コラム

無視されない話し方を伝授する「音の専門家」/Conflate(ごちゃ混ぜにする)

2016年01月21日(木)16時27分
無視されない話し方を伝授する「音の専門家」/Conflate(ごちゃ混ぜにする)

【今週のTED Talk動画】How to speak so that people want to listen - Julian Treasure
http://www.ted.com/talks/julian_treasure_how_to_speak_so_that_people...

登壇者:ジュリアン・トレジャー

 ジュリアン・トレジャーは「音」をテーマに企業にコンサルティングを行っている専門家だ。音が人間の感情にどんな影響を与えるかについて、特に見識が深い。このTED Talkは、人間の声をテーマにしたもの。誰しも、話をするときには相手に自分の言っていることを聞いてほしいと思っているが、相手が自分の話に耳を傾けてくれなかったという経験のある人は多い。

 トレジャー氏はこのTED Talkで、どのような話し方をすれば効果的か、世の中に変化を起こすことができるかについて語っている。冒頭で、すぐに改めるべき7つの悪い癖を示した後、効果的に話をするための6つのツールを紹介。また、人前で話をする前の声のウォーミングアップ方法についても話している。これを聴いて実践すれば、自信を持って話ができるようになるだろう。

キーフレーズ解説

Conflate
ごちゃ混ぜにする

(動画2:32より)

 英和辞書でconflateを引くと、最初に出てくるのは「合成する」や「融合する」。間違いではありませんが、これらはこの言葉のニュアンスを十分伝えきれていません。

 まず、どんなものでもconflateできるわけではありません。ほとんどの場合、コンセプトや思考について使われ、さらに、2つ(以上)の混同すべきではなかったものをごちゃ混ぜにしてしまった、というニュアンスを含んでいます。

 区別すべき全く異なるコンセプトを同質のものであるかのように誤って用いてしまうことを意味します。「混同してしまう」や「(誤って)一緒にしてしまう」に近いと言えます。

 TED Talkの中でトレジャー氏は、「事実」と「意見」をconflateすることが改めるべき7つの悪い癖のひとつだと主張しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●Donald Trump is trying to conflate Hillary Clinton with her husband's record.
(ドナルド・トランプはヒラリー・クリントンと彼女の夫の経歴を一緒にしてしまおうとしている)

●Those are two separate issues, you shouldn't conflate them!
(それらは全く異なる2つの問題で、一緒にしてしまうのはよくない!)

●In the debate over Obamacare, many people conflate health care with health insurance.
(オバマケアに関する討論の中で、多くの人はヘルスケア〔システム〕そのものと医療保険について混同してしまっている)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

焦点:ビール類の税額統一で「パイの食い合い」は止ま

ワールド

焦点:領土交渉への期待値下げる日本、ロシアとの首脳

ビジネス

ZMP、顧客情報流出で上場手続きを延期

ビジネス

アングル:GDP確報値で消費上振れ、物価押し上げに

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 2

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文取り消しを要請

  • 3

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのもつ危険性

  • 4

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 5

    民族大虐殺迫る南スーダン。国連安保理の武器禁輸措…

  • 6

    ネパールの被災地に巣くう人身売買ビジネス

  • 7

    スー・チーにも見捨てられた?ミャンマーのロヒンギ…

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問は、発表のタイミングもベスト

  • 9

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 10

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!