最新記事

実践的な古武道にいつも新たな発見

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

実践的な古武道にいつも新たな発見

Anna Seabourne

アンナ・シーボーン(「竹内流備中伝古武道」取立師範)

2010年5月21日(金)12時04分
ウィリアム・アンダーヒル

 凍えるように寒いある12月の夜、アンナ・シーボーンは京都の街を見下ろす山に登った。竹内流古武道の師匠である聴風館道場の小野陽太郎館長と一対一で、居合いのけいこを行うためだ。「自然とのつながりを重視する竹内流では野外けいこも多い。でも寒さに耐え、自然との一体感を感じながら行ったけいこのことは、今でも鮮明に覚えている」

 1532年から続く竹内流は、柔道の源流とされる実践的な古武道。教えには武器の扱いだけでなく、縄で相手を縛り、風呂や食事で相手を油断させるものまである。「道場ではいつでも新しい発見があった」と、シーボーンは言う。

 こうして、当初6カ月の予定で95年に始まった彼女の日本滞在は12年間に延長された。小野館長によれば「竹内流の技は、それを編み出した人物や場面が名前になっているものも多い」。シーボーンはけいこ後の道場でそんな話を聞くたびに、武道としての由緒や歴史上の人物とのかかわりに思いをはせ、口癖の「スゴイ!」を連発して感激したという。

 シーボーンは現在、イギリスに帰国し、中部の都市リーズで教職に就いている。魅力を理解していない人に話しても変に思われるだけだから、生徒に対して武道への愛情を語ることはないと話す。

 だが、ひとたび授業が終われば、外国人として初めて弟子を取ることを許された「シーボーン・アンナ源人和」に変わる。自分の道場では、技術だけでなく日本文化や武道の心構えも教えている。「彼女は伝統を正しく伝えようとしている」と小野は称賛する。

 そのことを記者が伝えると、シーボーンは感慨深げにこう言った。「信じられませんが、私も竹内流の歴史の一部になったのですね」

[2008年10月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

日本のカジノ、投資コストは最大100億ドルを想定=

ビジネス

アングル:動き出すプレミアムフライデー、ソフトバン

ワールド

イラン、トルコ大統領と外相の発言巡り大使を呼んで抗

ビジネス

2月27日から銀行預金準備率の制度を変更=中国人民

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判 対立が鮮明に

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 5

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 6

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 7

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 8

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 9

    今さら聞けない、円高になると日経平均が下がる理由

  • 10

    トランプ大統領、スウェーデンの移民受け入れめぐる…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 4

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 5

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月