コラム

政治家の失言は「真意と違う」では済まされない

2016年02月22日(月)15時40分
政治家の失言は「真意と違う」では済まされない

閣僚らの失言が続く中、丸山議員の「奴隷」発言は安部政権にさらに追い打ちをかけた Toru Hanai-REUTERS

 政治家の失言が止まらない。自民党だけではない。先に記しておくと、民主党の中川正春衆議院議員は、甘利明・前経済再生相が「睡眠障害」と診断され1カ月程度の自宅療養に入ったことになぞらえて、「首相の睡眠障害を勝ち取りましょう」と発言した。愚言にも程がある。

 歯舞諸島が読めなかった島尻安伊子沖縄北方担当相、福島第一原発事故をめぐる追加被曝線量の年間1ミリシーベルトについて「何の科学的根拠もない」と言った丸川珠代環境相など、相継ぐ閣僚達の失言に政権が手を焼いていたところに発せられた中川議員の発言は、政権に"チャンス"を与えた。19日の衆議院予算委員会で安倍首相は、この中川議員の発言を「人権問題だ」とし、政治家は「与党・野党を問わず」発言に気をつけるべきだ、と述べるに至った。失言を問い詰めてくる側から出てきた失言を加味させて、政治家全体の問題に膨らませることができた、というわけ。

 度重なる失言の中でも国際関係までも揺るがしかねないのが、自民党・丸山和也参議院議員が17日の憲法審査会で発言したオバマ大統領への人種差別発言だろう。発言が「アメリカは黒人が大統領になっている」(19日・朝日新聞)、「今、米国は黒人が大統領になっている」(20日・東京新聞)、「"オバマ氏黒人奴隷"発言」(17日・NNNニュース)などと報じられたことに対して、当の丸山議員は「問題を引き起こしやすい発言をしたと反省しているが、批判は見当違いだ」(19日・東京新聞)と開き直った。その割には、憲法審査会を即座に辞任、菅義偉官房長官、谷垣禎一幹事長、稲田朋美政調会長などのお偉いさんから、会見や口頭でそれぞれ注意を受けている。

 政治家の諸先輩方に対しては「これは見当違いです」とは言えなかったようだが、彼はメディアの伝え方が見当違いだったと憤っている。このところ、政治家が失言を発する度に、自分の真意はそういうことではない、恣意的な引用で記事にされてしまったと苦言を呈し、何でもかんでも「マスゴミ」バッシングに繋げたがる人たちと結託する場面が増えている。

プロフィール

武田砂鉄

<Twitter:@takedasatetsu>
1982年生まれ。ライター。大学卒業後、出版社の書籍編集を経てフリーに。「cakes」「CINRA.NET」「SPA!」等多数の媒体で連載を持つ。その他、雑誌・ウェブ媒体への寄稿も多数。著書『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。新著に『芸能人寛容論:テレビの中のわだかまり』(青弓社刊)。(公式サイト:http://www.t-satetsu.com/

ニュース速報

ビジネス

財政規律の順守必要、ECB追加緩和はリスク伴う=独

ワールド

NY郊外でラッシュ時に列車衝突、少なくとも1人死亡

ビジネス

第2四半期米GDP確報値1.4%増、企業投資上向く

ビジネス

独コメルツ銀、9600人削減と配当停止へ 今四半期

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    オーストラリア南部の州全土が停電、再生エネルギーに過度の依存へ疑問符

  • 3

    ようやく金正恩氏への「遠慮」をやめた韓国の政治家たち

  • 4

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 5

    OPECが1日25万バレル以上の減産で合意、8年ぶり

  • 6

    スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    トランプvsクリントンTV討論会、視聴者数は過去最多の8400万人

  • 9

    最近、中国経済のニュースが少ない理由

  • 10

    期待を遥かに超えるアクロバットな舞台、スーパー僧侶たちの『スートラ』初来日

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 5

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 6

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 7

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 8

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす