. 6

    中国富裕層が群がるアメリカの高級物件

    冷え込む国内市場を見限って海外の不動産に「お引っ越…

  7. 7

    ジョブズ型経営を捨てろ

    天才的な創業者が築いた巨大なハイテク企業が成功し続…

  8. 8

    大学は学生を監視してもOK?

    学生証がICカードになり、いつどこの施設を利用した…

  9. 9

    映画『TATSUMI』の「昭和」で刺激的な世界へ

    マンガ家・辰巳ヨシヒロの半生をアニメ化したシンガポ…

  10. 10

    素人を「錦織圭」に育てる脳アプリ

    脳波の測定で選手を最高の精神状態に導ける時代が到来…

  1. 1

    アメリカで人気の反フェイスブックSNS「エロー(ello)」の実力

    アンチ・フェイスブックのソーシャル・ネットワーク…

  2. 2

    財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか

    安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先…

  3. 3

    消費税の増税先送りで増幅される「政治的な景気循環」

    急に解散・総選挙のムードが強まってきた。前の総選…

  4. 4

    GDPマイナスのショック、アベノミクスの現在

    14年7~9月期のGDP速報値が発表になりました…

  5. 5

    年内解散という「風」に対立軸はあるのか?

    どうやら、今回の「解散風」はホンモノのようです。…

  6. 6

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  7. 7

    L型産業で「江戸時代化」する日本

    冨山和彦氏(経営共創基盤CEO)が、文部科学省の…

  8. 8

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  9. 9

    米中間選挙の隠れた争点は「格差是正」

    先週アメリカで実施された中間選挙では共和党が大勝…

  10. 10

    中間選挙「共和党勝利」で、アメリカは右傾化するのか

    アメリカで4日に実施される中間選挙で、仮に上下両…

  1. 1

    カナダがエボラ熱ワクチン臨床試験、結果は来年初頭に

    カナダ政府は14日、国内研究所が開発したエボラ出…

  2. 2

    G20では円安懸念出ず=政府筋

    安倍晋三首相は、オーストラリアのブリスベーンで開…

  3. 3

    豪が最新鋭艦の建造を日本に打診、潜水艦の輸入検討=関係者

    日本から潜水艦を輸入することを検討しているオース…

  4. 4

    G20首脳、世界エネルギー取引管轄する新機関設立を討議=豪紙

    15─16日に豪ブリスベーンで開かれる20カ国・…

  5. 5

    ノルウェークローネの下落、恩恵もたらす=中銀総裁

    ノルウェー中央銀行のオルセン総裁は19日、過去数…

  6. 6

    中国経済に一定期間の痛み、影の銀行が主要問題=財政次官

    中国財政省の朱光耀次官は、国内経済をより緩やかな…

  7. 7

    日本株ファンドからの流出額、10年5月以来の大きさ=週間調査

    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが14日公表…

  8. 8

    日本は3本の矢を全て活用する必要=日米財務相会談で米財務長官

    ルー米財務長官は、20カ国・地域(G20)財務相…

  9. 9

    ドルが対円で一時7年ぶり高値、小売統計受け=NY市場

    14日のニューヨーク外為市場では、10月の米小売…

  10. 10

    インド、金輸入制限を18日にも発表へ

    インドが18日にも、金の輸入制限を発表する見通し…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月