コラム

無視されない話し方を伝授する「音の専門家」/Conflate(ごちゃ混ぜにする)

2016年01月21日(木)16時27分
無視されない話し方を伝授する「音の専門家」/Conflate(ごちゃ混ぜにする)

【今週のTED Talk動画】How to speak so that people want to listen - Julian Treasure
http://www.ted.com/talks/julian_treasure_how_to_speak_so_that_people...

登壇者:ジュリアン・トレジャー

 ジュリアン・トレジャーは「音」をテーマに企業にコンサルティングを行っている専門家だ。音が人間の感情にどんな影響を与えるかについて、特に見識が深い。このTED Talkは、人間の声をテーマにしたもの。誰しも、話をするときには相手に自分の言っていることを聞いてほしいと思っているが、相手が自分の話に耳を傾けてくれなかったという経験のある人は多い。

 トレジャー氏はこのTED Talkで、どのような話し方をすれば効果的か、世の中に変化を起こすことができるかについて語っている。冒頭で、すぐに改めるべき7つの悪い癖を示した後、効果的に話をするための6つのツールを紹介。また、人前で話をする前の声のウォーミングアップ方法についても話している。これを聴いて実践すれば、自信を持って話ができるようになるだろう。

キーフレーズ解説

Conflate
ごちゃ混ぜにする

(動画2:32より)

 英和辞書でconflateを引くと、最初に出てくるのは「合成する」や「融合する」。間違いではありませんが、これらはこの言葉のニュアンスを十分伝えきれていません。

 まず、どんなものでもconflateできるわけではありません。ほとんどの場合、コンセプトや思考について使われ、さらに、2つ(以上)の混同すべきではなかったものをごちゃ混ぜにしてしまった、というニュアンスを含んでいます。

 区別すべき全く異なるコンセプトを同質のものであるかのように誤って用いてしまうことを意味します。「混同してしまう」や「(誤って)一緒にしてしまう」に近いと言えます。

 TED Talkの中でトレジャー氏は、「事実」と「意見」をconflateすることが改めるべき7つの悪い癖のひとつだと主張しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●Donald Trump is trying to conflate Hillary Clinton with her husband's record.
(ドナルド・トランプはヒラリー・クリントンと彼女の夫の経歴を一緒にしてしまおうとしている)

●Those are two separate issues, you shouldn't conflate them!
(それらは全く異なる2つの問題で、一緒にしてしまうのはよくない!)

●In the debate over Obamacare, many people conflate health care with health insurance.
(オバマケアに関する討論の中で、多くの人はヘルスケア〔システム〕そのものと医療保険について混同してしまっている)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 2

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 3

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 4

  • 5

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

  • 6

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 7

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 10

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    伊でリベンジポルノの被害者自殺、レイプ拡散など相次ぐネットの性暴力

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    イギリス戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練

  • 6

    ニューヨークのマンハッタンで大爆発、29人負傷 当局「テロとの関連不明」

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 9

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 10

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 9

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ